FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【おすすめ】邦楽アーティストのアルバムまとめ。ロックのかっこいい曲、泣ける歌からバラードの名曲まで

f:id:tennensui-77:20180127233345j:plain
邦楽アーティストのおすすめアルバムをまとめました。
かっこいい曲、泣ける歌、バラードなどアーティストひとつ取っても様々なジャンルの曲を歌っています。
アルバムを通して聴いてみることでそのアーティストのテイストや魅力はかなり伝わるもんです。

そんなわけで2017年リリースの新作からYoutubeなどで凄まじい再生数を記録している名曲も含んでいるおすすめアルバムとしてまとめてみました。
洋楽のような雰囲気のロックバンドから2018年でもまだまだ現役な人気アーティスト、歌唱力が魅力のボーカリストまで幅広く扱っています。
ランキングにしきれないくらいの名アルバム揃いになっています。

いいアルバムや曲を探している方はぜひ参考にしてみてください!

川本真琴 「音楽の世界へようこそ」

前作から8年ぶりとなる全て新曲のアルバムで、多くの曲がライブで演奏されてきたものですがどの曲も新しい世界に引き込まれます。
途中、鳥の鳴き声や海の波音が入っているのも面白いアルバムで、セカンドシングルまでしか川本真琴さんを知らない方に特におすすめです。

前作から8年ぶりとなるアルバム
すべてCDでは初公開となる新曲が収録
全15曲入り

BUCK-TICK 「97BT99」

様々な音楽レーベルを渡り歩いてきたBUCK-TICKがマーキュリーに在籍していた97?99年の間に作られてきた音楽をまとめたアルバムです。
自分がBUCK-TICKに初めて出会ったのは2000年を過ぎてからだったのですが、このアルバムを聴いてから本格的にBUCK-TICKにハマりました。
「BUCK-TICKはヴィジュアル系の元祖のひとつ」と言われる事も多く、私自身もこのアルバムを聴くまではそう思っていましたが、他のバンドとは違う!と思わせたアルバムです。
ただ一言、最高です。

・BUCK-TICKという名前は知っている、という方にこそ聴いてほしい1枚
・退廃的な雰囲気と歌詞
・ファンからの人気も高い楽曲が複数まとめられている

ジャニーズWEST 「なうぇすと」

かっこいい曲もあれば面白い曲もありバラードも入っているこのアルバムは、聞いていて楽しい気持ちや切ない気持ちになったりと喜怒哀楽を楽しめる一枚です。
ディスコ調の曲が中心としているこのアルバムはどの世代でも楽しめるところも魅力的です。

・ディスコ調の曲目
・アイドルらしくない切ないバラードも魅力的
・ドラマ主題歌も有り親近感が湧く

PORNOGRAFFITTI 「15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”」

ポルノグラフィティの3枚組のベストアルバムです。
3枚組なだけあって曲数が多く、全てシングル曲なので聴きごたえがあります。
自分としては、アポロやアゲハ蝶などの大ヒット曲はCDを持っています。
ですが、その他にも「いい曲だし気になるけど、購入やレンタルには至らなかった曲」がたくさんあって、それを一気に入手できたので大満足でした。
曲数が多いので初めて聴く曲もありましたが、その中にもいい曲を見つけられて、新しい出会いに感動しました。
さらにポルノが好きになりました。

・3枚組で曲数が多く、全てシングル曲
・大ヒット曲はもちろん、気になっていたシングルを一気に入手できる
・初めて聴く曲の中にもお気に入りが見つかるかも

宇多田ヒカル  「Fantôme」

宇多田ヒカルが休養から復帰して初の作品です。
デビュー当時からずっと聞き続けてきた中で、今作は声に温かみや丸みを感じ、母になった宇多田ヒカルの魅力が溢れていました。
歌詞面においては亡くなった母親へのメッセージが、どこを切り取っても染み込んでいるようで、涙なしでは聴けない名盤でした。

