FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【神ゲー】3DSのおすすめRPGソフトまとめ。やりこみ要素満載のゲームをご紹介!

f:id:tennensui-77:20170401192019j:plain

ニンテンドー3DSソフトのRPGソフトのおすすめをまとめてみました。

一応任天堂の携帯ゲームは3DSが最新という2017年現在ではこの先も様々なRPGソフトがリリースされる可能性もありますが、現状のおすすめ、という形です。


2015年末、2016年始ごろネット環境の地獄っぷりで2ch等で話題になった某国民的RPGシリーズ第10作目やストーリーに定評のあるシリーズや初心者でもとっつきやすい作品などをまんべんなく取り扱っています。

ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル

3DSで発売された「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」の完全版という位置づけで発売された作品です。
本作の特徴は、エンカウント率を操作できることがひとつです。
従来のRPGはランダムエンカウントで一定の確率でエンカウントというシステムが多かったですが、本作ではそれ自体をプレーヤーが操ることができます。
エンディングまでランダムエンカウントなしで進めることすら可能なゲームです。
またバトル中のテンポも変更でき最大で4倍速まで変更できますので、経験値やお金稼ぎをしたい場合、スピーディーに行うことができます。

ファイアーエムブレム覚醒

サクサクレベルが上がっていくところが良いと思います。
戦闘画面も分かりやすくゲームバランスを壊さないようにしつつ、新しい要素の導入に力を入れた作品だと思います。
画面もシンプルで分かりやすいので画面操作が円滑に進みやりやすいです。
多くの仲間と巡り会うので、チーム編成は非常に奥深く、クラスチェンジも楽しみの一つです。
敵との相性ですが、戦闘が有利なのか不利なのかが親切に事前に説明があるので、初心者でも安心してプレイできるかと思います。

妖怪ウォッチ

2015年、2016年に大ヒットした妖怪ウォッチのゲームソフトの第一作目に当たります。
物語の舞台になる街並みがとても綺麗で細かく、主人公を操作しているだけで楽しい気持ちにさせてくれます。
リアルな街並み、山の中や河川、神社や寺などどこかで見たことがあるようなリアルな世界観はそれだけでも魅力になっているのではないでしょうか。
ゲームの内容は普通のRPGとは少々変わっていて新鮮です。
近くにいる妖怪がいると、主人公の妖怪ウォッチが反応し妖怪を見つけ出せるので様々な場所に潜む妖怪を探しだすのが醍醐味ですね。
また街中にいる人の悩みを聞き、それが妖怪の仕業であるため悩みの元となる妖怪を探し出して解決させてあげるイベントなどもあります。
妖怪同士を戦わせるバトル画面では、タッチペン操作で3DSの下画面にあるサークルをくるくると動かすことによって戦います。
この操作が結構せわしなく動かす感じで、臨機応変に対応しなければいけないのでとても斬新で癖になります。
このように妖怪ウォッチは普通のRPGとは一味違い、ちょっと変わったRPGをやりたい人にも楽しめる作品であると思います。

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア

2002年にゲームボーイアドバンスで発売された「ポケットモンスター ルビー・サファイア」をリメイクした作品が本作です。
オリジナル版のルビー・サファイアのストーリーをベースにしつつ、前作の「ポケットモンスターX・Y」で登場したメガシンカというものを色濃く反映したアレンジの強いリメイク作品になっています。
ゲーム内のデザインや施設など、従来の特色をパワーアップさせながらも新しい要素を取り入れており、オリジナル版のファンはもちろん、遊んだことがない人にもオススメできる作品だと思います。

ファンタジーライフ LINK!

2012年に発売された3DSソフト『ファンタジーライフ』のオンライン機能の強化などを追加し、2013年に発売されたものが本作です。
まずプレイヤーは自分好みの12種類の職業から選択し就かせることが出来ます。
王国兵士や魔法使いといった職業に就きダンジョンやボスの攻略をするも良し、裁縫師や料理人の職業に就いてコツコツ素材集めに励むのもまた良し。
RPGの世界観はしっかりありつつも、自由度が高くなっているのが本作の魅力ではないでしょうか。
また家族や友人同士でもマルチプレイで楽しむことができ、ソロプレイとは違った楽しみ方が出来ます。
攻略の難易度も低めでわかりやすい内容になっているので、あまりRPGをしたことのない方でもストレスなくプレイできる作品ではないかと思います

