FLO

娯楽とライフハックのデータベース

【サントラ】おすすめのサウンドトラックまとめ。映画やドラマ、アニメを彩った感動の名曲から洋画や邦画、ゲームの神BGMを収録したCDを紹介

f:id:tennensui-77:20180716145338j:plain
2018年8月3日内容を更新しました。

映画やドラマなどの劇中で流れる音楽などを収録したオリジナル・サウンドトラックのおすすめCDをまとめました
洋画や邦画などの感動のシーンで流れた名曲や、アニメやゲームの名シーンと共に印象深い神BGMなどを収録したのがサントラCDです。

実際に買って良かったというサントラを持っている人にアンケートを取り、そのCDを紹介してもらっています。
映画、ドラマ、アニメなど、幅広いジャンルのサウンドトラックを扱っているので、ぜひ参考にしてみてください。

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

f:id:tennensui-77:20180802174931j:plain

良さそうな商品があったらこのままAmazonで買っちゃおう! と見ながら考えている人もいると思います。
そんな人はコレをやっておくだけで絶対にお得なので、紹介させてください!!

いまアマゾンでは

「ギフト券5000円以上チャージで1000円分ポイントを還元」

というキャンペーンが行われています。言い換えると

「5000円で6000円分の買い物ができる」

というわけです。もしamazonで買おうとしているなら

「買い物代分をギフト券チャージして、そのギフトで買い物」

このやり方で買えば圧倒的にお得!というわけです。

チャージした金額は10年有効なので期限切れの心配もなし!
やらない理由が見つからないくらいにお得なキャンペーンです。



キャンペーンページは↓から行くことができます。


ポイントの還元率で見ればなんと20%という、あり得ないほどのお得さです。
「amazonで買うかもしれない」場合でもチェックしておくのをおすすめします。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」:オーサム・ミックス(最強ミックス・テープ) Vol.1 &vol.2

映画を観てすっかり大好きな作品になりましたが、正直CD単体での完成度の高さも凄まじいです。
劇中でそのままこのCDと同じ曲が録音されたカセットテープがキーアイテムとして登場し、主人公がウォークマンでカセットを聴くシーンもあり、単なる劇中で流れた曲をまとめたCD以上に感慨深いものがあります。
主人公の母がプレゼントした設定なのですが、この母ちゃんセンス良すぎだろ…というくらいアーティストと選曲が神がかってます。
ハズレ曲が全くの0でどの曲も非常にノリノリだったり、染みるしんみり曲もあったり、このCDを買ってから何十回と繰り返し聴いています。
歌っているのはいずれも1960年代-1970年代の最高のアーティストたち。
ジャクソン5、ブルー・スウェード、 レッドボーン、マーヴィン・ゲイにデヴィット・ボウイなど凄まじい顔ぶれ。
ピーター(主人公)のママほんとセンス良すぎでは…?

・作中で主人公が聴いているカセットの内容をCDにしたもの
・60年代~70年代のヒット曲で構成
・書き下ろし曲が1つも収録されていないのにビルボードチャート1位に輝く

「レ・ミゼラブル」サウンドトラック<デラックス・エディション>

レ・ミゼラブルというとミュージカルが有名ですが、2012年公開の映画もとてもよくできており、そのサウンドトラックになります。
原作の小説よりもミュージカルをベースにしているので、心を震わす有名な曲の数々も一通り揃っています。
力強く物語の始まりを告げる『囚人の歌』。
コミカルな曲調の中にも哀愁の漂う『宿屋の主の歌』。
そしてもっとも有名な『民衆の歌』。
どれも何度聞いても飽きの来ない名曲ばかりです。
映画を観た人はもちろんのこと、観たことがない人でも十分に楽しめるサウンドトラックに仕上がっています。

