読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

染谷昌利さんのブログ飯はくすぶっているブロガーは絶対に読むべき本

f:id:tennensui-77:20170401141823j:plain

今回は会社員をやめて独立して色々やってる人、染谷昌利さんが2013年に出した「ブログ飯」を読んだのでまとめてみる。


ブログやってる身からするとやっぱり他人のブログ運営の考え方なんかは気になるので読んでみた。

染谷さんってどんな人

染谷さんはインターネット、ブログ関係で独立してなんか色々やってる人だ。

本もメッチャ出していてまさに「成功したブロガー」的な感じ。

どんな風にブログを始めたのかは第一章のところに詳しく書いてあり、また自分で言っているように「石橋を叩いて渡る」ような人らしい。
そしてそれは本の雰囲気からも伝わってくる。
カリスマ性だとか夢中にさせる文章力だとかではない、コツコツ積み上げてきて磨き上げてきたなんというか「総合力」がメッチャ高そうな印象を受けた。
実際に会社立ち上げとかもしている。
本当に長年しっかりとブログなどに取り組み続けてきたであろうことが想像できる。

結論 ブログにおいても正攻法は強いということを実感する一冊

ブログ運営術、アフィリエイトのコツ、といった本は世間に溢れかえっているし、同様の内容を扱ったサイトやブログはそれ以上の数が氾濫している。
しかし「死にもの狂いで真面目にコツコツやっていればチャンスをモノにできる確率が上がる
と力説する内容は少ない。
一方で作者の経験を元に、いわば細部を再現をさせようとする内容の本は多い。
「地道な試行錯誤」は当然で当たり前のことであってわざわざ本で取り上げることではないと思われがちなのかもしれない。
しかしそれを
「いや、それしかないでしょ」
とハッキリ言い切るようなスタンスが垣間見えてくる本である。

脱サラして夢のブログで飯を食う生活!…は難しい

第一章をまるまる使う形でどんなサラリーマン生活を送っていたのか、またそのころからブログ、アフィリエイトもやっていたことが語られる。
退職後の1年は試行錯誤を繰り返し、黒字が1つのブログで出ては他の2つが赤字になり…といった苦労の日々があり、なんとかチャンスを掴んだところからようやく好転…と言った具合だ。

一日中ブログの記事作成などに取り組み、サラリーマン生活と比べて変わったのは「通勤」がない程度とまで言っている。
それに加えて個人でブログをやる、会社を辞めフリーランスでやっていくということは全てが自分にかかっているということを実感したとのことだ。

ブログの楽しいところ、いいところを挙げることを本の最初の部分に持っていくことも出来ただろうが、そこを敢えて苦労したエピソードを持ってくるあたり染谷さんの真剣さ、誠実さも垣間見えて非常に印象が良かった。

「ブログ飯」への道は長く辛いが、決して不可能ではない

全編を通じて「近道はあっても"楽な裏道はない"」ということを思い知らせてくれた。
筆者自身、それまで勤めていた会社を辞めた時点ではかなり楽観的でいて、その後ブログという仕事で飯を食っていく難しさを思い知ったという。
それでも「試行錯誤しながら継続し、情報を武器にする」という姿勢を崩さなかったことでチャンスをモノにできている。

当時発売された直後で情報も少なかったandroidスマートフォンというブルーオーシャンを前にして「今しかないチャンス」と確信した。
それまでのブログ運営から掴んでいた「どんな記事が必要とされるか」「このテーマのブログ、記事にはどんなアフィリエイトが一番効果が高いか」を判断した。
ノウハウを駆使して短期間に「コンテンツを量産できる力」を発揮した。

チャンスをモノにできる実力を積み重ねていないまま、一時的に収益を上げたとしても意味がなくその成功例を別の場面でも再現できなければ意味がないと染谷さんは言う。
だからこそ楽して儲けたいと考えているにとっては「つまらない本」だと思うかもしれない。

だがブログ運営やアフィリエイトの経験がある人で現状うまくいっていない人にとっては初心に帰って「また頑張ろう、間違ってない」と必ず思える大いにおすすめの1冊である。