・復帰後初の意欲作にして名盤
・母となった宇多田ヒカルの声の魅力
・歌詞を聞きこめば涙を流すこと必至

安室奈美恵ベスト・アルバム Finally 通常版

安室奈美恵さんが引退を発表してから出す最後のアルバムだからこそ今までの集大成となっており、曲を聴きながら感動します。
あまり安室奈美恵さんの曲を知らない人でも知っている曲も多いので老若男女どなたでも楽しめるアルバムになっています。

・曲一つ一つが素敵で感動
・老若男女どなたでも楽しめる
・聞いたことある曲が多い

井上陽水「弾き語りパッション」

本編15曲とボーナストラック1曲の16曲で構成され、すべてアコースティックライヴツアーのベストテイクを収録したライヴアルバムです。
初期にリリースされた楽曲をキーを少し下げてゆったりと心地よいアレンジになっています。
当時はとかった感じの声でしたが、丸みのある癒しの声で聴きごたえがあります。


・井上陽水で活動する前のアンドレ・カンドレ名義ボーナストラック収録
・本編、ボーナストラック全曲アコースティックライヴバージョン
・オリジナルバージョン当時の声質の変化に注目

globe 「Deluxe Edition」

globeのボーカルのケイコさんが病いを患い、小室哲哉さんまで引退されるとのことで、特別globeファンでもなかったのですが、幼い頃によく車で聞いていた曲を思い出し、懐かしさを感じて購入しました。
大人になった今、聴くと子供の頃よりも心に染みます。
アラサーやアラフォー世代には、名曲揃いで、一つ一つの曲が素敵です。
そして、もう本人達の演奏では聴けないかもしれない楽曲の数々なので、大切に保管したいと思います。

アラサー、アラフォー世代には懐かしの名曲揃い。
大人になってからの方が心に染みる歌詞が多い。
もう本人達の演奏では聴けないかもしれない。

the pillowsトリビュートアルバム 「SYNCHRONIZED ROCKERS」

the pillowsを知ってる人も、知らない人にも聴いて欲しい様々なアーティストによるトリビュートアルバムです。
ピロウズの雰囲気を残した曲、全く違うテイストにアレンジされた曲まで、すごく楽しめると思います。
特にピーズが歌っている巴里の女性マリーがオススメです。

トリビュートアルバムなので複数のアーティストの曲が入っている。
ピロウズファンからそうでない人まで楽しめる内容。
theピーズwithクハラカズユキ 巴里の女性マリー。

Mr.Children 「深海」

ミスチルが社会現象となったまさにその頃発売されたアルバムですが、当時のイメージとは違うダークな雰囲気に魅力を感じます。
ミスチルのあるばむではよくある事なのですが、アルバム1枚で一つのストーリーになっており全て聴き終えた後はまるで小説を読んだ後のごとく余韻にひたれます。
「今までのミスチルらしさ」がないため好き嫌いは分かれますが、社会風刺や暗い色が強いため新たな良さを気づかせてくれます。

・全ての曲が繋がっており、まさに「1つの作品」という感じが強い
・絶頂期に発売されたアルバムのため大ヒット曲が収録されている
・ミスチルの真骨頂とも言える「社会風刺」や「ダークな部分」の魅力を感じやすい

筋肉少女帯 「レティクル座妄想」

狂っていて理解できないところです。
ですがその奥にストーリーがあり、想像を掻き立てられます。
歌詞を読んでいくと理解不能でありながら引き込まれて行きそうな世界観が1曲ずつにあります。
曲も聴くと頭に残ります。
すべての曲がキーワード(ニーソックスの少女)や(レティクル座)などによって繋がっていくような不思議な感覚です。
まるで昔の怪談の短編集を読んでいるようなスリルがあります。

