読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

おすすめの大人向け図鑑ランキング・恐竜や美しい元素まで

おすすめの本 写真集

f:id:tennensui-77:20170401140815j:plain

大人も楽しめる様々な種類の図鑑を紹介させて頂きます。
図鑑というと小学館のneoシリーズや学研の図鑑シリーズなど、
子供向けの動物図鑑や恐竜図鑑、魚の図鑑などをイメージしがちですが、
図鑑は大人でも十分楽しめるものです。

これまでの図鑑へのイメージを覆すマニアックな内容をまとめた図鑑や、
同じ恐竜や動物を扱った図鑑でも、
斬新な視点により新鮮さを感じながら読むことが出来るものもあります。

今回はそんな大人が大いに楽しめる色々な図鑑をまとめてみました。


20位 世界の自動車大図鑑(DKブックシリーズ) / ワイバーン / ネコ・パブリッシング

地球で初めて誕生した自動車から現代のスーパーカーにいたるまで、
古今東西の様々な自動車を1000台以上に渡り解説した図鑑です。

また、車種からエンジン、メーカーなどにまで触れ、
ボリューム満点で車の歴史を感じることができる一冊です。

19位 原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録 / 加藤庸二 / 新星出版社

日本にある無数の島についての図鑑。

比較的メジャーな島からこの本を読むまで存在すら知らなかったような島まで、
各種データや豊富な写真と共に詳しい解説がされています。

18位 世界で一番美しい犬の図鑑 / タムシン・ピッケラル、アストリッド・ハリソン、岩井木綿子 / エクスナレッジ

80種類以上の犬種を鮮やかな写真と詳細な解説で構成された図鑑です。
秋田犬、フレンチ・ブルドッグ、ダックスフントなどの
様々な種類の犬について、
その成り立ちや古来からの人間との関わりなどについて書かれています。

17位 哲学大図鑑 / ウィル・バッキンガム、小須田健 / 三省堂

古くは紀元前700年から現代哲学までを取り扱った哲学に関する本です。
古今の著名な思想家たちを生まれた順に配列し、編年史スタイルをとった哲学図鑑であり、
100を超える哲学理論を簡潔に解説しています。

16位 フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来 / 大森由紀子 / 世界文化社

本書はお菓子のレシピ本ではなく、
フランスの代表的なお菓子を100種類以上に渡って
その由来、歴史、解説などが非常に詳細に語られます。
ある種類のお菓子が誕生するにあたってどのような時代背景があったのか、
当時のキリスト教会に事情など、様々な側面にも触れつつ、
美しく美味しそうなお菓子の写真も多く収録されています。

15位 絶滅した奇妙な動物 / 川崎悟司 / ブックマン社

全てのページで圧倒的なインパクトを誇るトンデモ生物が解説されます。
うずまき状の触手のような全身の「エオアンドロメダ」、
5つの目を持つ「オパビニア」など
なにがなんだかさっぱりわからない生き物たちが紹介された濃すぎる1冊。

14位 DVD付 昆虫(講談社の動く図鑑MOVE) / 養老孟司 / 講談社

インパクトを大事にしたビジュアルで好評の「動く図鑑」シリーズで昆虫を扱ったのが本書。
付属のDVDは最早これがメインコンテンツでは?というボリュームたっぷりの69分。
「NHKスペシャル」「ダーウィンが来た」などを制作してきたNHKエンタープライズとの共同制作によるDVDは、
単調な説明等を極力排したという映像により、子供はもちろん大人も夢中になってしまいます。

13位 切り身の図鑑(2) 肉 / こどもくらぶ / 星の環会

私たちが普段なにげなく食べているお肉。
その肉がどの部位なのか、他にどんな種類の肉があってどんな名前なのか、など
牛肉、豚肉、鶏肉、ウサギ肉、猪肉など様々な種類の肉を解説した図鑑です。
味や脂の量、調理の例などまで詳しく書かれていて、
一度読めば気分は肉屋です。

12位 醤油鯛 / 沢田 佳久 / アストラ

世にも珍しい「醤油入れ」を集めた本です。
駅弁などに付いてくる、魚の形をした入れ物「魚型たれびん」を
昆虫学者の著者が25年以上に渡り収集、系統分類学を駆使し6科21属76種に分類、
図鑑のようにまとめたものが本書です。

11位 すし手帳 / 坂本一男 / 東京書籍

食べたり名前を知っているお寿司のネタはあっても、
もともとの素材の魚や旬、産地まではあまり知らないという方は多いのではないでしょうか?
この本では丁寧に撮影された握りの写真、素材の魚に関する解説や知識、
旬、主な産地、英語名など、寿司に関するあらゆるデータが詰まっています。

10位 世界一美しい団地図鑑 / 内田青蔵、志岐祐一 /エクスナレッジ

団地の歴史と18種類の傑作団地を解説した団地図鑑です。
著者はUR都市機構の集合住宅歴史館をつくった経験もあり、
各団地におけるデザインコンセプト、開発の経緯といった面にまで触れ
時代によって移りゆく住棟や住戸のタイプや国内外の団地の歴史、
団地を構成する様々な部位の名前など、豊富な知識が盛り込まれています。
配置図と間取り図も掲載し、圧倒的な情報量の大図鑑と言えるでしょう。

