読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【厳選】最高に面白いおすすめの歴史漫画を紹介する。日本史好きや世界史マニア!受験生も集まれ!!

漫画 おすすめの本

f:id:tennensui-77:20170401151729j:plain

歴史漫画って読むとその時代について詳しくなったり、興味を持つきっかけになりますよね。
中にはマンガとは思えないほどの重厚なストーリーで読むだけで受験勉強になるほどのものまであります。

でも、歴史漫画の魅力って役に立つとかそういう部分もあるかと思いますが、純粋にめちゃくちゃ面白いんですよ!
実在した人物が登場したり、実際に今もある建造物などが出て来るので多分ストーリーがリアルに感じるからだと思います。

今回はランキング形式ではなく、純粋に珠玉の歴史漫画をご紹介させて頂きます。

また、「無料で漫画を楽しみたい!」という方は漫画アプリが超おすすめです!!



では、好きな時代にタイムスリップしてください!!

おすすめ中国史(主に三国志)漫画

孔明のヨメ。

日本で知らない人は相違ないであろう古代中国三国時代の諸葛亮とその周りの人、特に孔明の妻の黄月英を中心にラブコメのような展開が広がります。
これがまあ癒されます。知的で可愛い月英さんにほのぼの。

その上当時の後漢帝国の文化や日常生活を大まかですが知ることができる非常にいい作品です。
諸葛亮の人物像を元にちょっと抜けてる所や、抜け目のない非常に怖い一面も見せる亮さんに負けじと劣らない月英さんのストーリーは見ているだけで笑顔になれます。勿論、時代が時代なのでちょっとシリアスな場面がありますがそれも物語としては上げ下げであり、楽しめます。

また孔明とは離れた当時の曹操陣営の実情も楽しみながら学べます。基本的にほのぼのストーリーなので歴史好きで癒されたい人にはお勧めします。

蒼天航路

時代背景に関しては、中国の三国志の時代。従来と異なる点に関しては、劉備が主人公。
曹操が悪役という構図ではなく、曹操が主人公として描かれている点です。
戦闘時の描写に関しても臨場感があり、それだけでも漫画として大変楽しめます。
一方で、戦闘以外にも曹操の青年期や政治に関する領域にも踏み込んでおり、従来の三国志漫画とは、一線を画す内容です。

又、董卓や呂布といった悪役に関しても魅力的に描かれており、党作品ではわき役として描かれている劉備をはじめとする登場人物が夫々の個性が作品を通して大変効果的に機能しています。
私自身、従来の三国志を読んでいたにも関わらず、当作品を通して、初めて認識した登場人物も多数存在します。

諸葛孔明 時の地平線

諸葛孔明というと義に厚く知力にたけた天才軍師として周りを圧倒したというストーリーの作品が多いかと思いますが、この作品の孔明は全く違います。
学問が好きで知力にたけてはいますが、本質は戦火で大切なものを奪われたことが忘れられず泣き続けている子供なのです。

軍師となったのも自分の才覚を試したいからではなく、むしろ劉備がそう育てようと望んだため。
行動理念は戦に勝ち蜀の国を広げることではなく、犠牲になって死んでいく者のない世界を創る事なのです。

ですから自分の身を犠牲にしても戦を避けようとしたり、心ならずも戦が起こってしまうと、敵味方に係わらず死者が出たと言って食事も受け付けなくなってしまいます。
けれどもたった一人の名もなき兵士でも家族があり、その人を思って泣く人がいるのだと言う孔明はとても人間的で逆にリアリティを感じました。特に好きなのはラストシーンで、五丈原の五度目の戦いで死を悟った孔明がこっそりと最大のライバル司馬仲達を呼び後事を託すところです。

「無血で国が統一されるのならどの王朝でも構わない。大切なのは民の安全だから」という孔明のセリフがとても印象的で、胸に迫るものがありました。羽扇ひとつで戦局を覆す孔明も確かに格好いいですが、自分の持っている知識を常に民衆のために使おうともがき続けた孔明というのも斬新で面白いと思います。ぜひ一度読んでみてください。

ビン 孫子異伝

兵法なんて全然興味ありませんから~と思っていたけれど、孫子といわれる軍神は二人いたという設定。
その一人、孫ビンがまたストップひばり君張りの女の子みたいな男の子という風貌なのが面白い。