・狂気に満ちた歌詞とそれだけではない奥深さ。
・素晴らしい演奏力
・アルバムを通して聴いた時の高揚感

GADORO 「四畳半」

耳を傾けたくなるRAPです。
HIPHOPを聴きなれない人にも聴きやすいアルバムです。
逆境に身を置いていると感じている人には尚更おすすめしたいです。
反骨精神剥き出しの生き様をそのまま曲にしたようなトラック3やトラック7が特に攻撃力が高く聴くと気合が入ります。
トラック9・トラック10が優しいリリックで、優しさと語彙の幅広さを感じます。
1stアルバムながら高いクオリティです。

・聴きやすいHIPHOP
・勇気付けられるリリック
・ノンフィクションの生き様を歌詞にする覚悟の重さ

浜崎あゆみ 「LOVESONG」

歌詞がとても深く考えさせられるような曲が多い浜崎あゆみさんの曲の中でも、LOVESONGは特に歌詞にこだわりがあるような曲がたくさん入っています。
またメロディーも頭に残るようなものが多く、ベストアルバムの中でも1番いいなと思います。

名曲がたくさん入っている。
CDのジャケットが可愛い。
曲調がアップテンポで耳に残る。

B'z 「LOOSE」

B'zの8枚目のオリジナルアルバムで、前作である7th bluesとの違いには驚きました。
大ヒットシングル曲、love phantomやlove me,I love youが収録されていますが、それ以外の楽曲がアルバム全体のロックとポップが融合したような不思議なムードを作っています。
キレイな愛じゃなくても、はシングルではないのが惜しいくらいの名曲です。

・ミリオンヒットしたシングル曲が3曲収録されている。
・B'zを支えた明石昌夫さんが編曲に参加されている
・歌詞が乗っているブックレットの写真もかっこいい。

the pillows 「Fool on the planet」

全16曲のベストアルバムです。
キャッチーなメロディとストレートな歌詞が特徴です。
キャッチーだからといって軽いわけではありません。
歌詞もストレートだからといって1度聴いただけでは良さはわからないかもしれません。
長く聴き続けてじんわり良さがわかってくる曲ばかりです。
トラック6・トラック15といった感情的になれる曲やトラック14やトラック16はなかなか報われない人の背中を押してあげることができる曲です。

・キャッチーなメロディ
・聞き込むほど良さがわかる曲
・ベストアルバムなので、初めて聴く人にも入りやすくおすすめ

ゆず 「ゆずイロハ 1997-2017」

ゆずのベストアルバム三枚組を購入しました。
とても懐かしい昔の歌から、最新の曲まで全てが入っていて、聞き応えのあるアルバムでした。
ライブにも行ったので、その前に毎日聞いて、曲を覚えました。
毎日聞いても飽きのこない曲ばかりで、ジャンルも様々なのでとても楽しんで聞けました。

デビュー当時の曲から聞ける
三枚組でボリュームがある
最新曲まで入っている

浜崎あゆみ 「A BEST」

あゆ全盛期、この頃のあゆの歌、本当に良かったです。
歌詞も歌声も曲もいい。
歌詞がグッとくるものばかりで、エーソングフォで始まりwhoで終わるのもいい。
入っている曲全部良くてかなり昔のアルバムですが今聞いてもいい歌だなと思います。
さすがBESTアルバムだなって。

さすがあゆなアルバム
歌詞がいい
今聞いても色褪せない名曲ばかり

宇多田ヒカル 「DEEP RIVER」

宇多田ヒカルはファーストアルバムはとても有名ですが、このアルバムは1番宇多田ヒカルらしさが表れている作品だと思います。
柔らかい心に響くバラードやドラマチックなアップテンポな曲など、バラエティにとんだ作品です。
何度聞いても飽きません。

宇多田ヒカルらしさ満点
バラエティにとんだ楽曲の数々
飽きのこないラインナップ

Fear,and Loathing in Las Vegas 「Dance & Scream」

通称"ラスベガス"と呼ばれるこのバンドは、神戸出身の日本人アーティストですが、最近では海外でも少しずつ人気が高まっているようです。
このアルバムを出した当時、彼らは平均年齢19歳とのことなので、恐ろしい才能を感じます。
ラウドロックとダンスチューン、ゲーム、アニメ、クラシックと何でもありな彼らの音楽は、1曲の中にメロディーがいくつもあり、展開が激しいのでいつでも驚かされます。

