読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】司馬遼太郎のおすすめ本まとめ。戦国から時代小説まで幅広くご紹介

おすすめの本 小説

f:id:tennensui-77:20170401142544j:plain

先日まとめた泣ける恋愛小説ランキングが大変好評だったため、今回は時代小説をランキング形式でまとめてみました。


ノンフィクション作家、評論家にして歴史小説家の司馬遼太郎のおすすめ作品をまとめました。

多くの司馬の作品の良さはなにより「司馬自身が主人公や登場人物たちに好意的」であるところだと思います。
誰でも自分の好きなことの話をするときは饒舌になるように、司馬は本当にこの人物が好きで小説を書いているんだな、という感じがしながらも全然押しつけがましくもありません。
そして読んでいくうちに自分までその人物がどんどん好きになっていってしまう。
司馬遼太郎の最大の魅力はやっぱりそこにあると思います。

竜馬がゆく

何と言っても坂本竜馬という人物が全体を通してとても魅力的に書かれています。
強く、優しく、前向きであり革新的な竜馬に思わず惚れそうになってしまいましたが、司馬遼太郎氏もこの男に惚れ込んでいたのではないかと思います。

幕末史の流れを知るにもとてもいい本だと思います。
竜馬誕生から維新へと向かうストーリー全体のおもしろさも去ることながら、江戸幕末の様々な状況、風俗や流行りを知ることができるのも魅力の一つといえるでしょう。

燃えよ剣

土方歳三をメインに据えて新選組を描いた作品です。
元々は武蔵野の剣術道場に集った剣士が新選組という組織を京都で立ち上げて世の中に出て行きます。

当時は尊王攘夷派と幕府派(開国派)での争いがある江戸時代の末期で、新選組は幕府派として京都で治安警備にあたっていました。
剣に頼る若者が世の中で名を上げるために燃やす情熱が読んでいてとても伝わってきます。
新選組は内部の統制を強めながら有名な池田屋事件で尊王攘夷派を粛清しその名前を大いに上げました。

司馬遼太郎は戦いの記述がとても上手く、読んでいてとても引き込まれます。池田屋事件部分もまさにそれです。
新選組は幕府派の衰退とともに京都からはるばる函館まで追われますが、最後まで丁寧に記述されています。
メインの登場人物である土方は最後の函館まで記述されるとともに主要人物の近藤勇や沖田総司についても書かれています。
江戸末期の幕府派の作品としてとてもおすすめです。

人斬り以蔵

この作品では司馬遼太郎ならではの時代小説の描き方で、当時の世界観に引き込まれます。
幕末の混乱期、天下にその名を轟かせた「人切り以蔵」こと岡田以蔵の反省を描いた物語なのですが、その名に反して作中の以蔵は実に小物っぽく、矮小な存在として描かれています。
ただ伝説の暗殺者としてその風格を持った存在としてあるよりも、以蔵のように武市という依代にすがり、彼のためをもってしてその剣をふるうという方がリアリティを感じました。

我流で鍛えてきた剣術を武市に粉砕され、一から叩き直されることで以蔵の卓越した暗殺剣が完成していく場面は見ていてとてもワクワクします。
そして終盤、女と酒におぼれて、武市からも見放された以蔵が自らの矮小な本性をむき出しにして、武市を裏切り、叫ぶシーンが印象に残りました。

国盗り物語

何度も名前を変えて出世していく斎藤道三の様子はまさに戦国時代の下克上を体現していてすごいです。
頭の回転のよさ、口の巧さがこの人の魅力です。
僧侶からスタートし、京都で商売人となって大金持ちになり、次にその資金を元に岐阜に行き、大名に取り込みそのまま城まで持ってしまいます。
しかし調子に乗りすぎて失敗し、また途中からやり直す...といった具合に進んでいき、ついには一国一城を手にします。

斎藤道三編と織田信長編があり、正直なところ織田信長編を目当てて読み始めたのですが、あまり期待していなかった斎藤道三に思い切りはまってしまいました。
もちろん織田信長編も期待通りの面白さでした。信長も道三と親戚関係となるので、道三編の途中から登場します。

功名が辻

主人公である千代と、その夫である山内一豊が協力し合って功名を立てていくというストーリーが非常に面白いです。
「内助の功」という言葉通り、千代は影で夫を支えます。1つエピソードを挙げると、千代は食費を切り詰めて、いざという時の為に「へそくり」をするという話があります。