・ミュージカル版そのままの名曲が揃っている
・音楽そのものが一つのストーリーになっている
・二枚組で内容盛りだくさん

「BACK TO TITANIC」

誰もが知っている映画「タイタニック」のテーマソングは勿論、劇中で主人公とヒロインが三等客船室で踊る時に流れるアイリッシュ風の音楽も収録されています。
私の記憶が確かならば同時期に発売された別のサントラには収録されていなかったと思います。
聴いておいて損はない1枚です。

・瞳を閉じると名シーンを思い出す
・主題歌が圧倒的に感動する
・アイリッシュ風音楽も入っている

「シング」オリジナル・サウンドトラック

いろんなジャンルの名曲を聴くことが出来ます。
ノリの良いものからしっとりと聴ける曲まで幅広く登場するので、聴いていて飽きが来ません。
また、日本版のサウンドトラックでは映画の中でも披露されていた長澤まさみさんの歌声も聴けるところもおすすめです。
映画を見た方はさらにですが、映画を見ていない方も楽しめる1枚です。

・様々なジャンルの音楽
・聴いていると元気が出る
・女優さんの貴重な歌声が聴ける

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 サントラ

さすが大河ドラマ「女城主・直虎」の集大成的なサウンドトラック、ドラマが好きだった人には涙なしでは聴けないようないい曲がそろっています。
テーマ音楽はもちろん、ドラマエンディングに必ずある「大河ドラマ紀行」の五嶋みどりのバイオリンソロ、また総集編のエンディングに流れた柴咲コウ本人歌の「わたしがが竜宮小僧だったとき」など、必聴の曲が満載です。

・総集編的位置づけで「直虎」登場人物イメージの曲が多い
・曲数が多く、大河ドラマの思い出にひたれる
・単に車でのBGMとしても心地よい

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ

大河ドラマ「おんな城主・直虎」は視聴率こそあまり伸びなかったものの、斬新な脚本・はまっている配役・そして壮大な音楽など、ファンのみならず大河ドラマ通からも高評価の作品でした。
「花は咲く」で著名な菅野よう子が作曲、パーヴォ・ヤルヴィ指揮でNHK交響楽団が演奏するテーマ曲はもちろん、初期の登場人物である子供たちの世界を懐かしむような音楽は、涙なくしては聴けません。

・「直虎」ファンなら懐かしめる
・ドラマ内の子供時代が偲ばれ、泣かせる
・オーケストレーションが壮大

「恋のゆくえ」

映画本編でもミシェル・ファイファーによって歌われた「マイファニー・ヴァレンタイン」や「メイキン・ウーピー」などのスタンダードジャズの他、デイヴ・グルーシンのオリジナル曲も含まれためちゃくちゃかっこいいサントラです。
夜のドライブのお供に最高です。

・ミシェル・ファイファーの色っぽい歌唱
・スタンダードジャズのかっこいい演奏
・夜のドライブのお供に最高

「美女と野獣」 オリジナル・サウンドトラック

私は、実写版の映画を観た上で購入しました。
美女と野獣は、アニメでも大好きな作品ですがそれを上回る大好きな映画です。
曲を聴くだけで、さまざまなシーンが蘇り鳥肌が立ちます。
映像もキレイでしたが、サウンドがより盛り上げていたことを実感しました。

・映画を観た上で是非聴いてほしい
・映像を盛り上げる壮大な曲
・聴いているとシーンが蘇る

「ラブ・アクチュアリー」オリジナル・サウンドトラック

映画を観て、どうしても欲しくなったこのサントラCD。
クリスマスのロンドンを舞台にいろいろなカップルのラブストーリーが展開される、ということもあってか、要所要所に素敵な音楽がちりばめられていました。
この頃話題にのぼり始めたマルーン5やノラ・ジョーンズの楽曲だけでなく、ジョニ・ミッチェルが入っていたり、劇中のミュージシャンの曲もおさめられています。
バラエティーに富んだ音楽は、いまだに色褪せないで聴いていると幸せな気分になります。