・平均年齢19歳とは思えない音楽
・ジャンルがさまざまで驚かされる
・好き嫌いは激しいが、ハマると中毒性がある

嵐 「Are you happy?」

メンバー主演のドラマ主題歌やMVに同じジャニーズの生田斗真が主演している【復活Love】など話題性があり、カラオケで歌いやすい曲でもあります。
あと、ソロ曲も収録されており、一人一人の歌声も聴くことが出来ます。
その他にも面白い楽曲もあって楽しめます。

メンバー出演のドラマ主題歌収録
5人のソロ曲収録
話題性のある曲収録

大原櫻子 「HAPPY」

Happy Daysを聞いて曲の雰囲気やテンポが好きで、他の曲も気になって購入しました。
明るく元気な曲ばかりで、気が沈んだときや疲れた時に聴くと元気が出てきますし、心が暖かくなります。
頑張らなきゃいけない時にもお勧めです。

アップテンポで明るい曲ばかり収録。
心が癒される。
頑張らないと!という気持ちになる。

TM NETWORK 「CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE」

TM NETWORKが1988年に発表したアルバムの再販版です。

当時作品全体がストーリーになっているコンセプトアルバムというは珍しく、発売前からどういった作品なのか楽しみにしていました。
そして発売日に買って聞いた時の衝撃は、今でも覚えています。
まずアルバムがひとつの物語になっているというは初めてだったのでとても新鮮だったこと。
異世界から音を取り戻すという内容ですが、よく歌詞を聴きながら想像を膨らませて聴いてました。
そして曲がかっこいい!おすすめは全てです!B`zの松本孝弘さんや、浅倉大輔さんなど参加しています。
CD以外にも小説、アニメ、ラジオドラマとメディアミックスを展開しているので、物語をさらに深く知ることができておすすめです。
今聴いてもまったく色あせない名曲が詰まった名盤です。

・コンセプトアルバムなので、全体を通して聴ける。
・小説、アニメ、ラジオドラマなどメディアミックスの作品で音楽以外でも楽しめる。
・ジャケットを制作したのがエヴァンゲリオンを制作しているGAINAXで今みてもかっこいい。

南條愛乃 「サントロワ∴ 初回限定盤」

声優アーティストの南條愛乃さんが2017年の自身の誕生日に30代の参考書、というコンセプトで発売されたアルバムです。
1枚目に12曲と、2枚目にカバー曲の未来予想図ほか4曲が収録され、そのほか特典のLIVE映像が収録されたdvdがあったりと盛りだくさんな内容になっています。
女性の30代って、どんな感じなんだろう?どんな風にみんな過ごしていたのだろう、という気持ちから作曲陣には全員女性の方で揃えられています。
中でも彼女が以前からファンだったという、奥華子さんからも楽曲を提供していただいています。
女性ならではの観点から、わかりやすいエネルギッシュな感じではなくて、内側から滲み出るような、そんなパワーが感じられる曲が勢揃い。
そこに南條さんの透き通っていて、でも力強い意思を感じる歌声が合わさり、全曲聴き終えた時には、1つの小説を読み終えたような、そんな清々しさを感じました。

・30代の方にもそれ以外の人にも聴いてもらいたい。
・南條さんの素敵な歌声にただただ浸れる。
・1つのストーリーとして、アルバムを聴くことができる。

RADWIMPS 「人間開花」

全国ツアー前に発売のアルバムだったので、予習用に購入しました。
数年に一度しかアルバムは発売されませんので、久しぶりです。
映画でも話題になった作品も収録されていて、ラッドの世界観がより楽しめるアルバムでした。