そして、一豊が「戦で活躍する為に馬が欲しいが、お金がない。どうしたものか」と困っているときに、千代はへそくりをそっと差し出し、一豊に立派な馬を買うよう伝えました。
目先の利益にとらわれず、常に先を見越して行動する千代は、戦国武将さながらの知恵があったと感じられます。
頼もしい妻に支えられた一豊は、それに応えようと必死になって武功を挙げていきます。夫婦間の協力関係が、非常に細かく描かれているので、現代に生きる私たちにとって、学ぶべき点が多く描かれています。

関ケ原

3行で表すと

1「歴史関係に強く、最後の結末まで知ってる方には、止まらないない、焦りと緊張感が高まる作品」
2「戦いへの対応どのようにしたかで、滅んだ人々、生き延びた物の歴史の流れがわかる」
3「ただの戦争ではなく、戦争に至るまでの駆け引き、他の将軍達の動きを細かく描いた一冊」

この時代ですから「国を取る」「どちらかが勝って、負けて」という事が大きく、その国を盗るにはどのようにしたら有利か。
まさに、今でいうと「理論・価値観などの大きい、現実の社会」で自分も今戦っているのではないかという所が私のオススメの部分です。
少し上・中・下と少し長編小説ですが、一度手に取って読んでみてください。

新選組血風録

新選組といえば近藤勇、土方歳三、沖田総司などがメインで作品も彼らを中心としたものが多いですが、これは他の隊士たちにも焦点を置いている。
短編が数多く収録されており、武田観柳斎や谷三十郎、幹部ではない惣三郎などのエピソードがとても印象的。

司馬遼太郎氏は、主役級でない人物でも役割や立ち位置をきちっと特徴づけることができるため、非常に面白い。
また、個人的に斉藤一が好きなので彼が活躍する話が多いのも好きなポイントです。
時系列もバラバラで、とにかく新選組にまつわる短編を収録したものなので、細かいことや時代背景を考えずに読むといいと思います。
時代だけではなく、男の生き様を色んな視点から描いた作品だと思っています。

故郷忘じがたく候

かつて日本に連れて来られた朝鮮半島出身の陶器を作るプロたちがいました。
その人たちの技術を得たいがために連れてきた史実をもとに描かれた小説です。

司馬遼太郎は、この歴史に関心を持ち、陶工たちの心情まで描きたかったのだと思います。
この小説は事実と違う個所があるという批判があったりすると聞きますが、作家としてよりイメージを含めて読者に伝えたかったのだろうと思います。
実際朝鮮半島から連れて来られた陶工の末裔である14代沈寿官氏に司馬遼太郎は会っていますので、小説としてのリアリティーにつながっているのだと感じます。
長編ではありませんが、風景が目に浮かぶ、作家としての力量を感じさせる、心に残る作品だと思います。

菜の花の沖


この作品は司馬遼太郎が死んで20年以上経過している現時代でも新聞紙上をにぎわしており、いじめ問題を主人公の幼少時代を通じて見事に描写しています。
いじめの問題は現代の問題ではなく、昔から延々と続けられている人間社会の裏の問題であり、いじめの克服は大なり小なり自分でやらなければ解決できない問題です。

この本ではその部分について具体的に書いており、本を見ている人に勇気とやる気を出させる本です。

歳月

佐賀藩出身の政治家、江藤新平の生涯を描いた話です。
幕末から明治にかけて、混乱する時勢の中で薩長に出遅れた佐賀藩が維新後の世の中で江藤のおかげで存在感を確保してゆく様子、江藤もまたその卓抜した頭脳で新政府の中に処を得て活躍する様子が痛快に描かれています。

小説の中で際立つのは江藤の個性で、とにかく頭が切れるというだけでなく、とんでもない理屈屋であったというところが魅力的です。
それゆえに周りの人が馬鹿に見えて仕方がないといった様子です。

実際に己の力量に並々ならぬ自信を抱いていたりするのですが、周りに理解されず、当初彼を理解していたのが盟主・鍋島閑叟だけであったというところがなんとも興味深いです。
しかし閑叟のおかげで世に出ることができ、新政府の中で次第に重みを増してゆく彼ですが、何でも理詰めで追及するところが頼もしくもあり、危うくもあります。

