読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】絶対に面白いおすすめのダークファンタジー漫画19選まとめ

f:id:tennensui-77:20170401180038p:plain

ダークファンタジーとファンタジーってどう違うんでしょう。
たぶんあんまり明確な境界線はなく、
見たり読んだりする人によって
「うっわーこれはダークですわ」
という感じで分けられるんじゃないかと思います。

というわけで僕なりの尺度でもってダークファンタジー漫画で
完結済みのもの、連載中のもの問わずおすすめの面白い作品をまとめてみました。

※それとファンタジー自体が結構ふわっとした印象なので
「ファンタジーと言えばファンタジーかも」
という主観を元に作成したものですので違和感を感じられた方がいましたらすみません。

あと上から下に並んでいるわけですが、別にランキング形式で一番下が一番面白いとかではないです。

また、「無料で漫画を楽しみたい!」という方は漫画アプリが超おすすめです!!



というわけでダークファンタジー漫画紹介していきます。

ダークファンタジー

モブサイコ100

マンガは絵ではなく中身が大事ということがこれでもかというほど分かるマンガです。
不思議な能力を持った少年がその超能力を使わないように生きようとする姿を描いた作品なのですが、ああこんな書き方じゃ面白さが伝わらない。。
まじでダークファンタジーとかそういうカテゴリじゃなくても1、2を争うほど面白くて最高のマンガです。

ワンパンマンで有名になった漫画家さんですが、正直この作品はワンパンマン以上に面白い作品です!

しかもこの漫画はマンガワンというアプリで無料で読むことが出来ます。 無料なのに品揃えが1番豊富な漫画アプリなのでとりあえずインストールしておいて損はありません。


マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料

posted with アプリーチ

まとめ買いはこちら

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

一番は、適度にゆるいところと、シリアスな展開とのメリハリがしっかりしているところが好きです。
また、作画がストーリーのおどろおどろしさにあっています。

ボケとツッコミがちゃんとしており、やりとりがおもしろいです。
摩法律というものが、魔法と法律の組み合わせで、法律という言葉が絡んでくると、どうしてもかたっ苦しい話をイメージしてしまいがちですが、いざよんでみると、今までの法律ものとは違い、全然かたいイメージがなく、とっつきやすい印象を受けました。

魔法少女まどかマギカ

私はこの魔法少女まどかマギカに出てくる、ほむらがすごく好きです。
ほむらは自分のことよりも、魔法少女としての仲間、まどかのことを大切に、友情を超える愛情ともとれる行動をとるんです。

その行動は涙が出るくらい感動できるし、本当に人を愛するとはこういうことか、と思わせてくれるほど感動的です。
ほむらにとってまどかはこんなに大切な存在なんだな、とひしひしと伝わってきます。

ほむらは芯も強く、まどかの為なら悪魔にもなる、という勢いでまどかを守ろうとするんです。
一方、まどかはみんなのために頑張るタイプです。つまり、ほむらはまどかの為に、まどかは皆の為に動いているんです。
自分のことを投げ出してまで、まどかを救おうとするほむらが大好きで、そんなほむらがこの漫画の見どころだと思います。

鋼の錬金術師

武骨さがかっこいい!異色の和製ダークファンタジーこの漫画の良いところは「武骨さ」が全面に押し出されているところだと思います。
ファンタジーというと耽美的であったり美男美女が多く出てきたりするものが多いですが、この作品で活躍する人物の大半は「軍人」です。

主人公の錬金術師エドワード・エルリックですら、「少佐相当官」なのです。そして、戦闘シーンもファンタジーにしては珍しく、格闘戦が中心。

錬金術を使ってトリッキーに戦う場面はファンタジックですが、エド、アル、スカー、アームストロングと、筋肉質な戦闘スタイルを得意とするキャラが揃っています。
またストーリーの全体に流れる、軍隊、軍人たちの質実剛健な流儀や生き様が文句なしにかっこいいです!

HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)


主人公の、ゴンの、友達の、キルアがとても魅力的です。
キルアは暗殺一家の1人で今までは友達もいませんでした。しかし、ハンターになるための試験でゴンと出会い友達というものを知ります。

そこからキルアは自分に課せられた運命と戦います。とても優秀な兄と戦います。暗殺一家では、勝てない相手だと判断したら逃げろと言われてきました。

ある日ゴンが戦えない中敵と遭遇します。しかし、キルアは勝てないと判断しました。
しかしキルアは友達を見捨てて逃げるわけにはいかないと思います。そこで頭の中に兄が仕込んだ暗示針を抜き取り吹っ切れます。

勝てない相手でも勝って見せてのけたのです。とてもかっこいいですよね。友達のためにそこまでするなんて。師弟関係や、友情親の愛などなど、色々楽しめます。
バトルも、最高なのでぜひ読んでくみてください。

