読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】おすすめの面白い四コマ漫画を紹介する。話題のweb漫画や最新の4コマまで幅広くご紹介

漫画 おすすめの本

f:id:tennensui-77:20170401175758j:plain
おすすめな四コマ漫画をまとめてみました。


4コマ漫画といっても内容はシュールなギャグや小ネタ満載の読むたび発見のあるようなもの、ほのぼのしたものまでさまざまです。
PIXIVのランキング常連だったりすることでweb漫画から人気を博したことで書籍化されることも珍しくありません。

また、「無料で漫画を楽しみたい!」という方は漫画アプリが超おすすめです!!

【読み放題!!】おすすめの無料で読める漫画アプリランキング【徹底比較】

ひだまりスケッチ

美術科と普通科のある高校に通う女の子が、学校の目の前にあるひだまり荘で一人暮らしをしながら、同じアパートに住む同級生や先輩、後輩とのんびりとした生活を送る日常系のほのぼの四コマです。
主人公、ゆのを中心に展開される物語は程よくほんわか暖かい気持ちになれる部分もあれば、時には学校のイベントで辛い思いをしたり、悲しい思いをさせられる部分もあります。

ですが、辛い、悲しい中でも希望が必ずあり、優しい雰囲気を他の登場キャラクターと共に感じることが出来ます。
女の子しか登場しないので恋愛要素はなく、時々混ざり込むギャグとシリアスのバランスがとても良いです。

現在、単行本は9巻まで発売されていますが、四回に渡るアニメ化もされているので、気軽に読むことが出来ます。

ぼのぼの

主人公のラッコや友達のリス等、登場する動物が間抜けな顔です、行動も不思議です。
しかし、それらが返って愛着を感じる理由になっています。

絵は全然描き込んでいなくて、ものすごくシンプルですが見やすいです。
ストーリーらしきものは感じさせず、その場その場の成り行きで進んで行きます。
読む方としては、ほとんど考える事をしなくて済みます。

ストレスを抱えたり仕事で神経が疲れてしまった時等は、この漫画を見てボーッとするのが気持ちいいです。
かなりリラックス出来ます。

サークルクラッシュ!

ヒロインの女の子が一途で元気ですごく可愛いです。
超オタクなイケメンに一途すぎて空回りしまくるところも、青春を感じるいいところですね。

ただのラブコメではなく、空回りしまくってるがゆえに主導権があたかも男側にあると思いきや、実は男が振り回されている側に次第に変わっていくような、人の心情の変化も読むにつれて分かっていくことが非常に魅力的ですね。

それを絵の描き方とセリフの変化で分かるものですから、非常に読みやすくて
思わずスラスラと読んでしまいますよ!

猫田びより

猫田びよりはジャンプ+で毎日更新される漫画なので、1週間待たなくても新しい漫画が読めてしまうところがいいです。
この話は現実ではいないしゃべる猫が気まぐれに行動を起こしていく漫画で読んでいるだけでもほんわかします。

また、他のキャラクターも個性が強く、かき分けているので猫だけでなくそのほかの登場人物もとても面白くかけています。
毎朝起きたらこの漫画を読んでしまいます。

とても平和で面白い登場人物によるほんわかギャグマンガです。

女の友情と筋肉

筋肉ムキムキの女の子3人が主役の漫画で人生、仕事、恋愛と様々な視点で楽しめます。
何と言ってもこの女の子達、普通じゃありません。

舞空術で空を飛んだり、エネルギー弾を放ったりともう「ドラゴンボール」のノリです。
リアルに切ない乙女心だったり、パワー全開のバトルっぽいのがあったり、圧倒的な女の子達の戦闘能力に対する一般市民のリアクションなどシュールで笑える漫画です。
セリフなども手書きなので、手作り感があるところもいいです。

Twitterのツイ4で連載してるので、スマホで気軽に読めるのもポイントです。

けいおん

けいおんという名前のままに女子高生による軽音部の話ですが、楽器を演奏する時間よりダラダラとしている時間の方が長いです。
そこが、ゆるゆるしていて安心できるので好きです。