長州藩の井上馨を舌鋒鋭く追い詰め、しまいには井上に「きちがいめ」と罵られるところなどは、感覚を大事にする人間と、理を重んじる人間の永久に嚙み合わない宿命のようなものを感じて面白いです。

最後は薩摩藩の大久保利通と対立し、佐賀の乱に敗れたのちに彼に処刑されてしまいますが、この大久保という人も化け物のような強烈な個性だったな、という印象です。
江藤も大久保もともに力量のある人物でしたし、互いに似たところもあったのに、どうにもそりが合わず憎しみ合うことしかできない関係だったというのがやるせないです。

新国家に対するヴィジョンがすれ違っていたことがお互いに許せなかったのか、相手の個性がどうしても受け入れられなかったのか、その両方なのかわかりませんが、どうしても受け入れられない人間というものはあるのだなと思いました。

これからの日本のために手を取り合うというには、あまりにもお互いがお互いを深く恨みすぎており、大久保の方がその恨みが底深かったためについに江藤を殺してしまった、という印象です。

個人的には、江藤の死に際して、大久保がその日記の中に「みっともない死に方だった」というようなことをわざわざ書き残しており、尋常一様ではない大久保の恨みが窺えて怖かったです。
強烈な個性と個性とがぶつかり合うさまが面白い長編小説です。

空海の風景

平安時代に生きた空海の人生を、自分も司馬先生と共にその時代へ飛んで俯瞰で見ている気持ちになります。
仏様と同じくらい現実味のない人物だと思っていましたが、人間臭さに溢れていました。

山での修行、唐での生活、帰国してからの日本仏教界への影響など、全体を通して空海の肉体的・精神的な逞しさが根底にあり、力強さを読んでいて感じます。

最後の将軍-徳川慶喜-

徳川慶喜については「徳川幕府を終わらせた将軍」以上の事を知りませんでしたが、そんな人物の事績を追えます。
どこまでも合理的な人物なのが意外でした。
幕末というと、新選組や維新志士など派手な人物が目立ちますが、戦争をさけるために策を練り最善を尽くした幕府の将軍こそもっと取り上げられるべきではないか。

そう思えるほど魅力の詰まった人物として描かれていました。

越後の長岡藩(今の新潟県長岡市)の家老であった河井継之助の生涯を描いた長編小説です。
彼は幕末期にあって、長岡藩を官軍側にも属さず、かといって旧幕府軍側にも属さない、スイスのような中立国たらんともくろんだ人でした。

中立であるためには軍備の裏付けが必要となります。(これは今のスイスも同様。) 
彼は西洋から当時世界で数台しかないガトリング砲という機関砲を購入し、軍備を増強します。
やがて官軍が進行してきたとき、彼は和平交渉を行なうのですが、決裂。 結局は米沢藩と組んで官軍と戦争することになります。
官軍に攻め込まれ、長岡城を明け渡すも、いったんはこれを奪回。 しかし、ふたたび落城し、長岡軍は米沢へ向けて敗走します。
河井継之助はこの敗走の途中で死亡します。
ひとりの男の生きざまが、深く心に残りました。

世に棲む日日

前半は吉田松陰、後半は高杉晋作と主人公が変わりますが違和感なく読み進められます。
それでいて双方の生き方が全く違っているので、一つの作品で二人分の人生をたっぷり堪能出来ます。

松陰は無垢で頑固な性格で、ヒヤヒヤしながら子供を見守る様な気持ちになり、肖像画からイメージしていた印象とのギャップがおもしろいです。
反対に晋作は見た目通りの大胆な人で期待を裏切らない爽快感があります。

主役の二人の他にも、歴史上の有名な人物から一般市民まで様々な人が信念を持って行動していて、日本には気骨のある人が大勢いたんだと日本人である事に誇りを感じられます。
登場人物はみな自分を卑下する事なく今を一生懸命に生きているので、私も今自分が出来る事を精一杯やろうと強く前向きな気持ちになれます。

新史 太閤記

まず第一に分かり易いです。
後の太閤豊臣秀吉の幼少の頃から物語はスタートするのですが、主人公の思考や行動は元より、舞台となる場所、環境、時代背景に至るまで、逸話や挿話を駆使して「外国人に読ませようと思って書いている」(巻末の解説より)の言葉通り、分かり易く書かれています。

この人物は何故そういう性格なのか、この場所は何故そういう環境なのか。一つ一つに理解と納得をしながら読める為、読者としてもテンポよく進められます。
40年以上前の作品だとは信じられない程です。