・バラエティーに富んだ楽曲
・カバー曲も最高(オリビア・オルソンが歌う恋人たちのクリスマスが最高にかわいい)
・聴いていると幸せになれる

「I am Sam」 サウンドトラック

全曲、映画中でサムが愛していたビートルズのカヴァー曲です。
正直言って、本家よりもこちらの方が好きです。
全体的に緑の小道を駆け抜けるような爽やかで、軽快なサウンドに本当に癒されます。
特にブラックバードは素晴らしいと思います。

軽快で爽やかなサウンド
女性シンガー、男性シンガー、バンドなど様々なミュージシャンによるアレンジ
全曲ビートルズ

「ロスト・イン・トランスレーション」

私の好きな映画「Lost in Translation」の劇中で使われた音楽をまとめたサントラですが、映画の内容同様に素晴らしい作品に仕上がっています。
ソフィアコッポラは音楽に造詣が深く、こだわりがこの映画にも表れていて、マイブラのケビンシールズ、AIR、はっぴいえんどなどの楽曲が収録されています。
舞台となった東京の景色や主人公の心情などに沿うような叙情的なロックやゆったりとしたエレクトロミュージックが流れ、監督のセンスの良さを感じます。
一枚を通じて映画の世界を堪能できるのはもちろん、リラックスしたい時にはこれ以上ないサントラになっていてお勧めです。

映画の内容と同様に素晴らしいサントラに仕上がっている
叙情的なロックやゆったりとしたエレクトロミュージックが流れ、監督のセンスの良さを感じる
サントラとしてだけでなく、リラックスしたい時に聴くと最高の雰囲気を味わえる

「西部警察」

西部警察シリーズでは複数サウンドトラックが発売されています。
そのため、どれにどの作品の曲が入っているかわかりにくかったのですが、一番おすすめなのがこのサントラ。
3枚組のCDで当時発売されていた曲はほぼ収められていてわかりやすく、ドラマの迫力が伝わるBGMが楽しめます。

西部警察と西部警察パートIIのオープニングが聞ける
ドラマ初期のBGMを中心に収録
石原裕次郎の歌も楽しめる

「ニードフル・シングス」

CDを買った当時、映画はまだ見てなかったのですが、ある映画雑誌に作曲者であるパトリック・ドイルが「今、脂の乗っている作曲家」として紹介されてて(このころ、「フランケンシュタイン」や「カリートの道」などを手がけていました)、「お、なんか良さそうじゃん」と思ったのがきっかけでした。
で、実際、とっても良かったです。
混声合唱と弦楽器による、荘厳で迫力のある楽曲は、ジェリー・ゴールドスミス作曲の映画「オーメン」をさらにスケールアップしたような感じで、聴いててゾクゾクします。
ちなみに、「ニードフル・シングス」はスティーブン・キング原作のホラーで、曲中にはカトリック教会のレクイエムで歌われる「ディエス・イレ」が引用されてるんですけど、これって、同じくキング原作、スタンリー・キューブリック監督の映画「シャイニング」でも冒頭に使用されてるんです(まさかキングつながりで入れることにしたってワケじゃないでしょうけど)。

・作曲者は、当時脂が乗っていた、パトリック・ドイル
・混声合唱と弦楽器による、荘厳で迫力のある楽曲は、ゾクゾクするほどのスケール感
・曲中で引用されているレクイエム「ディエス・イレ」は、映画「シャイニング」の冒頭でも使われている曲

「アイアンマン2」

既成概念や既存の秩序に疑問を感じ、新たな何かを創り出そうという意気込みで制作されたアイアンマンには強い勢いと疾走感、迫力を感じます。
こうしたアイアンマンのあり方にピッタリでテンションをいやが上にも高めてくれるのがこのサントラです。
AC/DCの70年代から2000年代までのシンプルであるけれども力強いリフが印象的な楽曲で構成されており、テンションが上がる曲ばかりです。
ちょっと気合いを入れて何かをやってやろうという意気込みを持ったときに、アイアンマンの映像を思い出しながらこのサントラを聴くとやる気が高まります。