BLACK LAGOON

登場人物がすべて悪人、殺し屋、用心棒、海賊、ソ連軍崩れのロシアンマフィア、人身売買、テロリストとどこをとっても、悪人としか言いようがなく、昨日の仲間は今日の敵、昨日の敵は今日の仲間、お金と殺しがすべてを支配している漫画です。

終わりのセラフ

主人公優一郎がカッコ良すぎます。この漫画は大人は死ぬというウイルスが流行り子供だけが残りました。
吸血鬼に脅かさられながら人間は生活していたのですが、ある時、優一郎は、仲間のミカと一緒に皆んなを連れて逃げ出そうとします。

夜に実行したのですが吸血鬼に見つかってしまい優一郎以外は死んでしまいます。そこで、優一郎は吸血鬼を倒す為に学校に行きます。
そこでも吸血鬼に襲われるのですが優一郎は、もぅ仲間が死んでいくのは、嫌だと戦いに出るのです。

この漫画ではキャラクター一人一人に色々な感情がありどうして吸血鬼を、倒したいのかなどなど色々な事が絡み合っていきます。あの事件があったからこうなってしまったのかなどなど。色々なコトを考えながら見れますし何と言ってもバトルシーンが最高です。


妖精郷の騎士


アルトディアスの王女・ローゼリィが紡ぐ戦いと魔法の物語。ダーク・ファンタジーというよりはハイ・ファンタジーかもしれません。
作者が作り上げてきた妖精と世界の成り立ちが、世界を美しくも不可思議なものに作り上げています。

手にする者がその国を滅ぼす、と称される剣・ルシリスの主となったローゼリィが、滅ぶ祖国、愛する男性、自らの運命の過酷さに翻弄されていく姿がけなげです。

絵柄には結構クセがあり、読む人を選ぶかもしれませんが、一見に値するマンガであると思います。
ローゼリィの双子の王子・ローラントや敵国の王子でありローゼリィの想い人・アーサーをはじめ、キャラクターも様々で飽きさせません。
個人的にはアーサーの義妹であるロリマー国の王女・シェンドラの心理描写がきゅんきゅん来ました。

青の祓魔師

とにかく、バトルシーンが最高です。
この漫画の主人公の、奥村燐は人間として育てられてきたんですが悪魔の子だったのです。

そして、親父が、燐を救うために悪魔に殺されるのです。そこから燐は悪魔を全て倒すと決めて学校に入るのです。
しかし、学校の皆は最初燐が悪魔の子供だと知るや否や燐を敵対しします人間じゃないくせにこんな所にきてなどしかし燐は本気で倒すときめているのです。
その、悪魔を倒す職業こそ祓魔師なのです。青というのは燐が放つ炎が青い所から来ているのでしょう。

この漫画はなんと言っても、バトルが本当に最高です。見てて鳥羽だも普通に立ちます。一ページ一ページで、展開が変わってきたりもするのでゆっくり見なきゃ分かりません。
バトル漫画好きな人にオススメです。

進撃の巨人

ストーリーや設定などは初めは良くわからないのですが、読み進めて行くに連れキャラクターの言動が意味ありげで常にミステリアスなところが面白いと思います。
恐怖だけが煽られるようにも思いますが、その中で光る感情や人間模様を感じることが出来ます。

ストーリーの初めころは拙いと感じる画力なのですが、それでも迫力が充分にありとても優れた漫画です。
格闘シーンに至っては本当に見ごたえのある場面が続きます。
それでいて、細かな感情描写が隅々に行き渡っており、お気に入りのキャラクターが出来る程に没頭した頃には、もう一度立ち返って何度でも読み返したくなります。
彼らの勇気や愛、友情がどうなるか、誰に向けられるのかそういう視点で読んでもポイントとして楽しいと思います。

D.Gray-man


主人公アレンの背負った運命が見逃せない!
死んだものの魂と機械と悲劇を材料に千年伯爵によって作り出される兵器AKUMA。

アレンは養父をAKUMAにしてしまったという過去を持ち、選ばれた人だけがなれるエクソシストとして仲間たちと千年伯爵に立ち向かいます。
ストーリーが進むにつれて彼らが所属する教団の謎、千年伯爵とは何者か、そしてアレンの過酷な運命が明らかになり誰も予想できない展開にドキドキです。

辛く悲しい任務に思わず涙を流してしまうようなシーンもあります。仲間を助けてあげられなかった悔しさ、本当のことを知らなかったがために起きたすれ違い…など読んでいて切なくなりました。

ダークファンタタジーではありますがコメディのようなところもあり、ヒロインリナリーの兄コムイのシスコンぶりや、アレンと彼の同僚の神田の喧嘩は笑ってしまいます。
絵もとても美しく画力が高いので、キャラクターの感情が絵を見るだけで伝わってきます。とても素敵な漫画なのでたくさんの人に読んでほしいです。