一時流行して、どこの学校も軽音部への入部希望者が増えたそうです。
読んでいるこっちも一緒に放課後ティータイムしている気分になるし、The 青春!という感じがします。

女子高生の青春を一緒に味わいたい人、ゆるふわさで癒されたい人に特におすすめしたいです。

サザエさん

アニメにはないようなシュールな内容で、時代設定も昭和初期である所が好きになったキッカケです。
その設定にも関わらず今でも十分通じる部分があり、ついクスッと笑ってしまいます。

サザエさんはもちろんですがその家族、脇役であるはずの近所の人たちといった登場人物全てがとても印象的です。
誰を選んでも、しっかりとした設定があり、アニメを見ているだけでは分からない部分が4コマ漫画で表現されています。

4コマ漫画なのに続きが気になるのも魅力的です。

コボちゃん

日常のごくありふれたことをギャグを交えて描かれている漫画です。

ムカッとくる部分や笑える部分など、誰しも「あったあった」と共感できる部分が多く、4コマという少ないコマ数ながら笑えます。
タイトルはコボちゃんだけどコボちゃん以外の脇役、特におじいちゃんがおすすめ。

こんな人が家にもいたらなと思います。

巻数はとても多きけど4コマ漫画なのでどの巻、どのページから読んでも大丈夫。
寝る前に読む漫画として最高にお勧めできます。

ざわつく4コマ

一言でいえば、とにかくシュールな4コマ漫画です!
面白くて、声を出して笑ってしまうシーン多発です。

じわじわくる笑いもアリです。
表紙に書いてあるようにまさに「クセが強い!」です。
絵も特徴的で、個性が強いのですが、その点も気に入っています。

一度、読んだから終わり!ではないですよ。思い出してはまた読みたくなります。
その度、じわじわ、くすくす、笑えます!!

斬新で新しい笑いなんだけど、どの年代にも受け入れられると思います。

ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場

いろんな先生が書いていらっしゃるけど特に柴田亜美先生のが秀逸です。ちゃんと柴田亜美風にデフォルメされたキャラが本当にかわいいです。

ドラクエが好きな人は絶対はまると思います。ドラクエが関係ないオチになっててもおもしろいです。
たぶんこの先生はドラクエがすごく好きです。

楽しそうに描いてるのが伝わってきます。やり込んでる感が出てます。
特にドラクエ4のネタが好きです。
何回読み返したかわからないぐらいです。

思い出したらまた読み返したくなってきました。

ハムスターの研究レポート

飼っているハムスター達の、とりとめのない日常を4コマにした漫画です。
飼い主とハムスター達が、お互いに良いボケとツッコミをするのがとてもかわいいです。

基本的に飼い主とゴールデンハムスターが登場しますが、たまに家族や友達など違う人も登場する癒し系漫画です。
あまりストーリー性が無くサクサク読めるので、時間が空いた時に読むことが出来ます。

全部で8巻ありますが、ほのぼのしているのでとにかく癒されたい時に読むことをおすすめします。

堀さんと宮村くん

一話完結で読みやすくもあり、かつストーリー性もあります。
Web漫画ですが長く続いていて、更新が楽しみです。

こんな学生時代が自分にもあったなぁ、とか、もう一度あの頃の友達に連絡してみようかなぁ、と思える作品です。

基本ギャグ、たまにシリアスな内容です。

かりあげクン

一見すると平凡なサラリーマンのかりあげクンですが、そのイタズラの才能は天下一品。よくぞこんなイタズラを考えつくもんだ、と感心します。
しかも彼が偉いのは、絶対に自分よりも弱い立場の者を相手にしないという事です。