AC/DCによる、シンプルで力強いハードロックで構成されている。
小気味のよいテンポの曲ばかりで、間違いなくテンションが上がる。
何かやってやろうという気分のときに効きたい曲ばかり。

「ワンス ダブリンの街角で」 オリジナル・サウンドトラック

映画を観た者なら誰でもこのサントラを聴けば場面場面が浮かび再び感動がを味わえるほど、物語と音楽がリンクしています。
しかし、アイルランドの著名なミュージシャンでもあるグレン・ハンザードの音楽的才能に溢れるこのアルバムは単体としてのクオリティが高いため、映画を観ていなくても楽しめるアルバムになっているのがすごいんです。
映画自体はハリウッドのメジャー作品ではないにもかかわらず、テーマ曲「Falling Slowly」はオスカーも受賞したほど楽曲としての素晴らしさが際立っています。
このアルバムを聴くと、音楽がいかに自分たちにとって身近であるか、必要であるか、幸せにしてくれるか、しみじみ感じられます。
私にとってはちょっと生活に疲れた時などに聴きたくなるアルバムになっています。

・楽曲がすべて主演のミュージシャン2人が手掛けた曲ばかり
・グレン・ハンザードのヴォーカルがとにかく素晴らしい
・テーマ曲「Falling Slowly」は米国アカデミー賞で主題歌賞を受賞するほど絶賛された

「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」 オリジナルサウンドトラック

ゲームも素晴らしかったですが、この音楽はその世界観の構築には欠かせない要素になっていました。
たまに聞くと名場面が思い出されてくるほどです。
またテンポの良い曲からシリアスな曲までまんべんなく入ったサウンドトラックになっているので、この原作ゲームを知らなくても作業用音楽としても最適だと思います。

ゲームの世界観が頭に浮かんでくる音楽
テンポの良い音楽からシリアスタッチまで入っている
作業用音楽にピッタリである

「モンスターハンター:ワールド」 オリジナル・サウンドトラック

このモンスターワールドはシリーズ中でも名曲ばかりが多く収められている作品で、オープニングテーマはもちろん各モンスターのBGMも素晴らしいです。
ゲームプレイ中はどうしてもモンスターに追われてゆっくり聞けませんでしたが、このサウンドトラックならばいつでも楽しむ事が可能です。
またゲーム中で流れてたほぼすべての楽曲が収録されているのも特徴です。

シーリーズでも断トツの名曲揃い
モンスターと戦わなくてもゆっくり音楽を楽しめる
ゲーム中の音楽がほぼ網羅されている

「天使にラブソングを」

ずいぶん前の映画ですが、音楽は古くさく感じることがないので今も聞いています。
犯罪を目にした売れないクラブ歌手が隠れ蓑に修道院に入って、シスターたちに聖歌を教えるというストーリーです。
シスターたちの個性的な歌声とアレンジが良くて、踊り出したくなります。
元気をくれる明るい所が好きです。

誰もが知っている歌
聖歌にアレンジを加えてノリが良い
楽しい気分になれる

「ラ・ラ・ランド」

やはりミュージカル映画なので、劇中に出てくる音楽は自然と高ぶるリズムの良いものが多く、車中やテンションを上げたい時には最高です。
軽快なダンスミュージックや美しいピアノナンバー、ジャズソングなど映画の印象的なシーンを思い出させる曲たちはどれも秀逸です。
映画を見ていなくてもきっと好きになる印象的でセンスの良い曲が多いので、とてもお勧めです。

グレイテストショーマンを観た後にラ・ラ・ランドを観たんですが、また曲が良くて即買いしました。
みなさん歌が上手すぎて惹き込まれます。
曲を聴いていると自分も登場人物の1人になったようでとても楽しいです。

作品に惹き込まれるほどの歌声
歌唱力抜群で圧倒される
映画を観たら必ず買いたくなる
ミュージカル映画なので気分が高まる。
映画の印象的なシーンを思い出させる曲たちはどれを聞いても秀逸
映画を見ていなくても好きになる印象的でセンスの良い曲が多い