ドラゴンクエストVII ~エデンの戦士たち~

2000年にPS1で発売された「ドラゴンクエストVII」の3DSへリメイクした作品です。
仲間に話しかけると返答してくれたり、シリーズ初の3DマップなどドラゴンクエストVIIの良さはそのままに、PS版で問題視されていたロードの長さや物語を進める際に必要な悪名高き石板探しが改善されさくさく進み非常に遊びやすい作品になってます。
グラフィック面もPS版は3Dと2Dの併用グラフィックでしたが、今作はフル3Dを採用し綺麗な映像を楽しむことができます。
また今回は転職するとキャラクターの服装が職業に合ったものに変化するというささやかながら楽しい要素が加わっていて何の職業に就いているのか一目でわかるのは地味ながらいいアレンジだったと思います。
クリアまでのプレイ時間はおよそ50時間前後辺りが目安でゲームに慣れている人であればもう少し短いかもしれません。
リメイクによってイベントに入ると自動的に街に移動してくれたり、移動が多かった石板の配置の手間が省かれていたりと非常に快適。
プレイしやすさの向上により次に何をすれば良いか明確になり、難易度が良い意味で低下しているのでRPG初心者でも遊びやすい親切設計となってます。
また、初心者から中級者だけが楽しめるゲームというわけではなく、上級者も非常にやり込める要素、転職と隠しボスも充実。
リメイクされた今作でも、もちろん最後はあの方が待ち受けています。
今回はランダムエンカウントではなくシンボルエンカウントになったため、レベル上げもやりやすくなりました。
隠しボス撃破や各職業をマスターしていく事を考えたら100時間は軽く遊べるボリュームある内容になっています。
スクウェアエニックス恒例のアルティメットヒッツとして廉価版が発売され、2800円+税でお求めいただけるので、価格も内容もおすすめの作品です。

新女神転生Ⅳ

スーパーファミコン時代から続く真女神転生シリーズのナンバリングタイトルです。
システムは真女神転生3のプレスターンを基本にペルソナ3以降のシンボルエンカウント、デビルサマナーシリーズのCOMPのカスタマイズ、NINEやオンラインにある装備での外見変化を加えた、女神転生シリーズの集大成となっており非常に遊びやすくなっています。
また、ロウ、カオス、ニュートラルのマルチエンディングも健在で、一度クリアしないと作れない悪魔もいるため、何週でも遊べる良作だと思います。
さらに、課金こそ必要ですが高難度のダウンロードコンテンツも豊富ですので全ルート制覇後の楽しみも存在します。
「Ⅳ FINAL」もございますが、あちらは完全版ではなく続編ですので先に遊ぶなら「Ⅳ」をお勧めします。

妖怪ウォッチ2真打

ポケモンで言うところの金銀に対するクリスタル、ルビサファに対するエメラルド、といった位置づけの作品と言えばいいでしょうか。
妖怪ウォッチシリーズの元祖・本家からバージョンアップしています。
怪魔を仲間に出来、新しいダンジョンが追加されるなど新要素がたくさんあります。
特に、真打限定クエストの「トキヲかけるババア」はボス敵であるウバウネの過去が描かれているので必見です。
元祖・本家と連動しているダンジョンもあるので元祖・本家を持っている人も楽しむ事が出来ます。
全バージョンを持っている方は是非妖怪図鑑のコンプリートを目指してみて下さい。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

ドラゴンクエストシリーズ初のモンスター育成システムが導入されたGB版ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドのリメイク作品です。
ゲームの内容はドラクエ6のキャラクターであるテリーの少年時代の物語でモンスターを育てていくというシンプルで分かりやすい内容になっています。
オリジナル版からグラフィックの向上がなされ、システムも3DSに合わせたものになっています。
特に注目したいのがオンライン対戦機能で周りに同じゲームをプレイしている人がいないという人でも気軽に対戦プレイが楽しめるのは魅力です。
当時を懐かしむ世代の人には是非ともプレイしてもらいたいゲームです。

ブレイブリーセカンド

前作ブレイブリーデフォルトに続く2作目がこの作品。
キャラデザの良さやシナリオの濃厚さは変わらないままに、敵エンカウント率を変えられる、サブシナリオは好きなところからプレイできるといった自由度が大幅に変わっていてRPG玄人にもおすすめできるゲームになっています。
また、FFシリーズでもおなじみのジョブチェンジ、このジョブもさらに充実していてプレイスタイルの幅の広さも魅力の一つです。
キャラクターの掛け合いもよく練られていて、2作ともプレイすることをお勧めしますが、シナリオ自体は前作からの完全引継ぎではないのでどちらから始めても楽しめます。
ぜひ、プレイしてみてください!


