読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】時代小説のおすすめをランキング形式で紹介する。江戸時代を中心に女性作家の文庫なども幅広くご紹介

f:id:tennensui-77:20170401142432j:plain
先日まとめた泣ける恋愛小説ランキングが大変好評だったため、今回は時代小説をランキング形式でまとめてみました。




時代小説の特徴を挙げるとすると、それはそのまま歴史小説との違いとなるのではないかと思います。
歴史小説は現実よりで、時代小説はエンターテイメント性強め、といったところでしょうか。
今回は時代小説のおすすめ作品をまとめてみました。

「影武者徳川家康」なんかはまさに「時代小説」だと思います。
歴史の「もし」「たら」「れば」は考えるだけでも楽しいしワクワクしてきますね。
時代小説でどっぷりと歴史を題材とした世界に浸かってみてはいかがでしょう。

1位 真田太平記 池波正太郎


真田幸村の壮大なスペクタクル小説です。
忍びの集団を巧みに使って情報取集をしたり、敵方の忍びに命を狙われたり、忍びの女性との情事があったりと小説らしい伸びやかな真田幸村の一代記です。

真田幸村を知ったきっかけは高野山の麓の九度山町の神社に遊びに行ったときに、真田祭りの準備をしていたからです。
のぼりに大きく六文銭の家紋と真田幸村とが描かれていました。そこから真田幸村がどのような偉人だったのかを興味を持ち小説を読みました。

史実にかなりの脚色をされていますが、生き生きとした真田幸村を描くことができました。
やはり、大阪の陣にて活躍することが一番読み応えがあります。家康の首に迫る箇所は時を止めたかのような鮮明な描写です。 

2位 風林火山 井上 靖

武田信玄に仕える軍師山本勘助の物語です。
山本勘助を、独眼ゆえにか、晴天の晴れ空のようにすがすがしい人物ではなく、どんよりとした曇り空のように薄暗いがとらえようがない知略の男性として描いています。
この影があるのが深みを感じさせます。
軍師としての描き方も見事です。謀殺した諏訪頼重の娘由布姫を武田信玄の側室として、子供を産ませることで、諏訪一族との宥和をはからせます。
この由布姫は輝くばかりに気高いです。由布姫は武田信玄のみならず、山本勘助をも魅了します。

このように登場人物全てが魅力的な作品です。


3位 日本史探訪 司馬 遼太郎

有名作家が日本史の人物・出来事について30ページほどで紹介しています。
古代から幕末維新までで全22冊のシリーズです。神保町の古本屋さんで1冊見つけて、読んだら他の他所も読みたくなり買い集めました。

シリーズものですが、1冊ごと、1話ごとに独立しているので読みたい時代のみでも読めます。
私が買ったのは13 14 16 20 21 22です。でも、全シリーズ集めたいです。

有名作家として、司馬遼太郎さん、大岡正平さん、池波正太郎さん、海音寺潮五郎さん、杉靖三郎さん、湯川秀樹さん、有吉佐和子さん、岡本太郎さんなどです。
帯に当代一流のメンバーと書いていましたが、その通りです。テーマに合わせて一流のメンバーがいきいきと書いています。 

4位 大富豪同心 幡大介


明るく、ユーモラスな作風で、それでいて時代考証にはうるさく、ところどころに江戸時代の事柄について、うんちくを語っています。
主人公は札差のなまけものの息子。ひょんなことから、なんと町奉行所の定町廻り同心となる。

本人はいたってなまけもので、臆病なのに、なぜかまわりの人々の活躍がみな彼の手柄となり、江戸で一番の剣客であり、かつ辣腕同心と見なされる。
なんとも馬鹿々々しい設定ですが、これを大まじめに描いています。キャラクターも多彩です。

江戸で一番さまにならない太鼓持ち、主人公を慕う美人剣客、美少年好きのの剣豪、演技力のない売れない役者、通信簿をつけてやたらと部下を管理したがる与力、等々。よくもまあこれだけくせのある人物をそろえたと思います。
とにかく楽しい時代小説です。

5位 壬生義士伝 浅田 次郎

 舞台は幕末、新選組のメンバーだった吉村貫一郎という南部武士の話です。
家族思いで真面目、優しい南部男が、なぜ守銭奴と言われ人を斬り続けたのかをテーマにした物語です。