ベルセルク

主人公と敵役の微妙な関係が物語全体に影響している。
また、他の登場するキャラクター達がかなり個性的で彼等だけでも十分一つの物語となるところでしょう。
キャラクターの練り込みがすばらしいのだと思います。

練り込みの深さからくるキャラクター達の表情、感情の描写がすばらしく、読んでいると本当に引きつけられます。
また、時代背景に対する情熱も感じます。

連載初期はまだ手軽に情報を手に入れることが難しかったと思いますがとても丁寧に調べて作品に落とし込んでいるようです。
背景に対しても手が込んでいて、お城や戦場、小物にも手を抜いている感じがありませんでした。もちろん、主人公のアクション、ギミックも手が込んでいてすばらしいですね。

黒執事

細部までこだわった世界観が圧倒的です。
イギリスの貴族をテーマにした漫画やアニメ作品は昔からたくさんありますが、黒執事はそういった中世英国の雰囲気をとても忠実に再現している作品だと思います。

また、主人公のシエルとセバスチャンが、ある契約によって成立している忠誠関係であるという設定も、展開の読めないスリルあるストーリーを支えていると感じます。
グロテスクなシーンも、中途半端になったり控えめに描いたりすることなく、細部まで描ききっていて、グロテスクなのになんだか美しい絵のように思えてしまう作品です。

アニメ化、舞台化、映画化など、さまざまなジャンルでカバーされていますが、やはり原作漫画の世界観やストーリーの綿密さが一番だと思います。

銀狼ブラッドボーン

主人公が全盛期をとうに過ぎた、70歳のおじいちゃんというところが今までにない感じ面白いです。
吸血鬼と戦って壊滅まで追い込んだ主人公ハンス・ヴァーピットに降りかかる新たな敵、骨喰い。吸血鬼でもない、人間でもない新たな敵にハンスがどう立ち向かっていくのか。

また、かつて共に闘い、戦死したはずの仲間が敵側に回っていて、死んだと思っていた吸血鬼の王ファウストまで出てきます。
確かに桁外れの強さを持っているハンスですが、70歳のボロボロの体で本当に勝てるのか?気になります。

絵は文句なしに上手いです。アクションシーンも迫力があり、骨喰い達のえげつない殺戮シーンからはその異形さが伝わってきます。
ハンスと共に行動する、吸血鬼と人間のハーフの女の子ココウィルにも何か秘密がありそう?続きが待ち遠しいです!

XXXHOLiC

どんな願いも対価さえ払えば叶えてくれる「ミセ」。
ここには願いを叶えたい人だけが入ることができ、様々な願いを叶えていきます。
でも、願いが叶った人が全員幸せになれるわけではない、というところに皮肉が効いています。

他人の不幸を願ったり、不相応なものを手に入れたいと願った人は、不幸へと導かれます。何事にも物事には「対価」が必要で、願いを叶えるためには、それ相応の「覚悟」が必要だと諭してくれます。

また、女性店主のミステリアスな美女「壱原侑子」に半ば強制的にバイトに雇われた、アヤカシが視える「四月一日君尋」や、四月一日と犬猿の仲でありながら最後は親友になる百目鬼静や、明るく優しい九軒ひまわりなど、登場する人物も魅力的です。

突っ込み役は四月一日だけなので、彼は一人で忙しそうですが、楽しそうです。
また、「人は決して生き返らない」「誰かのために自分を傷つけることは、その相手を傷つけること」など、大切なことを教えてくれる作品です。

からくりサーカス

ストーリーが壮大かつ繊細でキャラクター一人一人にもちゃんとした背景があって、行動が一貫しているのでキャラの行動に納得できる作品です。
主人公が熱い男で、敵の正体がわかってくるにつれて壁が高くなっていくのを感じながらも自身の信念に従って人々を笑わせるために戦う姿に引き込まれました。

また、ヒロインの女性も初めは感情のない戦うためだけの存在でしたが、主人公の熱い思いにほだされてだんだんと人間らしくなっていく様子も壮絶な過去を乗り越えていく姿も描かれていてとても応援したくなります。

アニメ「うしおととら」でおなじみの藤田和日郎さんの作品です。
一見噛ませキャラかなと思うキャラクターでもちゃんとした過去があって、最後の戦いには信念を持って一緒に戦ってくれるという展開が胸を熱くさせてくれます。

スプリンガルド

都市伝説の「ジャック」が元になっている作品で、ストーリーが熱いく儚い内容となっています。
主人公?は昔「バネ脚ジャック」という奇怪な存在に化けて町中でいたずらをしていましたが、いたずらを叱ってくれた女性に恋をしてしまいます。
しかもその女性が主人公ではない男性と結婚してしまうという急展開になります。