私たちが普段何気なく【この人、嫌なタイプだな】と思うような人をターゲットにしますから、読んでいてとても痛快な気分になれます。

これが徹底的に相手を懲らしめてしまうと後味の悪い漫画になってしまいますが、彼の場合はくすっと笑えるイタズラなので読後感が爽やかです。

そのあたりのバランス感覚が秀逸な作品です。

*そふとそぼ

このマンガはタイトル通りお爺さんとお婆さんが主人公のマンガです。

2人の日常を描いたストーリーなのですが、ふたりがとてもラブラブなのです。
お互いがお互いをすごく想いあっているのが伝わってきて感動します。

近所の人や友達などもストーリーに登場しますが、どのストーリーも笑いあり感動ありで面白い作品です。
仕事などがうまくいかないって時に読みます。

読んでいるとと気持ちが温かくなって、イライラしていても穏やかな気持ちになることができます。
このマンガは主婦の方にもおすすめできる作品です。

つるピカハゲ丸くん

セコさを楽しみながら逞しく生きていくハゲ丸一家を描いた作品です。
この家族の男子は全員がハゲです。
毛が三本しかありません。

主人公のハゲ丸くんは遠くの食い物を見つける為に視力が2.5有ります。
焼き肉屋さんの前で臭いを嗅ぎその臭いでご飯を食べるなど独特の節約術、「つるせこ」をギャグにしています。

コロコロコミックで連載しされていて総発行部数は400万部のヒット作品でした。

全25巻どこからでも読めるので、ちょっとした合間に読むのにオススメです。

あいまいみー

4コマが15本でひとまとめになっている作品ですが、ボケキャラクター3人にツッコミ1人と言う編成で、ツッコミに相当するキャラクターがほとんどでない回があるなど大変破天荒な展開です。

女子高生がランボルギーニを買ったかと思えば数ページ後には魔法少女の話になっていたり、宇宙人とかカッパも良く出てきます。

また、4コマ目のうち1コマを広告スペースにしようとしたり、ストライキしたりとやりたい放題です。
そして一児の母である作者の近況報告と好きな女性声優にあった時の話が時折挟まれるのも特徴です。

濃縮メロンコリニスタ

シュール系4コマ漫画の極みだと思います。
4コマの最後にタイトルを乗せることで二段階のオチを楽しめます。
そのひねり方は気付くと手を叩いてしまうようなものが多いです。

登場人物も単純で、人なのか何なのかわかりませんが、そこがさらにシュールさに磨きをかけています。

後ろ姿を描くと表情が隠れてしまうため、横に顔を描くスタイル、4コマの枠を利用した漫画、日本語の裏をかいたようなタイトル。
思わず笑ってしまうだけでなく、なるほどと言ってしまいます。

少年アシベ

小学生の頃に初めて読んだ漫画でその時は、アザラシのゴマちゃんがひたすら可愛い漫画だったのですが、大人になって読み返してみると人間関係がとてもシュールで改めて面白いと思いました。


小学生の主人公アシベが感じる小学生の感覚と、社会人の大人の感覚のずれがとてもおもしろくほほえましい4コマです。

特にお父さんの転勤でネパールに行ってしまったアシベの友達のスガオ君が好きでパパとママと現地の家庭教師の先生との関係が気に入っています。

OL進化論

なんてことないOLさんの日常が描かれている作品ですが嫌みがなく社内に嫌な人がいない設定の会社なのでいつでも楽しく読むことができます。

社内の女友達と仕事帰りに飲みに行き上司の話や彼氏の話をしてお酒を飲むという何気ないけれども楽しそうな生活を4コマの間で読むことができる所も好きです。

放課後の王子様

個性豊かなテニスの王子様のキャラクターが四コマになりました!

放課後の王子様、略してカゴプリ!