「天空の城ラピュタ」サウンドトラック

貴重な思い出深いアルバムです。
このアルバムのオススメポイントは、目を閉じて聞いても、まるでアニメを観賞しているかのような澄んだメロディーが、心地よく染み渡ります。
飛行石のシーンや、街中でのパズーとシータのやりとりや、作品の雰囲気そのものが裏切ることなく、スッと耳から入ってきます。
そして、ハイテックシリーズになっているため、軽快なシンセサイザーの楽曲がまた新鮮です。
私は、癒されたい時に取り出して、よく聴いています。
何度聴いても飽きないんです。
ピアノ伴奏だけのアルバムとは、また一味違います。

一枚持ってれば、疲れた心をほぐしてくれる
アルバムの冊子も充分楽しめる内容
ハイテックシリーズなので、新鮮味がある

フジテレビ系ドラマ「夏子の酒」オリジナル サウンドトラック

ドラマは1994年放映でしたが、ドラマタイトルのイメージ通り爽やかなサントラ集です。
夏の心地よい風が吹き抜ける印象のサウンドが耳に残ります。
昼下がりの午後、昼寝の前に聴くと自然にあっという間に寝てしまいます。

一つのサウンドが短く簡潔
サウンドが心地よい
今でも時々テレビで使用されている

「泣くな、はらちゃん」オリジナル・サウンドトラック

泣くなはらちゃんのドラマの中で流れていた曲が入っていておすすめです。
特にドラマ放送時に話題にもなった私の世界は本当に良い曲で聴いているだけでもドラマのシーンを思い出してしまいます。
アコースティックギターやピアノの曲もくさんあるので作業中に聴くのも良いCDです。

・ドラマを見た人なら感動できる曲ばかり
・癒される
・作業中にピッタリ

「ハチミツとクローバー」オリジナル・サウンドトラック

「花は咲く」や「マクロスフロンティア」「カウボーイビバップ」などで知られる菅野よう子さん作曲の実写映画の劇伴のサウンドトラックです。
「恋に落ちる音」というSEに始まり、軽快なBGMあり、シリアスで悲しいBGMあり、そして歌モノも入っていて多彩です。

・菅野よう子さんのトラックが素晴らしい
・美大生の恋を描いた軽快な曲はウキウキとして心が弾む
・インストあり歌モノありの満足感

「トップ・ガン」(TOP GUN)オリジナル・サウンドトラック

トムクルーズが出演していたこの映画が好きだったのでサントラを持っていますが良い曲がたくさん入っているのでおすすめです。
私が特に好きなのはDANGER ZONEなのですがこの曲を聴くだけでもトップガンの名シーンを思い出してしまいます。

・トップガンの名曲がたくさん入っている
・値段が安い
・ジャケット写真が良い

「ハウルの動く城」 サウンドトラック

映画の公開前に見た動く城の映像を見て、とてもすごかったので、前売り券を購入して映画を見に行きました。
映画を見て面白かったので、サウンドトラックも購入しました。
サウンドトラックを聴くたび、映画を見た感動を思い出します。

・映画のことを思い出す。
・映像と合っている。
・音楽として聴いても楽しめる。

「ジャッキー・チェン」

ジャッキー・チェン映画の歴代主題歌・音楽(80~90年代序盤)が収録されており、ファンの方には馴染み深い、またジャッキーチェンの映画を観た事がある方は、「聞いたことあるかも?」と感じる曲が幾つかあるはずです。

「プロジェクトA」や「ポリス・ストーリー」等の主題歌がある
80年代にジャッキーが主演したマニアックなカンフー物・現代アクションの音楽も収録
ジャッキーの張りのある歌声を堪能できる

「グレイテスト・ショーマン」 オリジナル・サウンドトラック

グレイテストショーマンが大好きで、その中でも歌がすごく好きで買ってしまいました。
とても素晴らしいサントラで買って良かったです。
ヒュージャックマンがとにかく歌が上手いのでたまりません。
映像を見ながら聴くのも素敵ですが、目を閉じて聴き込むのも最高です。

