FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】宮部みゆきのおすすめ本まとめ。映画やドラマになった作品から新刊まで幅広くご紹介

f:id:tennensui-77:20170327130740j:plain


推理作家、ミステリー作家と聞いて真っ先に浮かぶのが宮部みゆきさんという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は宮部みゆきさんのおすすめ本をご紹介していきたいと思います。

理由や火車などの話題作からマイナー作品まで取り上げてみたので良かったら御覧ください。

模倣犯


最近ドラマ化されていたので、それを見た人もいたかもしれませんが、原作はもっと登場人物が多く、細かく、濃いです。
突然肉親を亡くす家族たちの悲しみ、マスコミによって大勢の目に容赦無く晒される恐怖、人を許すこと憎むこと…各エピソードは重く悲しいため、読むのがつらいと感じることもあるのに、「犯人はどうするのか」が気になりすぎて、読まずにはいられなかったというのが正直なところです。

最後の最後に明かされる、このタイトルの意味を知ったときのカタルシスはすごいものですが、それまでのエピソードが積み重なっていった結果でもあります。
ぜひ、最後まであきらめずに読んでほしいと思います。読んだ後は現実世界と合わせて、いろいろなことを考えさせられます。

レベル7

記憶喪失の男女が、見知らぬマンションの一室で目覚めるところから始まる長編ミステリーです。
彼らの自分探しの旅と並行して、女子高生の失踪の謎を追うという、ふたつの話がそれぞれ交互に展開していき、全く無関係と思われた謎が途中でひとつにつながり、一気に解決に向かいます。
話の展開がスピーディーな上に、ふたつの筋が同時進行という複雑な構造ですが、途中で混乱することなく、最後までスイスイ読めてしまいます。
何気ないシーンも、後々伏線だったことがわかるので、無駄な描写が全くなく、言葉選びも秀逸な宮部さんの王道と言える作品だと思います。
結末がわかった後でも、最初から読み返して伏線を探したり、違った視点からも楽しむことができます。

火車

物語の主人公である二人の女の気持ちの描写や行動の描写は一切出て来ません。
二人の女を追いかける刑事の男の推測や、関わった人間の証言だけなのですが、二人の気持ちがありありと伝わって来ます。

時代背景は現在とは少しかけ離れていますが、クレジットカードでキャッシングをする、自己破産をする、取り立てから逃げる、等の転げ落ちていく様がリアルに描写されています。
誰にでも起こり得る事なんだとこの本を見て感じてしまいます。

別人になり変わろうと一人の女を殺した女を見つけるまでの終盤は、スピード感が凄くてページを開く手が止まりません。
しかし、女に声をかける所で物語は終了してしまいます。
女の話を聞きたかった!と思わせるこの読了後の余韻が素晴らしいと思います。

とり残されて

不思議な話を6編集めた短編集です。6編全てが、どこにでもいるような人たちが、ふとした瞬間に出会う日常の謎を描いた話になっています。
幽霊が出てくるオカルト風味のものから、オカルトかと思ったら生きている人間の恐ろしさを実感してしまうもの、最後までオカルトなのかミステリーなのかはっきりしないものなど、幅広く多彩な短編ばかりになっています。読後感もせつないものから、ほろりとさせられるもの、ぞっとするものなどがあり、一冊読み終えるとかなりの充実感があります。
特に最後に収められている「たった一人」は幾重もの伏線がたくみに仕組まれていて、最後まで話がどう転がっていくのか、何が真実なのか予想するのが難しい見事な話になっています。
読み終わってからも、何度でも読み返したくなるような短編集です。

ソロモンの偽証

映画化もされた作品なのでご存知の方も多いかと思いますが、原作の小説は文庫版で全6巻に及ぶ大作です。
それゆえ、映画では描かれなかったエピソードもあるのでこれはぜひ原作小説を読んでいただきたい作品です。
ある雪の日に学校の屋上から転落死した同級生の死の真相を求め、中学生たちが学校内で裁判を行うという内容ですが、裁判を開くことを決意するに至った過程や開廷後の検事側・弁護側の丁々発止としたやり取りは緊張感にあふれ、目が離せなくなります。
事件のことを曖昧にしか話さない大人たちに対し、自分たちで真相を探そうとする中学生たちの姿は子ども特有の潔癖さだと思いつつも、「大人のごまかし」を断罪するかのような鋭さがあり、その純粋なまなざしが読んでいて胸に刺さってきます。
法廷のシーンは中学生によるものだとは思えないほど本格的で、どういう結末になるのか気になって仕方ありませんでした。
そして、最終の弁護人による反対尋問。このシーンは映画では省かれていましたが、このシーンが一番の要になるところだと思いますので映画しか見たことがない方にも読んでいただきたいと思います。
また、文庫版では主人公藤野涼子のその後を描いた短編が書き下ろしで収録されており、その短編には別の宮部作品に登場するキャラクターがゲストで登場していますのでそちらにも注目です。