後半のページには、読み切りのマンガ付き!各キャラクターの学校、好きな食べ物、好きな動物、趣味、性格など知っていれば知っているほど、奥が深く読み応えがあると思います。

笑える要素もたくさんです。

フジ三太郎

『フジ三太郎』は朝日新聞で連載された4コマ漫画で、基本は4コマ漫画なのに、日によって3コマ漫画(3コマ目が2コマ分のサイズ)となる漫画でもありました。

万年平社員のサラリーマンのフジ三太郎を中心に、三太郎の周囲で起きる出来事や時事ネタを題材として事件や不祥事を風刺したり、流行に登場人物がアタフタする様子も描かれた漫画でした。

現在では掲載が出来ないようなお色気シーンやセクハラ表現が多く、読者から「朝日新聞に相応しく無い」と度々非難されたらしいです。
最終回はカラーで、坂本九さんの名曲『上を向いて歩こう』のパロディを登場人物がミュージカルばりに歌って終わるというものでした。

ボクのマンガ

ジャンプスクエアの4コマ漫画で地球が滅んだ設定の話がたびたび登場したり、金ですぐ動くタイプの偉い人がやたら出てきたり、わけのわからない生き物が色々と出ててきて勢いでどうにかするのが面白いところです。

一貫したキャラクターが進める作品ではないのですが独特の殺伐としているムードが作品に統一感を持たせています。

下ネタ少な目シュール超越系のギャグが好きな方には特にオススメな作品ですが二作目が出ないのが何とも惜しいところです。

ご注文はうさぎですか?

キャラクターのかわいらしさや背景や小物の丁寧な描写でビジュアル面では最高レベルの作品のひとつだと思います。

内容も面白く、主人公ココアが下宿先でバイト先の喫茶店の娘さんのチノの友達を平気で「私の新しい妹たちです」などと紹介したり、ことあるごとにわけのわからない方向にまでココアが姉であろうとするシーンがとても面白いです。

軍隊気質のバイトの先輩のリゼや、やたらと罰ゲームドッキリをひっかけて自分で引っかかる千夜などサブキャラクターも魅力的です。

楽屋裏

エニックスの4コマ漫画劇場で名作・迷作4コマを次々に送り出したぐり子先生が、自身と担当編集との日常バトルを主に描いた4コマ漫画作品です。
無印が全3巻、貧乏暇なし編が全3巻、計6巻刊行されています。

若かりし頃から冴えわたっていた攻撃的なギャグセンスは今も健在です。

かつて魔法少女と悪は敵対していた

魔法少女として出てくる女の子は貧乏で暮らしも貧しくて、そんな女の子に悪の参謀である男がひとめぼれするという、今までになかった展開がとても好きです。

参謀のメガネが興奮して割れたり、魔法少女の薄幸さが4コマ漫画でシュールに表現されているのもよく、絵柄も丁寧で可愛いのでおすすめです。

4コマ漫画なのでテンポもよく、魔法少女なのに洋服を全く持っていなかったり、食べるものがなかったり、御使いである猫がそんな魔法少女をいじったりするので、ツッコミどころが多いのも好きです。

ハイスコア

少女漫画なのに普通にブサイクな男の子やちゃぶ台から手と足と顔が生えた守護霊?などでてきます。
なんといってもギャグセンス抜群なところです!そしてネーミングセンスも抜群です。

主人公が超絶美少女でバカなんですがなぜか憎めないというとこも好きです。長年続いてるからなのか、絵のタッチが変わってきていますが、最初の頃の絵の方が好きでよく読み返したりしています。
たまに出てくる作者自身の四コマも面白いのでおすすめです。

ちびとぼく

この作品は、猫好きな高校生とその飼い猫のちびを中心とした日常を描いた物語となっております。
絵もかわいいことながら猫のあるあるネタが豊富にちりばめられていてほっこりします。

主人公以外にも登場人物と動物が結構濃く面白い作品となっております。
連載していた時期の関係上、ちょっとネタは古いかもしれませんが、それも含めての面白さがあります。

全10巻ですが、愛蔵版が全5巻で出ていますので読み応えのある作品です。

幸腹グラフィティ

3人の可愛い女の子が登場し、毎回美味しいご飯を食べるという漫画です。

食べ物の描写もよく描かれていて、見ているだけで食べたくなります。

また、「ご飯を食べる女子」という特殊なジャンルなので嫌いだと言う方もいますが、アニメ化もされている人気作品です。

作者が食べ物のイラストはそうとう凝って描いているようなので、単行本のカラーページも素敵な仕上がりとなっています。
最近流行りの食事漫画の中でも萌系のジャンルになりますので、興味のある方にはおすすめいたします。