ポケットモンスターサン・ムーン

前作のオメガルビー・アルファサファイアからシステムが一新され、今までのポケモンシリーズを遊んだことの無い方でも楽しめるような一作です。
過去作から色々な部分が変更され、初心者にとても優しい仕様になりました。
例えば、戦闘中の技表示ではポケモンシリーズは一匹のポケモンにつき4つまで技が覚えられ、過去作ではどの技なら相手にきくか相手にきくのはどのタイプなのかは自分で把握してという形でしたが、今作は一度倒したことのある相手なら弱点や効かない技が分かるようになりました。
タイプの分からない新ポケも一度倒せば以降は簡単になるというのは初心者にとって非常にありがたい追加要素と言えるのではないでしょうか。
ポケモンってちょっと難しそう…と思っていた方にも優しくなっているので、今までプレイしたことのない方にも是非プレイしていただきたいです。

ドラゴンクエストX目覚めし五つの種族オンライン

ドラゴンクエストシリーズの第10作でオンラインゲームです。
最初はオンラインゲームに抵抗がありwiiで発売された時は見送っていました。
3DS版が発売されて手軽に出来そうという安心感と3DSでオンラインゲーム!?
どんな感じだろう…という興味から購入しました。
プレイを初めて初日、まだ弱い為フィールドで死んでしまいました。
今までのドラクエなら教会に戻されてお金が半分になってしまう展開です。
ああ・・・どうしようと困っていると、なんと通りかかった見知らぬ人がザオをして生き返らせてくれたのです。
これにはかなり感動しました。
お礼を言わなければ!と思い、慣れないチャットで「あ り が と う」と必死で文字を打ちました。
今では何人かゲーム内での友達もできて一緒にボスを倒したりチャットで話したりとても楽しいです。
ソロプレイをするつもりの方もストーリーは今までのドラクエと同様楽しくて感動する話もあり、フィールドも広大で1人でも十分楽しむ事ができると思います。

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]

面白いアクションゲームだと思います。
敵をロックして敵を倒すので、空振りするということは少ないゲームで子供にも簡単に遊べるゲームです。
最近のRPGゲームは残虐なゲームも多く子供が楽しむよりも大人が楽しむゲームが増えてきていると思います。
しかしこのゲームは操作もそれほど難しくなく残虐な要素もあまりなく、ディズニーのキャラクター達と冒険を進めて行けるので子供もにも出来るRPGゲームという点でオススメです。
また多くのグラフィックや音楽も好きな点の1つです。

ペーパーマリオ スーパーシール

暴力的ではなくグロテスクなゲームでもなく可愛い・笑える・絵がいい・頭を使うところがこのペーパーマリオスーパーシールのいいところだと思います。
僕はゲームがあまり得意ではありませんが、マリオ系のゲームはみんな好きです。
ペーパーマリオの第1作目であるのニンテンドウ64のころより頭を使うゲームだな思いました。
マリオが主人公でシールを集めながらストーリーを進めていくのですが、アイテムもシールでしかも保有する数も限られているのでなかなか難しいです。
ですがほのぼのとした雰囲気に癒されますしいい気分転換になります。
キャラクター・ストーリー、BGMもみんないい作品だと思いました。

エルミナージュ ゴシック 3D リミックス ~ウルム・ザキールと闇の儀式~

昔からウィザードリィのようなRPGが好きでよくやっていましたが、近頃は非常に難易度の高い、というゲームが少なくエルミナージュシリーズは久しぶりの当たりの高難度ゲームでした。
昔に比べれば親切になりましたが、それでも序盤はコロコロキャラが死にます。
奇襲されたり首切りされたり。
でもこういう硬派なゲームを探していたという方には絶対のおすすめです。
シリーズを追うごとに改良されるシステムも良いです。
召喚モンスターも昔は名前だけでしたが、今は顔が出ます。

ポポロクロイス牧場物語

マーベラス社の人気シミュレーションゲームである『牧場物語シリーズ』と、児童漫画を原典とする『ポポロクロイス物語』のコラボ作品です。
内容は、『ポポロクロイス物語』がメインのストーリーとなり、冒険が進むと登場する¨牧場¨でのシミュレーションは『牧場物語』がメインとなる、一つのゲームで二つの作品を楽しむことができる、お得感満載のシステムとなっています。
¨泣けるRPG¨として名高い『ポポロクロイス物語』特有の感動するストーリーは健在で、プレイの途中で何度か涙ぐんでしまいました。
また、ストーリーがエンドを迎えても、¨牧場¨は半永続的に楽しむことができるので、ぜひ皆さんにお薦めしたい作品の一つです

あとがき

いかがだったでしょうか。
RPGの醍醐味はやっぱりじっくりと準備して強敵に挑む、あるいは限られた条件下でいかに持てる手段を尽くして戦い抜くか、といった幅広いプレイスタイルが出来るといった部分があるかと思います。
3DSという場所を選ばずプレイできるハード面でも一昔前の据え置き器時代に比べてもハードルは大きく下がっているので、これまでRPGゲームソフトをしてこなかった方もプレイしてみてはいかがでしょうか。