おすすめの曲・音楽

【定番・名盤】クラシックのおすすめCDアルバムまとめ。初心者向け入門ベスト、全集にオムニバス、ピアノソロも

実際に聴いておすすめのクラシックのCDアルバムをまとめました
アンケートを取り、特におすすめのクラシックを聞いて紹介しています。

・初心者向けの入門に最適なおなじみの楽曲が豊富なアルバム
・お気に入りの作曲家の中でも特におすすめな名盤、定番
・心が癒されるピアノソロのアルバム

また胎教や子供に聞かせるのにもおすすめなベストほか、全集、100曲収録などボリュームのあるCDも扱っています。

同じ楽曲、同じ劇団で同じ指揮者でも全く違うクラシックの奥深さも魅力。
とはいえ、まずはぜひ気軽に楽しんでみて欲しいと思います。

実際におすすめだという人の口コミを参考に、興味が出たら試してみる、くらいにチャレンジしてみてください!

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

良さそうな商品があったらこのままAmazonで買っちゃおう! と見ながら考えている人もいると思います。
そんな人はコレをやっておくだけで絶対にお得なので、紹介させてください!!

いまアマゾンでは

「ギフト券5000円以上チャージで1000円分ポイントを還元」

というキャンペーンが行われています。言い換えると

「5000円で6000円分の買い物ができる」

というわけです。もしamazonで買おうとしているなら

「買い物代分をギフト券チャージして、そのギフトで買い物」

このやり方で買えば圧倒的にお得!というわけです。

チャージした金額は10年有効なので期限切れの心配もなし!
やらない理由が見つからないくらいにお得なキャンペーンです。

キャンペーンページは↓から行くことができます。

ポイントの還元率で見ればなんと20%という、あり得ないほどのお得さです。
「amazonで買うかもしれない」場合でもチェックしておくのをおすすめします。

フジ子・ヘミングの奇蹟 リスト&ショパン名曲集

リストやショパンの有名な曲が多く収録されていて、どの曲もとても聞き応えがあります。
またリスクが2枚になっていて、放送局で録音されているものもあり、臨場感溢れる音源がとても素敵です。
パッケージもシンプルでおしゃれです。

リストやショパンの有名な曲が入っている
放送局で録音されている曲も入っている
パッケージが配られてたおしゃれ

赤ちゃんクラシック 胎教のモーツァルト

娘を妊娠してから胎教のためと、自分の精神安定のために購入しました。
安定期に入ってから散歩を心がけていたのですが、出かけるときはいつもこのCDを聴いていました。
モーツァルトの曲には詳しいわけではないですが、聴いたことのある曲が複数入っていて、心地よく聴けるものばかりでした。
このCDの影響かどうかは分かりませんが、曲を聴いていると、おなかのなかで、娘もよく動いていたように思います。
妊娠中のおかあさんには特におススメです。

・妊娠中でも心地よく聴ける曲が選曲されている
・癒される
・音質がとてもよい

ENCORE 久石譲

久石譲の”Summer”が大好きなのでこのアルバムを買いました。
その他にも”千と千尋の神隠し”の挿入歌や、”もののけ姫”の挿入歌も収録されており、ジブリ好きな方も楽しめると思います。
自分はクラシック音楽を普段あまり聴きませんが、久石譲の音楽だけは心に響くものがあります。
日本人らしい繊細なメロディーで、懐かしいようななんとも切ない気持ちになります。

・普段クラシックを聴かない人でも知っている曲がある
・ジブリ好きな方も楽しめる
・ヨーロッパの作曲家には作れない日本人らしいメロディーが味わえる

東京佼成ウインドオーケストラの”吹奏楽燦選”

東京佼成ウインドオーケストラによる、近代作曲家の楽曲を集めたアルバムです。
中でも自分のお気に入りは、全日本吹奏楽コンクールの課題曲にもなった”吹奏楽のための「風之舞」”です。
この曲は日本らしい”和”のテイストがサウンドに盛り込まれており、まるで本当に風が舞っているような美しいメロディーを楽しむことができます。

・現代作曲家の新しいクラシックが聴ける
・オムニバスアルバムのためいろいろな作曲家を知れる
・クラシック初心者の方にも聴きやすい、わかりやすいメロディーが多い

東芝EMIBESTクラシックス100

なんと言っても、価格が安いと言うことが最大のお薦めポイントです。
100曲入って3000円と言うことが良いです。
普段だと音楽の教科書でしか見たことがない楽曲を実際に聞けると言うことが利点と言うことです。
それと明るいクラシックや元気になるクラシックなどシュチュエーションによって使えるクラシックを判別できます。

3000円で100曲入り
学校では教えてくれないクラシックが入っている
クラシックの入門的CD

佐渡裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE

世界的にも実績のある指揮者佐渡裕さんが、これまた世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で定期演奏会デビュー。
その時の緊張感と迫力のある演奏がここには詰め込まれています。
特に交響曲第5番第4楽章の熱く躍動する演奏は必聴です。

・実績のある佐渡裕さんと世界最高峰オーケストラの初共演
・ベルリン・フィルによる武満徹楽曲への流麗なアプローチ
・苦悩から歓喜へ至るショスタコーヴィチ「交響曲第5番」の胸に迫る演奏

ADAGIO-KARAJAN

カラヤンの音楽はいつ、どのような時に聴いても心が癒されます。
クラッシック音楽は聴くことだけの素人ですが、どこかで聴いたことのある曲が多く収録されていて、それをカラヤンの指揮とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で聴くことができるので、これからも長く大事に聴き続けたい一枚です。