ぼんくら

「模倣犯」や「名もなき毒」など現代推理小説のイメージが強い宮部みゆきさんですが、実は時代小説も多く書かれています。
その中でも「ぼんくら」が好きで何度も読みました。
何度も読まないと作者が仕掛けた伏線に気が付くことができません。
宮部さんの作品にありがちな、短編小説だと思っていたら、それがすべて伏線になっていて最後は全て繋がっているパターンです。
ただ、それに気が付くのも小説の後半になってからです。
最後の最後まで先が読めず、宮部ワールドに引き込まれました。
宮部さんの時代小説は本当に面白く、新刊がでると必ず読むのですが、個人的には「ぼんくら」が一番面白い作品です。
「ぼんくら」を超える作品が発表されることを期待しています。

ステップファザー・ステップ

泥棒の主人公が、両親に捨てられた双子の少年と出会い、彼らの父親を演じることになり、様々なトラブルに巻き込まれていく中で絆を深めていくというストーリーです。このテーマを軸にしながら、小さな事件が次々起こっていくのですが、それぞれが独立したストーリーになっているので、一話完結の連続ドラマというイメージです。一気に読まなくても、一話ずつ楽しめるので、長編が苦手な方にも読みやすい作品だと思います。ストーリーの内容もバラエティに富んでいて、少し謎解き要素があったり、ハラハラするような展開もあれば、心温まるような話もあって、最後まで飽きずに読めてしまいます。最終的にすっきりと解決する結末ではないですが、不思議ともやもやした感じは残りません。

理由

本格ミステリ好きかつ、宮部みゆき好きの自分が最も好きな作品。
ストーリーは章ごとにインタビューという形式で「事件」の関係者に話を聞きながら、それを段々浮き彫りにしていくスタイルで描かれる。
事件自体は一つの殺人と思われる事件なのだがそれを紐解いていくと背後に謎が次々浮かび上がりそれとともにその「関係者」が登場し、その人の目から見たその人物や「事件」が明らかになっていくという非常にテクニカルな筋になっている。
同じ「事件」や「当事者」でもそれぞれの人物の立場から見ることによって全く異なる顔を見せる。それは、近くにいると読み取れないが、引いて見ると風景が現れる点描画のようだと感じた。
その構成だけでも著者の力量を表すが、数十人に登る登場人物のキャラクターがそれぞれに個性的で、語り口や考え方までしっかり作られており、作品の凄みを増している。
「謎解き」が読みたい方にも、「人間ドラマ」が読みたい方にも自信を持ってオススメできる作品。

長い長い殺人

とある事件に関連する10人の人物の視点ではなく、その人物たちの財布の視点から描かれています。最初はなぜ財布の視点なのかと疑問に思いましたが、読み進めていくうちに、財布は持ち主をよく表しているということに気がつきました。財布はいつも持ち主のすぐそばにいるにも関わらず、ポケットやバッグの中にあるため、どこで何が起こっているのかを見ることはできず、持ち主を助けることもできません。そこが、小説に書かれていることしか情報がない読者の立場に通ずるような気がしました。財布に感情移入してしまうというのはなんとも不思議な感じですが、それをさせるだけの文章力を持つ宮部みゆきさんには脱帽です。洋服のように毎日着替えるものでもなく、老若男女が常に持ち歩いている財布という存在をうまく使った作品です。