胡蝶の夢

幕末ものの歴史小説は、倒幕側の長州藩、土佐藩、薩摩藩が主人公の設定が多い中、胡蝶の夢は幕府奥医師の松本良順を中心にストーリーが展開され、良順の父佐藤泰然も重要な役を果たしています。

佐藤泰全は、西の適塾東の順天堂と福沢諭吉などを輩出した大阪適塾と双璧をなす佐倉順天堂の創立者です。
人のありかたについて考えるきっかけとなった作品です。

妖怪

本格的に戦国時代が始まろうとしている、室町時代にての壮絶な権力争いの様子を描いた作品です。
またその内容が呪いであったり念力のような力、呪術を用いて妖怪を招き、相手を駆逐していく、非常に見えざる力同士の争いということでとても読み応えがあります。

日野富子はただの頭のいい尼さんだと思っていたが、現代の政治でいうと大臣にいる女性大臣とかぶり、その戦略性と特有の動物的な勘はものすごいものを発揮しているな、と感じられました。

争いで荒廃した時代ならではの地獄絵図を見えるものと見えないものの両方の観点から見る様子というのは、幻想的であり、当時その異常な現実から逃げ出したい人たちが実際に見てしまっていたもうひとつの現実なのかもしれない、そういうことを考える筆者の想像力は凄まじいものを持ち合わせていて素直に驚きを隠せない、と感じられました。

殉死

この作品は、司馬さんの多くの作品の中でも、異質な作品です。
おそらくこの作品をおすすめにするのは、他の司馬ファン(もしくは司馬中毒)の方が納得されないかもしれませんが、敢えてしようと思います。

私事ですが、私が司馬中毒になったのは中学生でした。
司馬さんの本しか読めない状態になり、次から次へと司馬さんの本ばかりを漁っていて、この本に出会いました。
司馬さんの作品としては珍しく、非常に暗く、陰鬱な社会派の問題作です。乃木希典が明治天皇の崩御の時に殉死した、その経緯を書いたノンフィクションです。
中学生(1年?)だった私は非常にショックを受け、世界がひっくり返った感覚がありました。レアな作品かもしれませんが、それでこそ司馬さんの別の一面を知れる作品でもあります。

花神

NHK大河ドラマにもなった長編です。
主人公は大村益次郎。大村のことは、司馬さんは先に「鬼謀の人」という短編を書いています。

その短編を更に長編にしているので、よっぽど大村のことを気に入ったのだろうと思います。
(短編の方も面白いです)確か、司馬さんが幕末で最も好きな人物のうちの一人が大村だったと思います。
文中にも、大村に対する愛情のようなものが随所に見受けられました。
当時としては偏見の対象であった、西洋にかぶれた大村ですが、そんな大村のことを抜擢したのは桂小五郎でした。
外国語をいくつもすぐに覚え、数学的な天才でもあった大村は戊辰戦争勝利の立役者になりました。
私は司馬さんが、大村に自身を投影しているのではないかと、勝手ですが思います。

義経

昔話の牛若丸のイメージや、判官贔屓といった言葉で理不尽な目に耐える実直な武将のイメージが定着していたかと思いますが、当小説ではきれいごとでない人間の密かな部分や闇の部分が描写されていて、初めて読んだ時はかなり衝撃的でした。自身が描いていた義経像が崩れた様に感じました。

武士が朝廷政権を覆し政権を取ろうとしている混迷の時代に蝶よ花よで何事もなく成長した若者が戦では負け知らずの華やかな活躍をするはずもないわけで、人間の本質であろう闇の部分を描き出した司馬遼太郎先生の表現に取りつかれてしまいました。

幼い頃から人生の辛さを味わっただろう義経なのに、成長してからの劇的な活躍と成功を上手に人生に生かせていないところが読んでいて辛かったです。

あとがき

いかがだったでしょうか。
歴史小説、時代小説というと時代、主役となる人物や集団、一族などにスポットを当てた作品から今も刊行されている長編シリーズなどほんとうに多岐に渡りますね。

歴史小説は読んだことがないけどでも気になる、という方は作者の作風を参考に読む作品を選んでみるのもいいかもしれません。
作者のプロフィールなどをざっと知っておくと実際に本を読むときもスッと入れたりすることが多いので、おすすめです。