罪人のしるしを顔に刻印され、おまけに膝の皿をくりぬかれていて歩けず、付き人にいつも車で運んでもらっている。
どうやってそれで軍師?と首をかしげながら読んでいたら、もう前のめりではまってました。
孫ビンは強くて優しくてかっこよくて時代背景と成長してきた過程が相まってものすごく泣けて笑えて感動するストーリーなのです。

戦争は人殺し、兵法をひっさげて先頭に立つビンは自分を人殺しとし、いつも苦しんでいる。
血を流さずにいかに戦うか?孫ビンの仲間たちもとても魅力的で、それぞれの出会いのストーリーも楽しめます。

キングダム

「どんどん出世していく主人公の勢いが凄いです」とにかくこの漫画は主人公が戦で身を立てる、そのサクセスストーリーのテンポと勢いが良く、まさにこれが”成り上がり”っていうものを感じさせてくれます。

主人公の信が 伍兵→伍長→百人将とどんどん出世していくのは、男であれば誰でも興奮してしまうような成り上がりの展開で、さらにその主人公の勢い任せの性格がストーリーのテンポを加速させてくれるようなアツさがありますね。

主人公の”成り上がり”もそうなんですが、サブキャラ達の”成り上がり”も目が離せない部分でもあります。時代背景や歴史の部分での面白さもさることながら、まずは「勢い」で読むことを強くオススメします。
とにかく勢いよく読むことがこのサクセスストーリーをより面白く読むポイントだと思いますよ。

おすすめ世界史漫画

ベルサイユのばら

これぞ少女漫画!!というような、可愛いお姫様とドレス、イケメン達が出てくる漫画です。
フランス革命前後のフランスを舞台としていて、マリーアントワネットの時代の、フランス貴族の華やかな暮らしを垣間見ることができます。古い漫画ですが、登場人物が多いので、読む度に違う人物に感情移入したりして何度読んでも面白いです。

華やかで贅沢三昧のように思えるフランス王妃の孤独や、宮廷での疎外感、しきたりに縛られた生活なども含め王妃の生涯が細かく描かれています。
女の子なら誰でも憧れるお姫様も、実際は一人の人間であって、様々な悩みや葛藤を抱えていたり、素敵な男性と恋に落ち一喜一憂したりと、共感できる部分もたくさんあります。
フランス革命に関係する実在の人物も数多く登場するので、歴史の勉強にもなりオススメです。

王家の紋章

実際に行ったことはありませんが私はこの漫画を読んで、エジプトのナイル川に神秘的で特別な気持ちを持つようになりました。というのもナイル川が現代と古代のエジプトを行き来するワープの役割を果たすからです。
古代エジプトの王たちがとても格好良く書かれていて少女の恋と自分を重ねて没頭して読みすすめてしまいます。

それが、メンフィス王とキャロル少女であり、キャロルは多くの人から愛されさらわれたり、こんなにもててうらやましいと思いつつも歴史が変わるような事件にはらはらしたり。
古いタッチの漫画ですが、そこが物語をぐっと引き込んでくれています。
長編で40年続いているとは、本当に多くの人から深く愛されている証拠だと思います。

アドルフに告ぐ

ホロコーストという重いテーマを扱っていますが、さすが手塚治虫と唸ってしまうくらい人物関係や伏線が緻密です。
最後まで一気に読み進めてしまいます。

アドルフ・ヒトラーは誰もが知る悪名高い歴史上の人物ですが、彼が実はユダヤ人という設定で話が進んでいきます。
ユダヤ人である証拠を巡って結局歴史の大きな流れは変えられないまま、それでも主な登場人物である、もう2人のアドルフという名の男性の生きざまが描かれています。

当時の特高警察の有り様、また実際に起こったゾルゲ事件、空襲、ユダヤ人虐殺など決して気軽には読める内容の漫画ではありませんが、平和について改めて考えさせられ印象に残っています。
また、どんなに個人が精一杯頑張っても、時代の流れに翻弄されるのが人生なのかと自分の人生についても改めて振り返ってしまいました。
今、自分はどのような時代に生きて人々は何に向かっているのだろうと。

天は赤い河のほとり

舞台は古代ヒッタイト帝国です。
ツタンカーメン王の時代に存在した現在のトルコに位置した帝国の物語です。
中学3年生だったユーリがヒッタイト帝国のナキア王妃に自分の息子を皇帝にすりために兄弟である兄たちを皆呪い殺すための生贄として現代からヒッタイト帝国に連れてこられるという話。