とにかくヒュージャックマンの歌声が素晴らしい
この歌があるから映画が面白い
目を閉じて聴き込むのがおすすめです

「ラブライブ!サンシャイン!!」オリジナルサウンドトラック Sailing to the Sunshine

劇中ではアニメとともに流れている曲をメロディだけで聴くと、改めてそのシーンが鮮明によみがえり感動しました。
劇中歌もtvサイズですべて入っており、物語の軌跡をたどることができます。
また、エンディング曲はここでしか聴けないキャラクター一人一人のバージョンが収録されており、特別感にひたれます。

アニメを彩る名曲を聴き、そのシーンの感動を思い出すことができる
物語の流れをたどれる
ここならではの収録内容

「大神」 サウンドトラック

大神というゲームが大好きでよくプレイしているんですが、音楽が本当に素晴らしく買ってしまいました。
ソフトを買うとオマケにサントラがついてきたんですが、聴いて良かったのでCDを買うことにしました。
日本の神様が主人公のゲームなので音楽は和です。
太鼓や笛の音色がとても美しく、落ち着きます。

日本の神様が主人公の神ゲーのサントラ
太鼓や笛の音色が日本人にはしっくりくる
聴いていると落ち着く曲ばかり

『the Garden of sinners -劇場版「空の境界」』音楽集

空の境界というアニメ作品が大好きでいつも観ていました。
映像も綺麗なんですが、音楽がとにかく綺麗で普段も聴きたいと思い購入しました。
作品にとても合った綺麗で美しい音楽で毎日聴いています。
本当に大好きです。

アニメの世界観を表現した素晴らしい音楽
綺麗で透き通っている美しい音楽
アニメを見ていなくても聴けるような音楽

「ARIA The ANIMATION 」オリジナルサウンドトラック

独特な世界観と綺麗な描写で有名なARIA。
そのアニメのサントラです。
ARIAの世界観をそのまま音楽になったような感じです。
綺麗で透明感のある音楽で癒されたい時に聴いています。
寝る前に聴くと最後まで聴けません、寝てしまうので。

ARIAファンでもファンでなくても聴きやすい音楽
ARIAの世界観をぎゅっと音楽に濃縮
癒されたい時に聴きたいサントラNO.1

「Fate/Grand Order」 Original Soundtrack I

Fate/Grand Orderというスマホゲームのサントラです。
スマホゲームの枠を超えたクオリティの高さを誇る音楽でこれサントラ出ないかな、と思っていたら出たので即買いました。
これを聴いているとゲームをしたくなります。

スマホゲームの枠を超えたクオリティ
ゲームを知らなくても、もちろん聴ける
聴いたらゲームをしたくなること間違いなし

「Fate/Grand Order」 Original Soundtrack II

スマホゲームFate/Grand Orderのサントラ第2弾です。
今回もクオリティの高い音楽が勢揃いで聴いていて楽しいです。
今回は前回とは違う曲調も多く聴いているとやはりゲームがしたくなります。
ゲームをしていなくても気軽に聴けるのでぜひ聴いてみてください!

前回に引き続き高いクオリティ
曲調がわりと違うので聴いていて飽きない
ゲームをしたことがなくても聴ける

「キム課長」 オリジナルサウンドトラック

ドラマがものすごく面白かったのと主題歌や挿入歌が大好きなので購入しました。
韓国ドラマは劇中曲が豊富でどれも名曲揃いなので聴いていて楽しいです。
私が購入したのは限定盤で現在は販売してませんが、通常盤なら販売しているのでぜひ!