そこに「偽バネ脚ジャック」が現れて過去の主人公(偽物にとってのカリスマ)を取り戻すためにその女性を殺そうとする存在があらわれ、それを止めるために主人公と戦います。
本気で惚れた女性だからこそ自分が幸せにするのではなく、女性の幸せを願いその幸せを守るために戦う姿がかっこいいです。

東京喰種


この漫画は、人間と、人肉を食べる喰種という種族の話です。
人間の主人公が、とある事件に巻き込まれて半喰種となり、喰種の世界に踏み込んでストーリーが展開していきます。

まずひとつめの魅力としては、絵がとても綺麗です。繊細なタッチで、登場人物の表情から背景まですべてが魅力的です。
ふたつめの魅力としては、伏線の多さです。至るところに伏線が張ってあったり、背景の細かいところに物語のヒントが隠されていたりします。
そのヒントを探すのもとても楽しいです。その他の魅力としては、登場人物の誰もが魅力的で心惹かれることが挙げられます。

喰種と人間どちらの人々も何かを背負っていたり、辛い過去を持っていたりします。話が進むにつれて彼らが成長したり、進化したり、また闇落ちしたりと様々な展開が待っています。
それだけではありません。アクションシーンはとても迫力があり、読んでいる我々もドキドキします。
初めは人間VS喰種のような話の流れですが、巻を追うごとにそれぞれの関係が複雑になっていきます。
しかし、百聞は一見にしかず。この漫画の魅力を文字で伝えるのには限界があります。一度手に取って読んでみれば、ハマること間違いなしです。

アルスラーン戦記

とにかく、バトルシーンかっこ良すぎます。
この、物語は1人の一国の王子が本当の王子になるための成長の物語です。
その中に色々なバトルシーンが入ってきます。

主人公のアルスラーンの側近のダリューンという男がいます彼は槍を使うのですがとても強いです。
ダリューンはアルスラーンをとても慕っています逆にアルスラーンから絶大な信頼をもらっているのも事実です。ダリューンが繰り出す槍はとても早いです。

普通の剣の速度をゆうに超えます。筋肉も凄くで男の中の男という感じです。そしてもう1人ナルサスという男剣技もさることなが、知略にとてつもなく長けている男なのです。
いくら不利な状況下からでも逆転してしまうくらい賢いです。アルスラーン戦記では人と人の信頼迫力のバトルシーンも見られるのでオススメです。

ジョジョの奇妙な冒険

独特な絵柄だけではない!
キャラクター設定とストーリーのクオリティの高さが他の漫画と比べ物になりません!『
ジョジョ』と言えば、読んでいない人でも、あの独特な絵柄ですぐに作品が分かる漫画ですが、ジョジョの魅力はビジュアルだけでない個性的なキャラクター設定と、その独特なキャラクター達を存分に活かすストーリーにあります。

登場する個性的でクセのあるキャラクターほど、初登場時には「変なヤツだな」と、いう感想を抱き、あまり好印象を持ちませんが、ストーリーが進んでいくにつれ、キャラクターの個性を活かした戦闘が繰り広げられ、成長し、ストーリーの終盤では「変なヤツ」と思っていたキャラクターの、「変だ」と思った部分ですら魅力的に感じ、どっぷりとハマってしまうことが多々あります。

現在、第8部が連載中です。どの部も多くても10巻前後の作品ですので、気になる部からでも良いので、たくさんの人に読んでいただきたい漫画です!

まとめ

色々ありますよね。
この記事では漫画作品をまとめましたが、
ダークファンタジー映画もけっこういいのあります。

「キャプテン・スーパーマーケット」とか最高にイカしてますよ。

ちゅうか僕の大好きなゾンビ映画は必然的に全部ダークファンタジーみたいなものだった…。

漫画はアプリを使って無料で読もう!

今の時代、漫画はマンガアプリを使うと無料で読むことができます。
マンガアプリは基本的に面倒な登録などは一切不要でダウンロードした瞬間に無料で読めちゃいます。

中には全巻イッキに無料で読み放題のマンガまであります。
これはすごいことで、実際に全巻マンガを買うのと比較すると、トータルで1万円~10万円分ぐらい得することになります。

しかし、このマンガアプリというのは大変多くの種類があるので「いっぱいあってどれをダウンロードしたらいいか分からない!」という方もいらっしゃるかもしれません。


そこで、存在するマンガアプリ約100種類をすべてダウンロードして比較。

全種類のマンガアプリの中でどれが総合的に素晴らしい漫画アプリなのかをランキング形式でまとめた記事を作りました。


もし、良かったら参考にしてみてください!