栄光のナポレオン エロイカ


フランスの英雄ナポレオンの生涯を描いた作品ですが、当時の複雑なフランスやヨーロッパの情勢をわかりやすく描き切っていて見事です。
全く歴史の知識のない方でも、壮麗な物語絵巻として楽しめるのではないかと思います。

ナポレオンや皇后ジョゼフィーヌ、タレイランやメッテルニヒなど、名前だけは知っているもののどんな活躍をしたのかも知らない登場人物たちが、その人となりを生き生きと描き出されていて本当にストーリーが良く頭に入ります。

ナポレオンの活躍した当時はフランス革命からそれほど時間のたっていないころで、フランス内部もヨーロッパも錯綜した政治情勢なのですが、その中でナポレオンがどう権力を勝ち取っていくのかがとても興味深いです。

そして、その後ヨーロッパを向こうに回して戦争をし、そのために栄光の頂点から徐々に転がり落ちていき、ついにロシア遠征の失敗で失脚する息詰まるような展開は、権勢というものをその身から剝がされていく人間の悲哀を見事に描き出していて恐ろしいほどです。

この作品を描いた池田理代子氏はご存知「ベルサイユのばら」の作者で、この作品にも「ベルサイユのばら」にも登場した架空の人物が出てきます。
一部「ベルサイユのばら」の続編のような感じにもなっていて、前作?を読んでいないと話が分からないところもありますが、大筋には影響がないので問題ないと思います。
錯綜した情勢の中でナポレオンが演じた役割、軍人としてだけでなく彼がフランスにもたらしたものの偉大さが本当によくわかる作品です。

女帝エカテリーナ

ロシアの血を一滴も持たず、美貌もない女性。
また、陰謀渦巻く宮廷内で、夫との間にあるはずの愛情すらない。そんな帝王の地位からは遠いはずのゾフィーが、知恵と努力で最後には広大なロシア帝国の女帝に上り詰めていきます。血筋だけで帝位につくのではなく、圧倒的な政治家としての器量が無能な夫との対比で余計に鮮明に描かれ、軍や民衆の人気を勝ち取っていく様だけみると女帝になって当然のようです。しかし、実際には本人の血の滲むような努力と才覚、そして運。全てがそろわないと実現できない、途方もない夢。

それを勝ち取っていくゾフィーの姿に感動しました。絵柄も美しく、ドレスなどため息がでます。
最後、愛を選ばず政治家として生きる道を選んだ彼女は、美しい恋人に囲まれながらもどこか王者の孤独を感じます。
一般的には評判の良くないエカテリーナⅡ世ですが、そんな彼女の素顔を描いた作品だと思います。

おすすめ日本史漫画

PEACE MAKER 鐵

新選組の話ですが、新選組というと「土方歳三」「沖田総司」「近藤勇」が主人公が多いですが、この作品は土方歳三の小姓「市村鉄之助」を主人公にした新選組の生きざまを描いている作品です。
おすすめは史実をしっかりと描きながらもオリジナルキャラを入れて世界観を大きくしたり鉄之助の成長と新選組の行く末を対比して描いているところです。
そしてやはり新選組の人気キャラが死んでしまう場面は避けては通れませんが絵が綺麗ですので涙なしには読めません。

また、戦の描き方にも迫力があるので戦闘シーンははらはらしながら読めます。
新選組の生きざまを漫画で読んでみたいと思いましたら是非、この漫画を読んでほしいです。新選組の活躍・衰退・別れが全てつまっています。

TENKAFUBU 信長

若い頃の織田信長が天下を統一に至るまでのエピソードを期待の新人漫画家であるながてゆかが描く斬新な歴史解釈のもとに描かれています。
織田信長は短気でケンカっぱやく気の強い性格になっています。
家臣団の柴田勝家や羽柴秀吉もなかなかの屈強なキャラクターになっています。

日出処の天子

日出処の天子は聖徳太子が主人公の歴史漫画です。
聖徳太子という人物自体が結構謎につつまれているので、作者独自の見解、想像が練りこまれています。
そこがおもしろいのですが、歴史に忠実な漫画な部類には入らないのかもしれません。
この漫画の中の聖徳太子は幼い頃からとんでもなく頭が良く、周囲の人々に可愛がられているのですが、そこで毛子という後続に使える有力者の息子と出会います。