あずまんが大王

なんといってもシュール系ゆる四コマの元祖なところです。
今読んでも冴えてるな、と思える絶妙な間の取り方。

爆笑することはけっしてないのですが、ずっとクスックスッと小さく笑わせてくるその面白さは、最近の四コマブームでハマった若い人たちにぜひおすすめしたいです。
キャラクターの個性やかわいさについても言わずもがな。

新装版ではキャラも描き直されてもっとかわいさに磨きがかかっていて、特にちよちゃんのかわいさは絶品です。

脳みそプルン!

ものすごくくだらない4コマ漫画ですが連載中は欠かさず読んでいて単行本も全巻持っています。
ありえないようなキャラクターと行動が面白くていつのまにかはまっていました。

なんのためにもならないような内容の漫画ですがいつでも楽しくふざけているところが好きなので結局最終回まですべて読み単行本も全巻購入しました。
4コマ漫画の部類ですが一話が4コマに収まることは少なく多いときは次のページまで話が続いているので4コマの部類に入っているのかもわかりませんが今読んでも面白いギャグ漫画だなと思います。

ポヨポヨ観察日記

この漫画はとうてい猫には見えない球体の猫ポヨと農家の家族の日常を描いています。

この漫画の魅力は何と言っても主人公のポヨです。丸くヌイグルミの様なデフォルメされた姿で、初対面の人は中々猫だと気づいてくれません。

見た目によらず動きは俊敏で虫をネズミを捕らえて遊び、ドラ猫と戦って勝利した事も有ります。
性格も男前なので近所の猫から慕われています。

ポヨの他にクロやエリ、ミケコなどかわいい猫が登場するので特に猫好きな方にお勧めの本です。

ハニカムチャッカ

私が読んできた漫画の中で一番と言っていいほどシュールな作品です。

内容としてはハニカムチャッカという狂信的なファンを持つ音楽グループが繰り広げるギャグマンガなのですが、正直内容シュールすぎるゆえに理解に苦しむ時もあります。


しかし内容が理解できたとき、自分の笑いのツボに入った時の爆発力は私が読んできた4コマ漫画の中では一番です。

作者の大川ぶくぶさんは他にもポプテピピックという作品も書いていてこちらの作品を知っている方は是非読んでみるべきだと思います。

エレキング

シンプルな線で描かれたキャラクター達が独特の空気感と独特のリズム感で話を進めます。
キャラの描き分けや表情のバリエーションはあまりありません。

にも関わらずそれぞれのキャラに個性があり、そしてどのキャラクターも憎めない不思議な魅力があります。

なんの生物かわからないキャラクター達も登場します。
主人公たちと同じように暮らしています。

なぜか違和感がありません。
そんなところもまたこの漫画の魅力なのでしょう!

この漫画には悪役は存在せず下ネタもないので、どの年齢層にも安心して薦められます。

派遣戦士 山田のり子

いくつもの資格やスキルを持つ派遣社員の山田のり子とそれをとりまく会社の人々とのやりとりを描いたギャグ漫画です。

山田さん自体は無表情でしかも喋りませんが、周りの人々が山田さんのする事なす事に突っ込みを入れてくれます。

無断で山田さんの机から物を借りる社員対策に机にイタズラを仕掛けておいたり、始末書を持っていくためにバンジーで来てくれたり…あなたもなかなかお茶目で「そんなスキルまで?」とびっくりするようなスキルを披露してくれる山田さんにジワジワハマるハズです。

ののちゃん

ののちゃんの先生や親たちが面白く、喜怒哀楽がの差が激しいところが好きです。

特に、ののちゃんの先生やお母さんが怒った時の表情の作画が面白おかしくていつも大笑いしてしまいます。
さらに、ののちゃんや友達が面白おかしな行動を取ることが多いことから、毎回のお話の内容がどんなふうになるのかが楽しみで仕方ないです。