映画で話題の作品が収録されている。
前作より爽やかな曲が多い。
ラッドらしさの出ているアルバムだった。

ELLEGARDEN 「BEST 1999-2008」

エルレガーデンは今は活動休止しているバンドですが、伝説のバンドだと思います。
インディーズバンドにもかかわらず、当時オリコン1位に輝き、絶頂期に活動休止を発表しました。
エルレガーデンの音楽の魅力は、美しい歌声とノリのいいメロディーです。
1曲が3、4分で終わる短い曲が多く、何回聴いても飽きません。
今は活動休止中ですが、活動再開した日にはまた伝説になるでしょう。

・今は活動休止中
・何回聴いても飽きない
・ベストアルバムなので魅力が詰まっている

関ジャニ∞ 「ジャム」

日本の音楽シーンを代表するアーティスト、プロデューサーがこれでもか!と集まったアルバムは初めて手にしました。
内容もバラエティに富んでいて、関ジャニ∞ならではの元気ソングから、しっとりと歌い上げるバラードまで、彼らの魅力がたっぷりです。

だれでも一度は聞いたことがあるアーティストの提供曲
今話題のアーティストからの提供曲
関ジャニ∞の幅の広さ

MONOEYES 「A Mirage in the Sun」

邦楽のアルバムですが、初めて聴く人は洋楽と間違えてしまうほど英語の発音がよく、日本人離れした音楽性を持ったバンドです。
中でもこのアルバムに収録されている"My Instant Song"や"Remember Me"は、元気が出ない時も、上手くやれた時も、どんな時でも聴きたくなる曲です。
日本語の直接的な歌詞は苦手ですが、音楽がそばにいる、というのを実際に感じられる曲です。

・邦楽なのに洋楽を聴いているような気分になる
・どんな時でも聴きたくなる
・英語が聞き取りやすく勉強にもなる

BUMP OF CHICKEN "Orbital Period"

天体や宇宙が好きなバンプらしいアルバムです。
音楽だけでなく、アルバムに付いている歌詞カードも1冊の本のようになっており、アルバム全体で1つの作品を作り上げています。
通して聴くとバンプの不思議な世界観を強く感じることができるでしょう。
夜空を見上げながら、大自然を感じながら、そんな時に聴きたくなる1枚です。

・曲だけではなく、歌詞カードを含めて楽しめる
・バンプの宇宙の世界観が強く感じられる
・ストーリー性のある歌詞が多く、物語を聴いている気分になる

Da-iCE 「NEXT PHASE」

ダンス&ボーカルグループが増えてきた中でもハイレベルな歌唱力とダンススキルを持つグループ“Da-iCE(ダイス)”の3rdアルバムです。
一曲目から疾走感が溢れ、次世代の勢いを感じさせるような曲や真逆のしっとりしたバラードがが盛り沢山入っています。
まるでライブのオープニングからアンコールまで聞いているようなそんな気分にさせてくれるアルバムに初めて出会いました。

・ライブのような曲リストの構成
・ハイレベルな歌唱力
・最後まで疾走感の溢れる次世代の勢いが感じられる

稲垣潤一 「HARVEST」

2002年発売の、「稲垣潤一」以来のオリジナルアルバムということであることで嬉しく、ウォークマンに取り込んで何度も聴いています。
デビュー後、35年を経た方のアルバムですが、一時期カバーアルバムやデュエットのアルバムが多かったので、どの様な作品か期待していたのですが、期待に違わず、これぞ和製AORの方のアルバムだと思いました。
一昨年のコンサートで歌われていたCMソングも収録され、また、水谷千重子(友近)さんやNMB48の山本彩さんとのデュエット曲も収録されていて、色々と楽しめます。
15年ぶりのオリジナルアルバムでしたが、以前と変わらぬ歌声で、稲垣潤一さんの歌の良さが引き立っています。