貧しさから家族を守るために脱藩した主人公が、最後は故郷に戻りたいと願い命が果てるまでを描いた話。
最後まで家族愛を貫き、武士道を全うするストーリーは、あまりにも不器用であまりにもまっすぐでとにかく心を打たれます。またその物語の進め方が後日談として彼を知る人々が彼を語るという構成になっていたのも面白い手法でした。

浅田次郎が描く主人公の人物像はとても愛嬌があり、重たいテーマにもかかわらず読み物としても楽しめる部分があって、非常によい歴史小説でした。

浅田次郎の描く細やかな描写は男性作家らしいというよりは繊細というか綿密に練られた感じがして新鮮でした。
歴史小説はあまり好きではない人も登場人物は有名な人も多く、全員がとても魅力的なので読みやすいと思います。

6位 炎環 浅田 次郎

鎌倉幕府成立をどちらかといえば陰で支えたといっていい立場の4名それぞれの処し方を紹介した作品です。
表の主人公である頼朝や義経の考え方や性格をあきらかにするところが面白いです。

4つの話を続けて読むことによって筆者が読ませたい情景を浮き上がらせようとしていて、まさに環の関係にあり非常に斬新な試みといえます。

また4作品の中で北条保子をあつかった「いもうと」以外の3作品はそれぞれの死の場面まで書かれていて本作の特徴のひとつです。

7位 鬼平犯科帳 池波 正太郎


池波正太郎先生の作品は全部好きです。
中でも「鬼平犯科帳」が一番です。中村吉右衛門さんの長谷川平蔵をイメージしながら読んでいます。
長谷川平蔵は実在の人物ですが、歴史上有名なわけではありません。

それでも、池波先生によってとても魅力的な人物に描かれています。
また、密偵たちなど登場人物も個性があって面白いです。すでに初刊から40年以上経っているのに色あせない面白さ、新鮮はすごいと思います。

8位 孤宿の人 宮部 みゆき

時代設定が古いのはどうだろうと偏見があった部分があるんですが、人と人が触れ合う事が丁寧に描かれていて涙なしには読めなかったです。
この作家さんの「人物」を丁寧に、人との触れ合いや温かさを丁寧に書く技量はずば抜けていましたし、現代設定の話にそう言った「人情」を盛り込むのを敬遠されるようになってからは時代ものの方が「人情話」の要素が多めになり、そこの魅力を楽しみやすくなっていたように思います。

なので自分も意図的にそういった人情を感じる作品が読みたい時はこの作家さんの時代小説を選ぶようにしていた部分はあるのです。
しかしこのお話は涙なしには読み終えられない温かな部分の奥に圧倒的な時代背景画描かれていて「その時代の」「その身分の」苦しみ楽しさといったようなものがしっかりと正直に書いてあり、感じられるのです。

だからこそ温かな部分が引き立つ様な壮大で勉強にもなるような作品でした。

9位 剣客商売 池波 正太郎


60歳を過ぎても女大好きで下女に手を出してしまうが、剣の使い手としては超一流で観察眼も素晴らしい主人公、秋山小兵衛、純粋な息子の大二郎(こちらも剣客として超一流)、下女でおおらかな田舎娘のおはるなどという登場人物一人ひとりに魅力があります。

一言で言ってしまうと、主人公たちが悪を成敗するお話しなのですが、その悪を追い詰める頭脳戦や実際の戦闘シーンも躍動感があって読みごたえがありますし、そして舞台は江戸時代なのですが、ちょうど江戸でさまざまな料理が生まれていった時期が描かれているので、出てくる料理がまたなんともおいしそうに描かれています。
読んでいてお腹が空いてくるほどです。

時代小説は読みにくいものが多いですが、これはとても読みやすいので、入門編としてもおすすめですよ。

10位 おそろし 宮部 みゆき

この話は時代設定は江戸ですが、時代小説の他に怪奇小説としての側面も持っています。
とは言っても、ホラー色とかいう訳でもなく、あくまで時代小説なのに少し怖くて少し不思議なお話を一冊の中にオムニバスのような感じで納めてあります。

主人公の女性はある種ストーリーテラーの様な役目を担っているわけですが、彼女もその「不思議な事」に巻き込まれてしまった被害者の様なものなのです。
その時代ならではの「昔話」の様なきつくなくじんわりと怖い感じが時代小説っぽくなく楽しめるのではないかとおもい、これを時代小説が苦手...と言っている人なんかには薦めるようにしています。

