読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

マーケティング初心者におすすめの基礎が詰まった入門向けの本を紹介する。webビジネスをやる人にも必見!

おすすめの本 ライフハック

f:id:tennensui-77:20170401142258j:plain

market


現在、マーケティングは様々な場面でその役割を担っていると言えます。
例えば企業では市場という大空を運転する中で、適切な道を示すパイロットの役割を持っています。


マーケティングを知らずにビジネスをすることはパイロットなしで大空を運転することに等しい行為です。
ではこのパイロットの役割であるマーケティングの知識はどこで手に入れたら良いのでしょうか?

優良企業ですと、新人研修や企業内勉強会、セミナーなどで勉強する機会がありますが、
そのような優良企業はほとんどなく自分自身で勉強しなければならないというのが現状です。

では「自分は優良企業ではないので、マーケティングを学ばなくて良いか?」というそうではありません。
先ほど申し上げたようにマーケティングはパイロットです。



パイロットが道を誤ってしまった時、それを修正する者がいなければ企業の存続は危ぶまれます。

そんな時に必要なのがマーケティングの専門書です。
マーケティングの専門書を読むことで、企業の方向性、舵取りの役割など、重要な部分をしっかり学ぶことができます。
一つ問題があるとすれば、今現在、マーケティングの本が溢れかえっていることです。
本屋に立ち寄ればマーケティングの本だけで数百冊もあります。
特にマーケティング初心者の方にとっては、数百冊のマーケティング本を目の前にしても何を読んで良いかわからないと思います。

そこで、今回企業のマーケティング部門で実務経験のある僕がおすすめするマーケティング本を厳選してみました。
初心者の方にもマーケティング経験者にも「これだけは読んでおけ!」という本を厳選させて頂きました。
ではさっそくおすすめのマーケティング本をご紹介させて頂きます。

もちろんwebマーケティングをやる人にも必見です!!


シュガーマンのマーケティング成功事例大全

通販販売におけるマーケティングのプロフェッショナルであるジョセフ・シュガーマンのノウハウの詰まった本。
以前アメリカの副大統領まで上りつめたゴア氏も大絶賛した人物です。
通販販売の人はもちろんのこと、それ以外の業界の人でもマーケティングにおけるプロモーション戦略を基本から知ることができます。

ジョセフシュガーマンは全盛期は1970年代ですが、現代の今見ても目から鱗のノウハウばかりです。

アテンション

この本は良い商品を作るのは前提として、いかにその良い商品を注目させるかということに焦点を当てた本です。
決して炎上マーケティングに頼ることなく、正攻法でのプロモーション戦略は必読すべき内容です。

プロジェクト・デザイン・パターン

プロモーション戦略といったマーケティング分野ではなくクリエイター向けのマーケティング本です。
主に良い商品を生み出すためのプロデュース的な部分について書かれています。
企画、プロデュースに関わる実践的なノウハウを32個のポイントに絞った1冊になっています。

脳科学マーケティング100の心理技術

脳科学という分野からのアプローチをしたマーケティング本です。
著者であるロジャー・ドゥーリー氏は元々IT企業に勤めていた方で、仕事の傍ら脳科学に興味を持ち、
脳科学とマーケティングを合わせたものである「ニューロマーケティング」提唱しています。
脳科学の本というよりかは脳科学を用いた実践的なマーケティング本です。

コトラーのマーケティング・コンセプト

コトラーの本は分厚いという印象が多い方もいらっしゃるでしょうが、この本はコトラー本の中でも2番目に薄い本です。
幅広いマーケティング分野について包括的に書かれており、まさに初心者向けで、基本に忠実な内容になっています。
ある程度マーケターをやっている方ならリファレンス的に使っても良い本です。



ハイパワーマーケティング

アメリカで最も著名で実力のあるジェイ・エイブラハムが実践的なマーケティングノウハウを紹介してくれています。
日本のプロのマーケターの間でも本当によく読まれている本です。
卓越の戦略やリスク・リバーサルなど初心者のみならずプロのマーケターにもおすすめの1冊です。

ドリルを売るには穴を売れ

マーケティングの根源的な部分であるモノ売りをテーマにした本です。
「ドリルを売るには穴を売れ」というタイトルですが、これは顧客にとっての価値とは何かを考えなければならないということです。
マーケティングの基本中の基本に焦点を当てつつ真髄に迫ります。