山本彩とのデュエット曲という異色のコラボも
還暦を過ぎても衰えない、稲垣潤一の歌声
03.の「追憶のバラード」は名曲「ロング・バージョン」と同じく湯川れい子作詞

UVERworld 「TYCOON」

UVERwordは昔から大ファンでいつも彼らの音楽を聞いて励みになっています。
待望のアルバムが出て迷わず購入を決めました。
今回のアルバム収録曲には映画の主題歌や挿入歌など人気アニメの主題歌が入っていて期待がかなりありました。
お気に入りは「一滴の影響」で何度も聞いたお気に入りの曲でした。
この曲の歌詞は非常に力強い応援歌でいつも励まされています。
その他の曲ももちろん大好きで発売されてから半年以上たちますが毎日聞いて日々励みになり頑張っています。

・歌詞が熱い
・とにかく泣ける曲がたくさんでいまだに泣きながら聞いている。
・励みになってパワーがもらえる。

THE BACK HORN 「リヴスコール」

トラック11の「世界中に花束を」
これは東日本大震災を受けて作られた曲です。
だからといって重くなく、傷ついた人に寄り添ってくれるような優しい曲です。
誰かの背中をそっと押すような、聴いている人の心に勇気を与えてくれます。
トラック3の「シンフォニア」はダンサブルで気分が上がります。
トラック1「トロイメライ」・トラック13「ミュージック」はどちらも祝福に満ちた音で懐かしさを感じさせながらも始まりをイメージさせる繊細な曲です。
このアルバムは1曲1曲に強いメッセージ性があります。
何年経って聴いても古くなることはないと思いました。

・曲の振り幅が大きく、1枚を通して聴いて飽きない
・歌詞の鋭さ・優しさ
・ライブに行ってみたくなる音の熱さ

坂本慎太郎「できれば愛を」

ソロとして活動してから3枚目となるアルバム「できれば愛を」は、これまでに比べより一層音数を削ぎ落とし、ねっとりとしたリズムと声が強調される仕上がりとなっています。
一見すると単調なようにも聞こえますが、不思議と音とリズムの心地よさに包まれてしまう曲ばかりです。
特に9曲目の「ディスコって」は坂本慎太郎らしい曲でもあり、もっともフラットな愛に溢れた一曲ではないでしょうか。

独特な音楽に触れられるアルバム
リズムと声が強調されたシンプルさを楽しめる曲ばかり
不思議とリラックスできる

TM NETWORK 「EXPO」

TM NETWORKからTMNに替わって、よりロック色が濃くなった曲が収められてるアルバムです。
jean was lonely、かっこいいですよ。
逆再生しないと、メッセージが正しく聞けなかったり、そのメッセージを聞くには、今のテクノロジが必要だったり。
T.Kには驚かされます。

打ち込み系からロック系へ、音楽の幅が広がった
ベースは小室哲哉、安心して聴ける
小室哲哉の、打ち込み系ではなく実演奏が楽しめる(打ち込み系ではなくなった)

GLAY 「SUMMERDELICS」

メインコンポーザーであるTAKURO作詞・作曲のHOWEVERやWinter,againなど、世間的にはバラードの印象が強いGLAY。
ですがGLAYらしさを感じる王道の楽曲のほか、ボーカルのTERUをはじめ、ギターのHISASHI、ベースのJIROまで、それぞれのメンバー作詞・作曲の楽曲全14曲が収録されています。
GLAYの新しい一面が感じられるアルバムです。

・全14曲収録の大ボリューム
・メンバー4人それぞれの作詞・作曲
・GLAYの新しい一面が感じられる

トリプルファイヤー「FIRE」

最近深夜番組などでも見かけるようになったトリプルファイヤーのアルバム「FIRE」は、これまでのニューウェーブな曲調に、ファンクの要素も加味され華麗な進化を遂げています。
これまで通り、口に出すと思わず笑ってしまうようなタイトルの数々と、ボーカルから発せられる身も蓋もない歌詞に引き込まれます。
それだけではなく、よく練られた曲とリズムの職人技がこれまでよりも目立ち思わずため息が漏れます。
特に7曲目の「コインとキノコ」は、ボーカルの追い詰められたような歌い方と曲の疾走感が絶妙です。
今までのバンド演奏のみならず、パーカッションやシンセサイザーも加えられ、音楽の深みも楽しめる1枚、おすすめです。