お話には抵抗が少なくても、言葉の言い回しであったり、その時分の決まり事などはきっちり描写されていますので、勉強にもなると思います。

11位 しゃばけ 畠中 恵

文庫本の表紙が余りに可愛らしいと思っていたらドラマ化されていたので知っている人も多いかと思います。
内容は人間で無いものが出てきたりするので、ファンタジー部分が多い作品という事になるとは思いますが、言い回しや時代背景はきちんと描いてあります。

ガチガチの時代ものではありませんので、時代小説慣れしていない人におススメできるお話かと思います。

登場してくる妖怪も、古くから日本にいるもので、これをきっかけにその時代(江戸時代)に興味が持てるような素敵で楽しくちょっぴり切ない部分もある作品です。
既にドラマで知っている人は、頭の中でイメージして楽しむのも面白いかも知れませんね。ドラマより時代をしっかり反映させていますので違いも見えてくるはずです。

12位 幻の城 風野真知雄

時代小説としては文体がライトで読み易いです。
誰もが聞いたことのある大坂夏の陣を舞台としている為、有名な真田十勇士達の名前も登場し、時代小説を読み慣れない人にも勧めやすいと思います。
ストーリーも、完全に史実に基づいたものではなく、作者の想像や創作が多分に含まれた、荒唐無稽とも取れるような大胆な設定で展開もドラマティックではないでしょうか。

時代小説らしく登場人物は多く入退場も目まぐるしいがそれぞれに見せ場が用意されておりきちんと全員が取り上げられています。
心身ともに鍛え抜かれた武士がかっこよく立ち回る、というわけではないのが物語としての面白みを大きくしていて、主人公が立派に勝って終わるんだろうなというような予測もできないところが惹きつけられるポイントでしょう。

作者の突飛な発想を大前提としている為それに気持ちを寄り添わせることが出来るかが全体の感想を決めてしまうところがあるかもしれないが、ハマれば一気に読み進められると思います。

13位 影武者徳川家康 隆慶一郎


何と言っても、タイトル通り「徳川家康は関ヶ原の戦いで死んでいて、実はその後の家康は影武者だった」という設定がすごいです。
こんな大胆な発想は、なかなかできません。

それをまた文庫本で上中下巻に渡って徹底的に描きこんでいるので、読み始めたら止められません。
時の最高権力者が、実は名も無き者が代わりを務めているドラマはたくさん散りばめられています。

大阪城冬の陣、夏の陣の真相はこうだったというあたりとか、息子の徳川秀家は真相を知っているが、建前上は反抗できないから、そのあたりの葛藤が父と子をめぐる骨肉の争いに見えるが、実は影武者と徳川本家の争いであった。

というようなエピソードが次々に出てくるので、歴史が好きな人ほど、ああこんなことあり得ないが、もしあったら面白い!と引き込まれるでしょう。
主人公の影武者、世良田二郎三郎元信と彼を影で支える、石田三成の参謀だった島左近の友情も大いに泣けます。

14位 燃えよ剣 司馬遼太郎

土方歳三という男の生きざまにゾッコン。多摩の田舎の百姓もどきのような家に生まれた、侍になりたいという焦げ付くような想いにやられました。

司馬遼太郎の筆力はすさまじく、今読んでも十分読み応えのある本です。
実写化したものもみましたが、文章から湧き出るあのパワーにはおよびませんでした。ハードカバー上下巻でありますが、あっという間に読み切ってしまいます。

15位 居眠り磐音江戸双紙 佐伯 泰英


主人公の坂崎磐音がと素敵です。
普段はのんびりしているのに、恐ろしく強いというギャップがいいです。他の登場人物も魅力的な人が多く、粋な江戸っ子がたくさん出てきます。

町人からお殿様まで、いろいろな人にかかわる磐音の人柄が本当に素敵です。
町人の暮らしぶり、大店の暮らしぶり、旗本や将軍に至るまで細かく書かれていて、当時を想像して楽しんでいます。
読んでいて江戸時代の食事に興味がわきました。

伏線や事件がたくさんあり、どの話もほんわかしたり、泣けたり、ハラハラ・ドキドキします。
シリーズは51冊あるので、読み始めは先が長い・・と思っていましたが、あっという間に引き込まれて最後までしっかり読みました。読みごたえ抜群です。