実戦マーケティング戦略

この本ではマーケティング戦略を数値によるデータで検証し、そのデータに元にマーケティングの戦略を立てる方法を紹介しています。
具体的にはMBAマーケティングや戦略ピラミッドなどを紹介しています。


いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

コンテンツマーケティングについて詳しく書かれています。
「コンテンツマーケティングって何?」という根本的な部分から解説してくれているので、
コンテンツマーケティングの初心者でもバッチリ学べます。
すでにwebマーケターとして活躍している方でも新しい気づきや知識が必ず身につく本なので入門者からプロの方までおすすめできる1冊です。



実践ペルソナ・マーケティング 製品・サービス開発の新しい常識

人、対象に特化したマーケティングであるペルソナマーケティングについて書いてあります。
ペルソナマーケティングが分からない人でも具体的な事例に基づいて解説されているので、
初心者や入門者でもとっつきやすい内容になっています。



いちばんやさしいグロースハックの教本

この本はグロースハックとは何か?について概要や事例を踏まえて解説してくれる本です。
商品開発とマーケティングをあえて一緒の視点でみるグロースハックという役割、またグロースハッカーがとるべき
行動などを具体例を用いて説明してくれています。

マーケターはもちろんエンジニアにも読んでほしい1冊です。

顧客の「本音」がわかる9つの質問

マーケティングにおいて最も重要な分野の一つであり「調査」に重きを置いた本です。
自分の思い通りに製品が売れるにはどういった戦略をとれば良いのか?
そのノウハウがかなり詰め込まれた1冊です。

マーケティングの初心者にもおすすめですが、仕事でマーケティングに携わった方ならマーケティング能力を飛躍させる本になること間違いなしです。

シュガーマンのマーケティング30の法則

ジョセフ・シュガーマンによる顧客の心理をどのようにすれば鷲掴みにできるかという視点で30個のポイントにまとめた本です。
著者自身の実体験を踏まえて解説される顧客心理の読み解きは非常に明快でダイレクトマーケティングの真髄が分かります。
マーケティング初心者にもプロのマーケターにもおすすめの1冊です。

口コミ伝染病

商品のヒットのきっかけとして最も効果的なのが口コミです。
本書はその口コミをどのようにコントロールすべきかが書かれています。
口コミを生み出すコツというのはマーケターならぜひ押さえておきたい知識なのでおすすめの1冊です。

超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」

この本はマーケティングにおける基本的な内容が全て包括的に含まれています。
まさにマーケティング初心者がこれからマーケティングを学ぶ上で必須の内容が含まれている良書です。

「4pって何?」「3cって何?」といった基本的なマーケティング用語から場合別に学べる実践的な内容までこれ1冊でマーケティングを幅広く学べます。
685ページという大容量です。


「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」

これは筆者のが大学生の時に、教授に勧められた本です。
マーケティングにおける会計学についてとても詳しく書かれています。
TOCによるスループット会計、ボトルネックの概念など、マーケティングに身をひそめる影についてズバッと書いてくれています。
コンサル業務をしている公認会計士の友達もおすすめしている超実践的な優良本です。

商品を売るな

現在最も注目が集まっている「コンテンツマーケティング」についての本です。
「コンテンツって何?」という方向けに書かれた本で内容も易しく、入門者の方でもすんなり入っていける内容です。
普通に広告を打ったりするのではなく顧客の方から来てもらえるようにするという狙いのコンテンツマーケティング。
広告に予算をあまりとりたくない方や広告の費用対効果が悪いという方必見の内容です。

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

ブログやwebサイト、ecサイトなどのオンラインコンテンツを作っている方にはぜひ読んでほしい1冊です。
どうすればたくさんの「シェア」や「いいね!」「リツイート」などをしてもらえるのでしょうか。
本書はそんな悩みを解決する具体的なアプローチが書いてあります。

現在ブログをやっていてpvが伸び悩んでいる人やオウンドメディアの運営に上手くいかないという人におすすめの1冊です。

外資系コンサルが実践する資料作成の基本

マーケティングの本というよりかはエクセルやパワーポイントによる図示など資料作成に特化した本です。
どういう資料を作ればクライアントとの商談で納得させることができるのか?
どういう意図でそもそも作れば良いのか?
マーケティングにいくら詳しくても正しい資料を作れなければ何も始まりません。

異業種に学ぶビジネスモデル

成功したビジネスモデルの成功事例がから成功の共通因数を導き出し、実践に活かしていくという本です。
一つにこだわらず、多種多様な異業種の成功例が紹介されていて、さらになぜ成功したのかというポイントが明快に書いてあるので、
非常に勉強になります。