毛子は聖徳太子の不思議な魅力に魅せられ、二人はどんどん親交を深めていくのですが、聖徳太子の毛子に対する思いは一般の友情を超えてしまいます。つまり、毛子に対し恋愛感情を抱くようになるのですが・・・。この二人と周りの人々をめぐる政治的、感情的な葛藤が主に描かれています。

一言で言えば歴史漫画+少女漫画というかんじの作品になっており、女性におすすめかもしれません。ちなみに基本的な歴史背景は忠実で、絵もとてもきれいなので読んでみる価値はかると思います。

センゴク

ヤングマガジンに掲載されていた、現在連載中の漫画で、主役は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ではなくこの3人に仕えた仙石権兵衛秀久と言う武将の物語です。
失敗と挽回の繰り返しをしながら、成長していく姿が特に魅力的なマンガだと思います。

絵も上手で、ストーリーも誰に仕えて、どこの戦いでどうなったか等、かなりわかりやすくて面白いです。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康みたいなありきたりな武将の漫画ではなく、家臣としての目線で描かれているので他にはあまり無い作品だと思います。
そのほかにもあまり聞いたことのない武将が出てきたりするので、その時代の英傑のもとで働いていた活躍ぶりもいろいろ楽しめます。

るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―

強くて優しいという主人公の性格が大好きです。
暗い過去を背負いながら強さをひけらかすこともせず人に優しい非常に魅力的な主人公であり読めば読むほどその人柄に惹きつけられます。

史実の時間軸に添いながら歴史上の人物も登場しつつオリジナル要素を含んでいて、もしかしたら表に出ることのない裏側ではこんな人物がこうして生きていて、所々に垣間見える一般の人々の暮らしがわかるところもあります。

脇を固めるキャラクターも魅力的で史実通りの人や関連付けてある設定など非常に面白いです。
どのキャラクターもうまく関連付けされている為、キャラクターとはいえ背後にある闇の部分や背負った過去の重さが想像しやすく歴史を調べたくなるような作品です。

月明星稀

新選組の結成前から虚実織り交ぜながら、シリアスに進んでいくところが良かったです。
新選組と土方歳三が好きなので、土方歳三が主人公ということもあり、箱館戦争まで描いてくれるかなと、毎回コミックスの発売を毎回楽しみにしていたのですが、なぜか途中で打ち切りになってしまったらしく、新選組の活躍はまだまだこれから、というところで終わってしまったので非常に残念です。

中途半端に切れて次が出ないというのではなく、明らかに最終回として「終わります」と伝えるラストだったので、アンケートの結果が良くなくて打ち切られたのかなと。
絵柄も物語も、男性が青年誌(少年誌?)に書いている作品としては綺麗でまとまっていて、土方歳三が男前に書かれていたので読みやすくて良かったです。

花の慶次

とにかく主人公・前田慶次の豪快さや情に熱く破天荒なところが魅力です。
戦国時代の武将・前田慶次の生き様が、隆慶一郎氏の魅力的な原作と「北斗の拳」の原 哲夫氏の圧倒的な画力で描かれます。

主人公・前田慶次のファッションにも注目ですが、「かぶき者」とは見た目の派手さだけではなく、己の信念の為に命を賭けて時には大切な人を守り悪と闘うヒーローですなので、勧善懲悪のヒーローものとしても気軽に楽しめます。

また、歴史好きな人は実際の史実に基づいたストーリーにニヤリとするでしょうし、武将好きな人は、実在したさまざまな武将が登場するので注目です。
「戦国BASARA」や「戦国無双」シリーズが好きな人にも是非読んでもらいたい作品です。

しのびがたき

忍者と侍という異色の組み合わせの漫画。
絵柄が綺麗なのはもちろんですが、キャラクター同士の掛け合いが非常に面白くて、話もすんなり入ってきます。
ストーリーもかなり作り込まれていて面白いです!