16位 輪違屋糸里 浅田 次郎


動乱の幕末に生きる女の強さが感じ取れる小説です。
老若男女に大人気の新撰組、彼らの傍には必ず女たちがいました。
幕末に生きる女性はみな凛としていて、芯が通った強さがあります。愛した男のために生きる者もあり、女性の矜持を胸に死んで行く者もあり、様々な女性の生き方を見ることが出来ます。

幕末と意味は違えど動乱の現代を生きて行く上で心に留めておきたいような言葉や台詞もいくつも出てきます。
何度でも読み返したくなる本です。

主人公である島原の天神糸里が、想いを寄せる新撰組隊士土方歳三との逢瀬で少女のようなかわいらしさを見せるシーンや、島原の女として生きていくのか・土方と共に生きるのか選択をするシーンなどは胸を締め付けられます。

17位 銭売り賽蔵 山本 一力

銭売りとは金貨や銀貨を町民のあいだで使われる銭に両替することを言います。
主人公の賽蔵は、子供の頃に江戸の町を何度も襲った野分(台風の古称)のために両親を失い孤児となえり、銭売りの由蔵に拾われ育てられます。
そして賽蔵が11歳になったときから、由蔵は銭売り家業を賽蔵に教え始めた。
そしてその由蔵の跡を継いで銭売りとなります。

江戸っ子らしく少々短気なところもあるけれど、義理人情も人一倍強い。そんな賽蔵にちょっと惚れそうになります。

最初、物語の流れを掴むまでは読みづらかったのですが(初めて読む作家さんの文体に慣れるまでに時間がかかったりするので)、掴んだあとは一気に読み終えました。
そして優しい気持ちになりました。

18位 世に棲む日日 山本 一力

ペリー来航を経験し、倒幕に躍起になった若き藩士たちの様子が目に浮かぶようにはつらつと描かれています。
ところどころで、登場人物たちそれぞれの性格が面白おかしく説明されている点がこのシリーズ小説の一番の魅力です!

日本史に興味を持ち始めた人には、激動の幕末期が入りやすく、この小説は、そんな幕末を史実に基づいたフィクションという形で描いており、あまりにおもしくろくて、全4冊一気に読めてしまいます。

また、日本の歴史を勉強中の学生さんたちには、デスクに座って必至で、幕末期の偉人たちを暗記するより、この小説を読むことで、楽しみながら歴史の流れと一緒に歴史的ヒーロー、主要人物を覚えることができ、一石二鳥です。

19位 三国志 北方 謙三(著)

まず特記すべきは、一癖も二癖もあるたくさんの登場人物たちの姿が、一人一人頭の中にイメージできてしまうほどに、没頭してしまうことです。
武官達だけに限らず、文官達の戦いでも書かれています。

そして各国の君主(曹操、劉備、孫権等)それぞれの国に対する思いや思想がはっきりと書かれていることで、どの国も大義があり、正義があり、そしてそこに使える士官達それぞれの人生、あるいはその一端がはっきりと見えてきます。

さらに登場人物誰も彼もがカッコいい!
誰も彼もが変な性癖だったり、持病だったり、癇癪持ちだったりして、そこがまたその人物の人間的魅力を深いものに見せてくれます。

三国志演義を一通り知っている人にも、初めて読む人にもおすすめできる三国志小説です。

あとがき

いかがだったでしょうか。
時代小説が他の小説ジャンルと違うのってリアリティ、時代考証的な意味ではなく「現実感」と言うか「ありえたかもしれない過去」みたいな気がしてくるところだと思うんですよね。
SF小説だったらもう初めから近未来設定だったりトンデモ技術が登場したりして「ああなるほどそういう世界(設定)なわけね」ととりあえず納得しておく必要があったりします。
いちいち突っ込んでたら大変ですし楽しくないですからね。

じゃあ現実味がありそうな現代小説はどうなんだっていうとこれもまたなんか違う。
無理やり例えるなら顔も知らない名前も知らない人のホームビデオのような「他人感」があるような気がします。

そこが時代小説だとなると
・知名度の高い歴史上の人物が登場 → (親近感・予備知識が最初から多少ある)
・過去を舞台にしている → (もしかしらあり得たかもね、という気にさせる)
この2点があるのでかなり「入りやすい」ジャンルだと言えるかもしれませんね。

というわけで、時代小説であり得たかもしれない過去に思いをはせてみるのはいかがでしょうか。