さらに、何かののちゃんたちがイタズラして怒られた時の言い訳も面白く、その言い訳に対する大人役の対応もまた一興があるのでそこも見所です。

月刊少女野崎くん

ギャグ漫画で、ものすごく笑えます。
少女漫画家の野崎くんや、野崎くんに片思いをする佐倉千代を中心に個性的なキャラクターが登場します。

みんな無意識に好意を抱きあって、だけどすれ違っているのがギャグで描かれているので、ムズムズしながらも爆笑できる作品です。

基本的にみんなおバカですが、特徴がバラバラなので、おそらく好きなキャラが一人は見つかるのも魅力だと思います。

現在も続いていますが、一話ごとが短く、どこから読んでも話が分かるのでオススメです。

みなみけ

この漫画は3姉妹の日常を描いた作品なのですが、日常を描いてるだけでとくにたいそうな出来事が起こるわけでなもなく、ほのぼのとした漫画になっています。

変な先輩や急にカレーの歌を歌いだす先輩、フランス料理を作る先輩や先輩のセクシーな半裸も拝める非常に満足度が高い作品です。

先輩は男の先輩なんですが主役ではありません、物語の軸は三姉妹なのですが先輩がコマに出てくるだけでみんなを喰ってしまううので非常に困ったさんなのです。
そんな素敵な先輩が拝めるみなみけをおすすめします。

キルミーベイベー

キルミーベイベーのやすなでウザ可愛いという言葉を知りました。
とにかくやすなはウザいです。

正直身近にいて欲しくないタイプの人間だと思いますが、そのおバカな行動は傍から見る分には、とても可笑しく愛くるしく感じます。
また、登場人物の少なさには驚かされます。

人物が少ないと普通は話の幅も狭くなりますが、このキルミーベイベーという作品は登場人物のバックグラウンドが謎過ぎで、話の幅が際限なく広がっている気すらします。

中国嫁日記

中国から日本へお嫁入りしてきた妻とのやりとりが面白いです。
中国の環境と日本の環境との差が感じられるツボがあって、笑いをもらいました。
日常茶飯事のこと、日本人にとって当たり前ですよね。

中国人のお嫁さんは、日常茶飯事のパターンが理解できないというシーンのところ、読んでみるといつものことが、外国人にしては珍しいことなんだなあと思いました。

そういうギャップが面白いので、最後まで笑いながら、なるほどーって感じで読んでいます。

Aチャンネル

良くある女子高生日常ものの4コマ漫画ですが、絵が非常に綺麗です。

ジャンルの中で抜きん出る為には、やはり絵柄が重要になってくると思います。
勿論それだけでは、読み続けようとは思いません。

手に取って貰うきっかけが絵柄であるだけです。

もちろん話も面白く、メインの4人それぞれの人間関係もしっかり描かれており、二人きりの組み合わせになった場合は4人でいる時と違った雰囲気になります。
その描写は秀逸で、リアルな人間関係を描いています。

フリテンくん


植田まさしの4コマ漫画はそのゆったりさがお気に入りです。

かつては、そのタイトルのとおり麻雀やギャンブルをテーマとした作品が多かったのですが、その頃より、今の様々なネタのオムニバスとなっている時の方が好きです。
表紙にある、90%笑える人は正常、30%しか笑えない人は異常、100%笑える人もまた異常の表記が大好きです。