視野が広くなるという意味でも非常におすすめの1冊です。

「空気」でお客様を動かす

空気を読むというのは会議やちょっとした雑談、クライアントとの大事な商談まであらゆる場面で必要なスキルです。
そして空気が読めるという前提のもと企画の成功や会議を円滑に持って行くというのはさらにレベルの高いスキルです。

そんな空気を読むだけではなく、空気を作るスキルがこの本には書いてあります。
成功の空気作りができてしまえば意外と物事はスムーズに行くものです。


図解マーケティングの教科書

「字面だけでマーケティングを学ぶのは大変」
「仕事が忙しいから短い時間でマーケティング勉強したい!」

という方におすすめなのが本書です。

成功事例を図やデータなどで視覚的に分かりやすく表記してくれていれ頭にスッと入ります。
マーケティング入門者でも理解がしやすいのでおすすめです。

ただ、顧客のために考えなさい

マーケティングにおけるテクニック的な部分も非常に大事な要素ですが、
この本は同じぐらい大事な要素である「顧客に対する姿勢」について書かれています。

プルデンシャル生命保険の営業力は「人とのつながり」を大事にした姿勢からきています。
やはり基本となる顧客に対する姿勢がガッチリしてこそのマーケティングだなと感じます。

グロービスMBAマーケティング


この本はもう既に、マーケターとしてベテランになっているが、基礎からもう一度学び直したいという方や、マーケティング初心者で1から学びたいという人におすすめの本です。

新しい事例やマーケティングの最も基本ともいえるブランド戦略など教科書のように分かりやすく記されています。
手元に置いておいて困った時に読み返したくなる1冊です。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義


現在では多くの企業がオウンドメディアやコーポレートサイト、企業公式Twitterアカウントなどを持つようになりました。
Webマーケティングの知識は今や必須スキルといっても過言ではありません。

本書ではSNSの効果的な使い方、アクセス解析の方法SEOで上位にあげるにはどうすればよいか?
といった具体的な悩みをゼロベースで教えてくれます。

web担当者ではない方も知識として知っておくべき1冊です。


いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

この本はブランディング戦略について詳しく書かれています。
「ブランディングって何?マーケティングって何?」
という問いに対して、具体的な事例を積み上げて明確な答えを用意してくれています。
初心者の方には少し難しい内容ですが、何度も読み返すことで血肉になります。

白いネコは何をくれた?

ストーリー形式でマーケティングが学べる本です。
主人公のサラリーマンがボロという不思議な猫と出会い、マーケティングを用いて人生を良い方向に導こうとする作品です。
人生レベルでマーケティングって使えるんだなあと思わせてくれる本です。

影響力の武器

弱みを突く戦略を本質的に捉えた本書です。
顧客の心理を捉えて、いかにその心理をついて承認させるのか、売り込みを仕掛けていくのか?
マーケターは必読の本です。

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

今でこそ人気のテーマパークとなっているUSJ、しかし、どのようなプロセスを経てどん底から這い上がったのか?
USJの売り上げを劇的に飛躍させた2人の人物の共著です。

確率をテーマにしたマーケティング戦略について数式を用いながら丁寧に解説してくれています。


最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書

マーケティングの中でもwebマーケティングについて詳しく書かれている本です。
具体的な例を元に、まずwebマーケターは何をすべきなのかを教えてくれる本。
seoがさっぱり分からないという方には必読の1冊です。

ダン・S・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

米国で有名なマーケターであるダン・ケネディ氏によるマーケティング初心者に向けた本。
大企業というより、中小企業がどういうプロセスで顧客を手に入れれば良いか、
リピーターの増やし方などを明確な例で示してくれます。

マーケターだけではなく、経営者にも読んでほしい1冊です。

まとめ

いかがでしたでしょうか!
今回取り上げさせて頂いた本はマーケター向けの方はもちろんのこと、マーケティング初心者や入門者の方にもおすすめできる本を厳選してご紹介させて頂きました。

webマーケティングやグロースハックなど新しいマーケティング分野の本もご紹介させて頂いたので、ぜひ幅広く読んで、変化に対応できるマーケティングスキルをつけてください!

今回のおすすめマーケティング本があなたの活路を見いだすきっかけとなればうれしい限りです。

もし、

「マーケティングの本を読むのにまだ基礎が足りないかもしれない、、」

という方はやさしいビジネス書や読みやすい新書などから読んでいても良いかもしれません。