しかもこの漫画はマンガワンというアプリで無料で読むことが出来ます。
無料なのに品揃えが1番豊富な漫画アプリなのでとりあえずインストールしておいて損はありません。


マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料

posted with アプリーチ

雪花の虎

歴史が苦手な人でも分かりやすく、さらに苦手な人目線に合わせた解説漫画が所々に挟んであるところが読みやすくありがたかったです。
また、史実に基づいたものではなく諸説ある中の1つというところにあえてスポットライトを当てているのにも興味をそそられました。
今まで読んできた歴史漫画は史実に則って描かれたものがほとんどだったので、新鮮さに心踊りました。

東村アキコ先生のポップな話の進め方をそのままに、上杉謙信への敬意も忘れず、諸説とはいえ腑に落ちるようにまとめられてあるのには感嘆しかなかったです。
そして何より、女性の目線で描かれているので、戦国時代を題材としている漫画は男臭いという私の中の概念をいい意味で覆す漫画でした。

へうげもの

「諦めて生きのびる」、おそらくほとんどの人が選択してきたであろう夢や野心を捨てて穏やかに生きるということを、これ程に格好良く、深く描いたマンガが他にあるだろうか?頂点へ昇るには非情になりきらねばならない。
『戦国のラスボス』こと豊臣秀吉や『茶道の神』千利休を通して徹底的に描かれる欲と業。本能寺の変の黒幕を秀吉とする説は既存だが、さらに真の黒幕として千利休を配置する斬新な解釈。そのため結果はわかってるのにドキドキする。

通説に見る『偉人』などここにはいない。生の欲望がぶつかり合い、恩人さえも手にかけ、そして後悔する。

特に聖人化され過ぎるきらいがある千利休の人物解釈はうならされる。
徹底的な破壊者、欲望の権化、そして才能の化け物。そんな濃すぎる物語の中で、主人公・古田織部の顔芸が清涼剤となり、いつまでも読めてしまい何度も何度も読み返してしまう作品だ。

天の果て 地の限り


歌人としても知られている、額田王を主人公としたお話です。
読んだ当時は歴史背景などほとんど理解していませんでしたが、初めて読んでから何十年も経っている今でも、お話の中に登場した中大兄皇子や大海人皇子、中臣鎌足の名前がスラスラと出てくるくらい飽きずに何度も読み返した漫画です。

二人の皇子と額田王をめぐってのラブストーリーになっていて、そこに大化の改新などの歴史的な出来事も組み込まれているという、とてもスケールの大きな内容です。作者の大和和紀さんの描く登場人物が、男性女性を問わず、皆美しいのも印象的です。

歴史の授業で、「大化の改新」のことがなかなか覚えられない、と感じている方には是非おすすめしたい漫画です。
その時代の人物が何人も登場するので、知らない間に名前を覚えることができると思います。

リョウ

ラブストーリーがベースの少女漫画なので、歴史に興味がなくても面白く読めます。
むしろ読んだ後に人物と歴史を調べてみたくなりました。
自分が源義経だと知った現代の女子高生リョウと家来である弁慶とのラブストーリーなのですが、そこにうまく歴史が絡んでいて面白くて興味深い。敵対している平家の一人、維盛のリョウへの一途な思いが切なくてキュンキュンします。

いろいろな人の思いが渦巻いて、それによって歴史が作られてきたのかも知れないなと思いました。
主な登場人物は実在していた人達なので、ざっくりとした歴史の動きはわかります。
こういう歴史にふれた漫画を高校生の時に読んでいたら、もっと歴史が好きになっていたかも知れないですね。

信長協奏曲

高校生がタイムスリップして織田信長と入れ替わり高校生の信長が歴史的に伝わる人物像と同じという発想が面白いです。
諸説ありますが色々取り入れて面白く仕上がっています。

入れ替わった信長が明智光秀に扮して高校生信長を討とうするところが本当の話なんじゃないかと思ってしまうくらい面白いです。
確かに数奇な考え方や趣味やファッションが現代の人ではないと発想出来ないようなことを行っており、これをきっかけに織田信長を知り、もっと知ってみたいと思った若い人達はたくさんいるのではないでしょうか。

天上の虹

あまり描かれることの少ない女性天皇、持統天皇の一生を描いたという点で大変興味深い作品だと思います。
大化改新の年に生まれ、女性としての夫への愛に悩み、母としての子供への愛に悩み、日本最高統治者としての民への愛に悩み、葛藤する様は、読んでいる読者に女性が故の悲しみを実感させる内容となっていると思います。