「現在の竹書房のビルは『フリテンくん』の売り上げで建っている」という都市伝説になるくらい、人気の漫画です。

かりあげクン

かりあげクンは植田まさしの代表的4コマ漫画の一つです。
「かりあげクン」ことかりあげ正太が巻き起こすいい加減さを上手に表現した漫画と言えるでしょう。

電車に関連する作品が多いのは、その作者の実体験からの妄想もあるのではないかと思います。

通勤電車はもちろんのこと新幹線や夜行列車を舞台にしたネタが絶妙です。

結構、今では警察に捕まりますよというぎりぎりの話題も多く、最近のテレビや雑誌では公に記載してはいけない内容も多く存在しているのが読んでいる側としては面白いです。

おとぼけ課長

植田まさしの漫画作品は、だめだめサラリーマンを上手に表現したものが多いと思います。

『かりあげクン』ほど有名ではないのですが、そのストーリーはこちらの方が奇抜なものが多く楽しませてくれます。
家庭では一家の長として権限を発揮しようとすれば失敗し、会社でも部下にこき使われる存在となっている主人公なのですが、それでも憎めない人を表現しています。

かなりの酒好きですが、酒による失敗例も多いのです。

趣味は競馬、釣り、ゴルフなど多彩。良いところを探す事が難しいほどの人なのに、いざとなれば決めてくれる主人公の行動を楽しませてくれる漫画です。

ポプテピピック

女子高生二人の脱力系不条理ギャグの嵐。今最も注目されるべき4コママンガです。

ハイテンポ、急展開、そしてとにかく不条理で理不尽で無茶苦茶な笑いの連続。

あらゆる世代をカバーするネタは読む人全てを爆笑させてくれることでしょう。わたしはお腹がよじれるほど笑いました。

インターネット上でこのごろ特に流行しているようで、LINEスタンプなども発売されています。
今読まなくては勿体無いです。
「大人気打ち切りコミック」の名を堂々と冠するポプテピピック、ぜひ読んでみてください。

徒然チルドレン

pixiv発祥の高校ラブコメ4コマ。
群像劇のような形態で、とにかくたくさんのキャラたちの様々な恋愛が楽しめます。

ラブとして素敵なカップルもいれば、コメディとして優秀なカップルもいます。
どちらが好きな人にもオススメです。

若者たちの心理描写がとにかくリアルで切なさも胸キュンも止まりません。
絵柄もとてもかわいらしく、ほのぼの読めます。

新話もまだまだ更新中のようなので、これからも期待できます。

NEW GAME!

ゲーム会社に入社した主人公涼風あおばを中心にゲーム会社の日常マンガです。
好きなポイントは、登場人物全員がかわいいところです。

例えば、若干レズっけのある遠山りんの気持ちに全く気がつかない八神コウがたまにストライクなことを言ってあげるところや涼風あおばの独り言などもかわいいです。
涼風あおばの『今日も1日がんばるぞぃ』のページもおすすめです。

このようにゆるゆるな内容かと思いきやまわりとの葛藤などもあり、単調ではなく、飽きずに読めます。

すーぱータムタム

一般的な4コマで完結する漫画ではなく、ストーリー4コマと呼ばれるジャンルです。
1本の話は4コマで起承転結がキチンとありますが、それがストーリーとなっていて、次々とつながっていき話が展開していきます。
はじめて読んだときはこの手法にとても驚き、感銘を受けました。

普通のストーリー漫画よりもわかりやすく、普通の4コマ漫画よりも奥が深いです。
ストーリーは恋愛モノ。

社内一のモテ男が、主人公の冴えないポッチャリ女子とゲーム感覚で付き合うが、次第に本気になっていくものの周りに囃し立てられ、「ゲームだった」と主人公を酷い捨て方をします。

数年後、すっかり痩せてキャリアウーマンになった主人公が上司としてモテ男の前に現れ、そこで男女の複雑な気持ちの絡み合いが4コマでわかりやすく、でもとても引き込まれる展開が次々と起こります。