9位 サイエンス大図鑑【コンパクト版】/ アダム・ハート=デイヴィス、日暮雅通 / 河出書房新社

科学に関するありとあらゆる分野を総合的にまとめた図鑑です。
写真や図説なども豊富で、興味をひかれるような構成のため、
理系の知識をあまり持っていなくとも楽しめる一冊だと言えるでしょう。
昔の時代から現代までの主要な科学者を250人以上、
約700項目超の科学用語の解説、
2500項目以上の索引項目数と、ボリュームも満点です。

8位 世界で一番美しい元素図鑑 / セオドア・グレイ、若林文高、ニック・マン、武井摩利 / 創元社

TV番組「マツコの知らない世界」でも紹介された美しすぎる元素の図鑑。
表紙からして興味をそそられる金属の光沢を放つ物体や、
一体なんだかさっぱりだけど綺麗に光り輝く何かの写真に彩られています。
中身の方は、全ての元素の純粋状態に加え、日常生活で見かける化合物や応用といった
代表例も美麗な写真で紹介されています。
眺めているだけでため息が出てしまいそうな元素の写真に夢中になってしまいます。

7位 世界の美しいサメ図鑑 / 仲谷一宏 / 宝島社

一見恐ろしく、獰猛そうなイメージの生き物・サメ。
この図鑑では美しさすら感じさせるサメの写真と共に、
豊富な解説やコラムも充実しており、一度読めばそんなイメージを覆すことでしょう。
63種ものサメを解説し、巻末にはサメの分類表まで。
サメ好きにはたまらない図鑑です。

6位 価値がわかる 宝石図鑑 / 諏訪恭一 / ナツメ社

宝石類の見方、価値、選び方が一目でわかるように解説された図鑑です。
収録内容は膨大な量に及び、撮りおろし写真は1000点を超え、
163種の宝石、82の鉱物種、有機物を美しい写真と合わせて解説しています。
宝石の価値はどのように決まるのか、産地や処理の有無でどう変わるのか、
などなかなか知る機会のない宝石に関する解説は非常に新鮮です。

5位 くらべる図鑑(小学館の図鑑 NEO+ぷらす) / 渡部潤一、加藤由子、中村尚 / 小学館

生き物の大きさ、体重などを身近なものなどと比べることをテーマとした図鑑です。
実際に見てみると、
「ペンギンでかっ!!夜枕元に立ってたら怖いなんてもんじゃない…」
「カツオこんなに大きいのか…海中でばったり出会ったら失神するレベル」
「そりゃこんな大きさのティラノサウルスがいたらジュラシックパークみたいになりますわ」
という驚きと発見の連続です。
大人が読んでも十分満足できる素晴らしい視点で書かれた図鑑だと思います。

4位 おじさん図鑑 / なかむらるみ / 小学館

まずは読んでみて欲しい度で言えば最強の図鑑です。
よくもこんな図鑑を思いついたものだと素直に尊敬しました。
驚くべき内容はというと「普通のスーツのおじさん」
「缶ビール・チューハイおじさん」「ユニークなヘアスタイルのおじさん」
「スポーティなおじさん」「趣味を極めるおじさん」
など、濃すぎるマニアックな図鑑です。
読んでいて笑いが止まらない図鑑というのも初めての経験でした。

3位 冒険図鑑―野外で生活するために(Do!図鑑シリーズ) / さとうち藍、松岡達英 / 福音館書店

1985年に出版され、30年以上にわたり親しまれてきた野外活動のバイブルです。
ふりがなが振られ子供も読める内容ではありますが、
「外で米を炊く」「寝床をつくる」「地図の活用法」「天気の予測」
「魚の調理」「かまどの種類」「役立つ持ち物」など、
正直下手なサバイバル本より役に立ちそうな内容が凄まじいボリュームでまとめられています。

2位 街角図鑑 / 三土たつお / 実業之日本社

普段街角で目にしているパイロン(三角コーン)、マンホール、送水口、信号機などから、
海辺にたくさんあるアレ(消波ブロック)まで、
様々なものの名前、種類、目的などについて詳しく書かれた図鑑です。
「こんな名前だったのか!」
「こんなに種類があったのか!」
と驚きと発見に満ちた楽しい一冊。

1位 図解!! やりかた大百科 -役にたつ(かもしれない)438の豆知識。 / デレク・ファーガストローム、ローレン・スミス、ショー・ミー・チーム、和田侑子 / パイインターナショナル

ありとあらゆる「やり方」を集めた大百科です。
表紙の時点で
「モヒカンにするには」
「恋人の肩にさりげなく腕をまわすには」
「ズボンを浮きにするには」
「首を絞められそうになったら」
と興味を引かれるイラストが描かれていますが、
それがなんと438種類も紹介されているのです。
他にも
「レコードでおしゃれな器をつくるには」
「サメの攻撃をかわすには」
「ゾンビになりきるには」
「鎖かたびらをつくるには」
など、実用的なものから完全に悪ふざけなものまで
ボリュームたっぷりで大満足できることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
一昔前の、「図鑑と言えば堅苦しい、小難しくて読みづらい」というイメージは
今、様々な種類の図鑑の登場によって過去のものになっています。
もちろん、お子様のおられる方はお子様と一緒に読むことも、
一人でじっくり楽しむことも出来るのが図鑑のいいところです。