歌詞に思わず笑ってしまう。
全ての曲が情けなくも切実
練られた音楽が聴いていて楽しい

坂本真綾「Lucy」

声優としてエヴァンゲリオンの真希波マリイラストリアスなどを声を担当しつつ、歌手としても活動している坂本真綾さんがちょうど二十歳の時にリリースしたアルバムです。
作曲/プロデュースは全曲菅野よう子さんで、コンセプトはトッド・ラングレンやELO等のビートルズ・フォロワー的なアプローチをJポップ的のフォーマットで演ったらどうなるか、というもの。
とにかくポップで、洋楽の好きな人にこそ聴いて欲しい名盤です。
坂本真綾の全楽曲の中でも最もファンの人気が高い曲「マメシバ」が収録されています。
とにかく爽やかでみずみずしい。聴いていて元気になれる曲です!
坂本真綾は自分で作詞もする人ですが、彼女の書いた詞の中でも最も彼女らしさを感じる(他の人には書けない)「アルカロイド」。
恋人との待ち合わせ場所に向かう途中の女子の胸のトキメキやワクワク感をこんなにも素敵な歌詞に昇華できるのは素直にすごいです。

坂本真綾のボーカルが、一番素直にのびのびとまっすぐに歌を歌っていた時期の作品でもあります。
この次のアルバム『少年アリス』以降はミュージカル『レ・ミゼラブル』に出演した影響からか、それまでにはなかったクセや気負いが歌に出てしまっています。
この時点ではまだそれがなく、バックの演奏もいい意味でリラックスして風通しの良さが感じられる音を鳴らしています。

「マメシバ」が収録。爽やかでみずみずしく聴いていて元気になれる曲。
最も彼女らしさを感じる(他の人には書けない)「アルカロイド」。
3.坂本真綾のボーカルが、一番素直にのびのびとまっすぐに歌を歌っていた時期の作品。

安室奈美恵 / ALL TIME BEST ALBUM「Finally」通常版

安室奈美恵最後のアルバムです。
デビューシングルから最新の曲が入っており、最後の記念だと思い購入を決めました。
昔よくカラオケで歌った曲もたくさん入っていて車で口ずさみながら運転しています。
とくにSWEET 19 BLUESが大好きで思わず昔を思いだし涙するほどです。
他にもたくさんの安室ちゃんの代表曲が入っておりとってもお気に入りです。

・昔を思いだして泣ける。
・昔の曲は今聞いてもカッコいいです。
・たくさんの安室奈美恵を代表する曲がたくさん入っていてすごいお得!

[Alexandros] 「EXIST!」

ドラマや映画などタイアップ曲が多数収録されているので、バンドを知らない人でもどこかで1度は聴いたことがありすんなり聴くことが出来ます。
また、ドライブシーンや、イベントシーンなど色んなシーンを問わず聴ける1枚です。

誰もが1度は聴いたことがあり聞き馴染みがある
色んなシーンに問わず聴ける
ジャケットがオシャレ

HY 「LOVERS BEST」

過去の恋愛をすべて鮮明に思い出させてくれるアルバムです。
片思いをしているあの時の感情がよみがえり、両思いになったときの感覚や別れになってしまった後まですべてを一枚で楽しめる作品だと思います。
自分は一人で考えたいときによく聴きます。

幸せなときに
寂しい時に
泣きたい時に

嵐「untitled」通常版

18曲(そのうちDisk2はボーナストラックで通常版のみ)あるCDです。
特にオススメな曲は、約13分という長さがあるSong for youとDisk2に収録されている5曲がオススメです。
その理由はそれぞれ新しい挑戦をしているからです。
Song for youは嵐初の組曲に挑戦し、Disk2に収録されているUB、夜の影、バズりNIGHTはそれぞれユニット曲でこちらも新しい挑戦をしています。
今年はソロ曲はありませんが、新しい挑戦をしている嵐を聞ける新鮮なアルバムです。