この恋愛模様を読んでドキドキハラハラしない女子はいないはず!
主人公の天邪鬼なところも共感できます。

舞台はデパートで、デパート業界の裏側もすこしのぞけます。
文庫版で全2巻。大人の4コマ漫画です。

ササキ様に願いを

90年代後半、ベイスターズが勢いの良い若手が集まりどんどん強くなっていった時期のドタバタギャグ4コマです。

野球漫画の中でも最もキャラのデフォルメがうまく巧みで、実際の選手を知っていたらさらに愛が深まるような、ベイスターズ愛/野球愛に満ちた作品です。

年に数回だけ男前になる佐伯選手や、足し算もできない谷繁選手など、出てくるキャラ全部がボケキャラで、毒のある風刺などは一切なく、頭をからっぽにして楽しんで笑える捨て素敵な作風です。
他球団の選手も多数でてきて、当時の野球界全体の雰囲気も味わえるので、野球ファンなら持っておいて損はないと思います。

うちの3姉妹

この漫画は3姉妹を娘に持つ作者、お母さん目線で大変な育児が楽しく描かれた作品です。
日頃の3姉妹のおかしな発言やら理解できない行動を面白い視点で捉えでお母さんがツッコミを入れています。

育児を経験された方ならあるあると共感できるところもあれば、育児を経験されてない方でも、子供ってそんなことするんだ!育児ってこんなハチャメチャだけど面白いところがあるんだ!という発見もできる漫画です。

子育てはイライラしてしまうことも多いけれど、そんな時に読むと参考になるかもしれません。
姉妹それぞれ個性的で読んでいて楽しく、そして幸せな気持ちにしてもらえます。

WORKING!!

ファミレスバイトのほのぼの系4コマで北海道を舞台に展開されてる作品です。

ちっちゃい店員がいたりミジンコなどのちっちゃいもの好きの店員、はたまた男性恐怖症で男を殴ってしまう店員などが、恋愛したりたまに仕事したりするファミレス4コマです。
アニメ化もしており全13巻ですので少しでも興味を持った方は是非読んで見てください。

つい最近ではウェブ版WORKING!!というのもあるのでそちらも面白いのでお勧めします。

とりぱん

タイトルの通りに”鳥”がメインなんですが、季節を織り交ぜた描写が絶妙なんです。
一軒家で庭も植木も有り後述しますがエサ台なども有って野鳥がいっぱい来るようです。

私の実家でも以前エサ台を立ててたのですが、烏が来るようになってしまい止めてしまいました。
鳥以外にも猫などの身近な動物もでてきます。

またタイトルにある”鳥”もとても表情(?)豊かに描かれていてかわいらしく生態にも詳しく書かれています。
作家さんは東北地方の一軒家で庭にエサ台を鳥毎に準備したり、散歩に出ては烏を良く見ていたりして、とにかく出てくる鳥達がかわいらしくユーモラスに描かれていて楽しい作品です。

最後の一ページのポエム調なところもキレイでおすすめです。

ホワッツマイケル What’s Michael

タダの猫が出てくるマンガです。
作家さんがなかなか新作を書いてくれないので編集さんがキレて”そんなにネタが無いならそこに居る猫のマンガでも賭け!”と言われて書き始めたそうです。

確かテレビアニメにもなったかとおもいます。

あとがき

4コマ漫画もこうしてみると種類の多さが凄いですね。
基本的にどの巻、どの話から読んでも楽しめるという手軽さもおすすめな部分だと思います。

気分転換にもいいかもしれませんね。

漫画はアプリを使って無料で読もう!

今の時代、漫画はマンガアプリを使うと無料で読むことができます。
マンガアプリは基本的に面倒な登録などは一切不要でダウンロードした瞬間に無料で読めちゃいます。

中には全巻イッキに無料で読み放題のマンガまであります。
これはすごいことで、実際に全巻マンガを買うのと比較すると、トータルで1万円~10万円分ぐらい得することになります。

しかし、このマンガアプリというのは大変多くの種類があるので「いっぱいあってどれをダウンロードしたらいいか分からない!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、現在存在するマンガアプリ約100種類をすべてダウンロードして比較して、どれが最も良い漫画アプリなのかをランキング形式でまとめた記事を作りました。


良かったら参考にしてみてください!

【読み放題!!】おすすめの無料で読める漫画アプリランキング【徹底比較】