ドラマを盛り上げる曲がたくさん
聴くと元気になれる主題歌
聴いてるとドラマがもう一度見たくなる

「シンデレラと4人の騎士」 サントラ盤

韓国ドラマはサントラがとにかくいいのでサントラはよく買うのですが、このドラマのサントラもかなり良かったので発売されたらすぐに買いました。
今人気のボーイズグループやガールズグループなど豪華メンバーが挿入歌を歌っているのでかなりお得です。

今人気のアイドル達が歌う挿入歌が全曲収録
韓国ドラマの良さをサントラで知る
サントラ界の巨匠が作る楽曲は必見

「私の頭の中の消しゴム」 オリジナルサウンドトラック

初めて韓国の作品に触れたのがこの作品でした。
曲があたたかくも哀しく、そしてある種の希望を見出すような感じ何回聴いても泣きます。
リアルセッションで作り出されただけあって映画とかなりシンクロしています。
既存の楽曲もこの映画のために新しく録ったとのことです。
どれも素晴らしい楽曲なので是非聴いてみてください!

全曲リアルセッションで収録された
哀しいストーリーとシンクロする曲は必聴
哀しくもどこか希望があるようで、何度も聴きたくなる

「ゆるキャン△」 オリジナルサウンドトラック

アニメ「ゆるキャン△」を見て世界観にマッチする曲がとてもいいなと思い購入したのですが、まったりした曲、ちょっとわちゃわちゃした元気が出る曲など、天気がいい日のお散歩のBGMにもってこいな感じになっており、CD自体もいい出来になってます。

・アニメ「ゆるキャン△」の世界観に浸れる
・元気な曲たちに癒される
・ドラマも付いていて本編のファンにもオススメ!

「スパイダーマン」

主人公が蜘蛛に刺され超人的な力を得て悪と戦うという、アメコミ原作のアクションが満載で刺激的な内容の映画でとても好きになり、サウンドトラックを買ってみました。
エロスミスなどのロック系のアーティスが多数参加していて、格好良い曲が多く収録されています。
なんといってもニッケル・バッグのチャド・クルーガーが渋く力強い歌声で歌い上げている主題歌「Hero」が哀愁感あり、とても格好良いです。

・ラウドロック系の大物アーティストが多数参加
・映画未使用のレア音源が聴ける
・幅広い年代のアーティストが参加していて、世代を超えて楽しめる仕上がり

「もののけ姫」サウンドトラック

大人気ジブリの映画「もののけ姫」を幼い頃に見て、この映画に使われている曲の作曲を手掛けている久石譲の凄さがひしひしと感じました。
私自身もクラシックピアノを習っていたもので、クラシカルな曲調がとても気に入ったのを覚えています。
この思いを映画を見ずしてサウンドトラックで楽しめるということで、学生時代に購入しました。
映画のオープニングからエンディングまでの挿入曲が33曲に渡って収録されています。
何と言っても、最初のオープニング曲のオーケストラによる壮大さはすばらしいです。
鳥肌がたちます。
そこからの主人公アシタカが旅をしていく時のBGMで、そのシーンが曲を聴くだけでよみがえります。
そしていろんな出会いと戦いの終結、エンディングに向かって、今映画のこの辺だとイメージできるものになっています。
若干映画よりもオーケストラ感(各パートの強弱)が強いかもしれません。

映画を見なくても「もののけ姫」の世界を感じられる
クラシカルなオーケストラ感を感じられ、コンサートホールで聴いているかのように感じれる
久石譲の世界観に入れる

「Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV」 Orchestral Album

東京国際フォーラムホールAを借り切って行なったファイナルファンタジーXIVの単独オーケストラコンサートを収録したサウンドアルバムです。
ゲームをやっている人はもちろん、ファイナルファンタジーシリーズを知っている人でも楽しめるアルバムと仕上がっています。
またブルーレイの大容量を生かした、実際のコンサートの映像が収録されており、コンサートに行けなかった人いもすごくオススメの1枚です。

ゲーム内の曲をオーケストラverで聴ける
曲だけでなく実際のコンサートの映像が見れる
ディスク内に同梱されているMP3音源やハイレゾのFLAC音源がダウンロード出来る機能がある