また、謎とされている部分も多いかとは思いますが、ほぼ史実に基づいて書かれており、歴史を学ぶ上でも大変勉強になる作品だと思います。最初に読んだのは、中学生の時で今から20年以上前ですが、数年前に完結しました。

長い時間を通して書かれており、中学生に読んだ時と今読み直した時では、印象も感想も変わりましたが、夫や子供への愛に葛藤する様は、現代女性と何ら変わらない共感できる部分が多い作品です。

NHKその時歴史が動いた。

「NHKその時歴史が動いた」のコミック版です。
このシリーズはNHKでも実際に放送されていて、漫画と照らし合わせてみることができ、とても勉強になるものです。

この漫画は、中学の時に中学の社会の先生から勧められて読むようになりました。
もちろん先ほども記した通り、映像でも見ることができるのでとても記憶に残りやすく受験生にはもってこいのものだと思います。

NHK作成だけにギャグとかは一切ないまじめな漫画ですが、一人の登場人物を取り上げることが多く、その生きざまに引き込まれていき、どんどんその人について知りたいという欲にかられます。
説明もわかりやすくなっているので、小学生から大人まで楽しめる、また勉強できるものだと思います。ぜひ見てみてください。

ジパング

現在の武力を有する海上自衛隊がミッドウエー沖合いで嵐に巻き込まれ1942年6月4日にタイムスリップし、日本海軍の将校を助けそして未来の世界の情報を得た事で歴史の流れを替えていこうという人間と未来から来た人間の話しです。

この物語のいい所は歴史好きの方でも満足できる事実を元にした話を描いているので、当時の時代背景と起こった事象が漫画を通して頭に入ってくるからです。

戦闘機の型式や細かい絵などにも拘りが感じられるので、漫画のストーリーだけでなく戦闘機やその時起こった戦いの結果なども知ることが出来るのが読み応えがあります。
戦争がない時代に産まれたので戦争の苦しさや想いまで知る事ができ勉強になります。まだ読んでいない方お奨めです。

風雲児たち

歴史漫画と言うと史実に基づいて堅苦しいクソまじなイメージがあるがこの風雲児たちは歴史大河ギャグ風雲児たちとしています。

井伊直弼安藤信正坂本龍馬大久保一蔵西郷隆盛桂小五郎など個人でも小説や漫画の主人公になってしまうような人達でも歴史上の一人物としてギャグとして描かれます。
さらに歴史上教科書にも出てこないような人物が大きな事件のキーマンであり大きな役割を得ている事をあざ笑うかのごとくギャグにしてテンポ良く描いています。

もちろんシリアスな所はありますが!
何を訴えている漫画なのかを考えながら読むならばそれぞれの人間に地位や立場がありその人間の生き様や分かっているが引くに引けない人間模様が重なり時代というものが動いたのがわかる漫画です。
余談ですが漫画内の大久保一蔵とNHK大河ドラマ真田丸の山本耕史が演じた石田三成の顔が似ています。


まとめ

いかがでしたでしょうか!!
歴史漫画って勉強になる上に役に立つので一石二鳥ですよね!!

漫画はアプリを使って無料で読もう!

今の時代、漫画はマンガアプリを使うと無料で読むことができます。
マンガアプリは基本的に面倒な登録などは一切不要でダウンロードした瞬間に無料で読めちゃいます。

中には全巻イッキに無料で読み放題のマンガまであります。
これはすごいことで、実際に全巻マンガを買うのと比較すると、トータルで1万円~10万円分ぐらい得することになります。

しかし、このマンガアプリというのは大変多くの種類があるので「いっぱいあってどれをダウンロードしたらいいか分からない!」という方もいらっしゃるかもしれません。


そこで、存在するマンガアプリ約100種類をすべてダウンロードして比較。

全種類のマンガアプリの中でどれが総合的に素晴らしい漫画アプリなのかをランキング形式でまとめた記事を作りました。


もし、良かったら参考にしてみてください!

関連記事

恋愛、スポーツ、ギャグ、日常、SF、バトルなど全ジャンルを扱ったおすすめ漫画の総合ランキング!手っ取り早く面白い漫画が知りたい方はこちら↓

ジャンル専門記事はこちら↓

【厳選】最高に面白いおすすめのSF漫画を紹介する
【厳選】全5巻以内で完結するおすすめのくっそ面白い漫画まとめ
【大爆笑】絶対に気分が上がるおすすめのギャグ漫画まとめ