ICO

宮部みゆきさんは、大のゲーム好き(特にロールプレイングゲームが大好き)ということを、ご存知でしょうか。宮部みゆきファンでしたら周知の事実かもしれませんが、最近宮部さんを知ったという方にとっては、意外な一面かもしれません。
そんなゲーム好きな宮部さんが、小説の連載を遅らせてまでも熱中した、あるゲームがあるのです。そして、あまりにも熱中、そして感動してしまったが為に、そのゲームを題材にして、同じタイトルの小説を1本書き下ろしてしまったのです。それが、今回紹介する「ICO」です。
 頭にツノの生えた生贄の子イコが、檻に囚われた少女を見つけ、助け出すところから物語がはじまります。生贄、囚われという運命から逃れる為、様々な障害から彼らは勇気を糧に切り抜けます。
 時代小説、サスペンス、ファンタジーと、様々な顔を持つ宮部みゆきさんですが、この作品は宮部ファンタジーの中でも是非読んでいただきたい1冊です。

ブレイブ・ストーリー

小学生の男の子が主人公。この頃の宮部みゆきにしては珍しかったのではないでしょうか。主人公はある日、両親の離婚という現実を突きつけられます。その現実から逃げ出すように、不思議な別世界の扉を開いてしまうのです。そこはまるでロールプレイングゲームのような世界。実はそこに同級生の男の子も来ていることを知ります。ただのファンタジー小説のように思えますが、それは設定だけの話。主人公の歩む道すじ、同級生の男の子の行動の意味、自分の願いと世界を天秤にかけざるをえなくなるラストシーン、こんなに複雑な小説があるのかと衝撃を受けました。あっさりハッピーエンドで終わらないところも、宮部みゆきのなせる技かとため息が出ます。映画では、よりすっきりしたストーリーでしたが、小説のエッセンスをしっかり表現していて良かったです。ぜひ小説も映画も見て欲しい。初めて宮部みゆきを読む人に薦めたい作品です。

孤宿の人

物語の時代背景は江戸時代。両親に捨てられ、教育も受けられないまま育てられた少女が、新たな土地で様々な大人と出会い、成長していく物語。大人の事情に振り回され、騙される少女と、少女を、実の妹のように可愛がり、気に掛けるもう一人の少女の純粋な気持ちに心が痛くなった。いつの時代でも、大人の事情はあって、それによってあらゆる災難が起き、民衆が惑い、変な噂が流れる。それでも守らないといけないことは何か、それを忘れない気持ちを思い出させてくれる作品だった。上下巻で読むのに少し根気がいるが、読んでいる最中の複雑な気持ちが、読み終わった後にほっこりとした気持ちに変わっていく。時代物だが現代と照らし合わせながら読める作品で、歴史小説が苦手な人でも、比較的読みやすい作品になっている。

おそろし 三島屋変調百物語

過去の事件から、心を閉ざしてしまったおちかが、
三島屋を訪れた客が語る不思議な話によって、少しずつ心の傷を癒していく物語です。
人は、そうとは知らずに人を傷つけ、傷ついた人はその傷故にさらに人を傷つけようとします。
誰が悪いわけでもないのに、責任を感じるおちかの過去の事件もまた、
不思議な出来事を引き起こし、だからこそ、他人が語る不思議な出来事を淡々と受け入れ、
その出来事の影に、人の切なさや悲しみがあることを感じることができるのでしょう。
おちかに限らず、一生懸命生きている人には、ひとつやふたつ、過去に心残りや後悔があるもの、
それが不思議を引き起こすのなら、幽霊を信じる、信じないという議論は、意味がないことだと思わされます。
現代物、時代物を問わず人気があり、映像化も多い宮部作品ですが、
この「おそろし」も、NHKのBSプレミアムで、波瑠さん主演でドラマ化もされています。

ペテロの葬列

杉村三郎シリーズ作品で、小さな会社の記者が取材の帰りにバスジャックに巻き込まれるところから物語は始まります。同乗している犯人は過去の過ちを正したいと今回バスジャックを起こしたのですが、バスにいる乗客と犯人とのやりとりの中で、誰しも噓をついており、噓によって複雑に世の中の人間と絡み合っている、という一風変わった流れでストーリーは進んでいきます。
善とは何か?悪とは何か?真実はどこに?そもそも真実とは?観ていく中で、自分でも気づいてない自分の裏面を覗いてみたくなる衝動にもかられるところが最大のポイントだと思いました。自分や周りの「人間」について考える機会が増えました。激しくない描写にもかかわらず、シンプルではない人間の本質を上手に描いてる作品だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか!
宮部みゆきさんファンの方や、ちょうどミステリー小説や推理小説を探していた方の1冊がこの記事で見つかれば幸いです。