1.通常版はボーナストラック付である
2.ソロ曲はないがUB、夜の影、バズりNIGHTというユニット曲がオススメである
3.嵐が新しいことに挑戦している曲である

川本真琴 「ふとしたことです」

川本真琴さんのデビューから最新シングルまでのセルフカバー盤で、ピアノアレンジとなっています。
どの曲もオリジナルとは違った印象になっており、過去のアルバムに収録されなかった曲も入っています。
新曲も1曲入っています。

川本真琴の新旧の曲を集めたセルフカバーアルバム
新曲「ふとしたことです」収録
ピアノメインの演奏

原田知世 「I could be free」

原田知世さんが、時をかける少女の主演女優、プラス主題歌を歌っていたことを知っていても、97年にあったデッサンというドラマの主題歌を聞いた時、新鮮な驚きを感じました。
こんな歌い方をする人だったっけ?と。
彼女に興味を惹かれ、購入したのがこのアルバムです。
耳に馴染むホッとする優しい歌声。
あの当時、繰り返し繰り返し聞いた思い出の一枚です。

・原田知世さんを知ってる人も知らない人も新鮮だと思う。
・独特な歌い方、可愛く優しい声にホッとする
・原田知世さんの魅力が詰まっている。

a flood of circle 「FUCK FOREVER」

タイトルから挑戦的なところです。
同名の曲がありますが世界の理不尽さに中指と腹を立てながらも決して傍観者ではないスタンスに好感が持てます。
自分は自分でしかない。
という部分に勇気をもらえます。
トラック2のなかで偉大なミュージャンの名前や反戦を匂わす歌詞があります。
良いものを積極的に取り入れていく姿勢と、音楽という手段で自分の主張を叫んでいる格好良さに痺れます。

・思っていても言えないことをハッキリ代弁してくれる歌詞
・挑戦的な歌詞でありながら大切な事も伝えてくれる
・良質なブルース

ONE OK ROCK 「Ambitions」【通常盤】

英語と日本語のコラボ楽曲がなかなか素晴らしかった。
収録曲には、NTTドコモのCMソング「Always coming back」と映画「ミュージアム」主題歌の「Taking Off」などが入っており、バンドの事は知らないという人でも1度は耳にしている曲のため、馴染みがいい。
そして、ジャケットが黄色で文字が黒の簡単なものだが存在感があり、カッコイイ。

英語歌唱力の凄さ。のびのある歌声が最高。
映画やCMでタイアップされた曲が収録されていて、聞きやすい
ジャケットがカッコイイ

FUNKIST 「BORDERLESS」

心が明るく、前向きになる曲ばかりです。
戦いに向かう時も、戦いに疲れた時にも。
迷った時にも、突き進みたい時にも。
どんな状況にもグッとくる曲ばかり。
歌詞の1つ1つに共感したり、大事な事に気付かされたりする、聴く人に寄り添ってくれるアルバムです。

熱い気持ちになれる
これでいいんだと自分を信じられる
人に暖かい気持ちを持てる

RADWIMPS 「RADWIMPS4~おかずのごはん~」

RADWIMPSといえばこのアルバム!2006年12月6日にリリースされ、当時は毎日聞いていました。
「有心論」を聴いたときは衝撃的だったのと、聞き込んでいくうちにRADWIMPSの世界にのめり込んでいきました。
他にも、「いいんですか?」という曲は心があたたまります。
はちゃめちゃ感と、歌詞のぶちまけている感じが大好きです。
映画にも起用された「前前前世」という歌で知名度は一気にあがりましたが、是非それ以前のRADWIMPSも聞いてみてください!様々な音楽の表現がきっと楽しませてくれます!

・有名になる以前のRADWIMPSの曲にも、面白さがふんだんに詰まっている。
・恋愛で悩んでいたり、ロックですっきりな気分になりたい方おすすめ。
・RADWIMPSの音楽の表現の奥深さを感じられる。