・心が癒される
・素晴らしさを味わえる音色
・聴き馴染みのある曲

Rachmaninov Piano Concertos 1-4 CD, Import

ロシアの名ピアニストのアシュケナージとロンドン交響楽団による素晴らしい演奏を聴くことができます。
ラフマニノフのピアノ協奏曲というと演奏難度が高いことで知られていますが、この作品は技巧的な面もさることながら、旋律の美しさや曲全体を通したダイナミックな流れに重点が置かれているように感じられます。
特にアシュケナージのピアノ演奏が素晴らしく、繊細なタッチで奏でられる部分を聴いた時には思わず涙が出そうになるほど感動しました。

・このCD(2枚組)ひとつでラフマニノフのピアノ協奏曲をすべて聴くことができる
・アシュケナージのピアノとロンドン交響楽団によるダイナミックな演奏が楽しめる
・技巧的な面以上に曲全体の美しさが耳に残る

カラヤン指揮のベルリンフィルのボレロ

ラヴェルのボレロほど指揮者の個性が演奏に表れる楽曲もないでしょう。
基本的に同じフレーズを何度も繰り返していく流れの中で最後のクライマックスまで緊張感を持続させつつ、聴き終わった瞬間のカタルシスが最大現になるように全ての楽器の音の強弱やテンポの緩急をコントロールすることが求められるからです。
その点でこの楽曲に関してはカラヤンとベルリンフィルの組み合わせに勝る演奏は有り得ないと断言出来ます。

一度聴いてしまうと他の演奏が軽いと感じてしまうほど重厚
テンポがゆったりとして心地いい
演奏全体からドイツ人らしい精緻さがあり雑だったり大味だったりするところが皆無で満足感がある

With Heart and Voice ~ The Music of David R. Gillingham

デイヴィッド・ギリングハムは世界的に有名なアメリカの作曲家です。
彼の代表曲、”With Heart and Voice”は、1つの曲の中に様々な讃美歌のメロディーが盛り込まれており、キリスト教に馴染みがない日本人でも、その壮大な音楽を楽しむことができます。
曲のリズムや展開もころころ変わるので、何回聴いても飽きません。

・讃美歌のメロディーが美しい
・曲の展開がころころ変わるので飽きない
・神を讃えるような壮大な音楽

イ・ムジチの四季(第1バイオリン・ピーナカルミレッリ)

ヴィヴァルディの四季と言えば、イタリアのイ・ムジチ合奏団による演奏が定番です。
しかし、歴代のコンサートマスター(第1バイオリンの奏者)の個性によって、全く異なった味わいに仕上がっているので、聴き比べる楽しみがあります。
中でも一番のオススメは女性バイオリ二ストのピーナ・カルミレッリがコンサートマスターを務めた演奏による、「冬」の第1楽章です。
そして女性らしい繊細さ。
それがこの曲の持つ凍てつくような冬の寒さを完璧に表現していると思います。
シャープで切れ味のいい部分と、たおやかな柔らかさを上手く使い分けているところ。
ある部分ではナイフのように、別の部分では滑らかなビロードのような表情を見せる見事なソロが圧巻です。
緩急自在なテンポも素晴らしいです。
一曲の中でこんなに目まぐるしく早い部分とゆったりとした部分を上手く使い分ける演奏は他には存在しなのでは、と思うほど。
正に聴く者の生理に訴えかけるテンポワークと言えます。

・女性らしい繊細さ
・緩急自在なテンポが素晴らしい
・特におすすめなのは「冬」第一楽章

子供クラシック大全集音楽のおくりもの

皆が知っている様な名曲が沢山入っていて、2枚組なので曲数も多くお値段も2000円代とお安いのでいいです。
子供が泣き止み、ウトウトし出すし、大人が聞いても癒される綺麗な音で、クラシックはあまりわからないのですが気軽に買えていいです。

有名な曲ばかりで親しみやすい
曲数が多いので飽きない
安いので子供用に買いやすい

フジコヘミングの憂愁のノクターン

聞きなれた曲が結構入っており色々と癒されるのでここら辺はおすすめポイントです。
独特なピアノの弾き方なさる方なので、私としては聞いていて凄く心地よい気持ちになれます。
このCDのアルバムの方はご高齢にもかかわらずいまだに精力的に活動なさっているので、聞く側としても勇気を与えてもらいます。
アルバムの出しているフジコヘミングという方のハーフなので苦労したと聞きます、その生きざまがピアノの演奏に現れていて独特な表現を感じることができます。

聞きなれている曲が選曲されている
独特なピアノの弾き方をなされている
年にかかわらす精力的に活動しているところに感動

TheVeryBestOf.ANDRE GAGNON(kTCM-1037)

この「ベスト版アンドレギャニオン」は、自分がまだ社会人になって間もない頃自分としては珍しくクラシックのピアノのアルバムをぜひ聴いてみたい!と、いう衝動にかられ、自分自身にとっては初めてのクラシックのベスト版として買ったものです。
それまでは、洋楽のポップスばかりを聴いていました。
一曲目の「Comme au premier jour」も、そうですがドラマ挿入歌やCMに起用されていたほどのポピュラーな曲です。
全16曲収録になっていますが、どの曲をピックアップしても、素直に心を癒してくれる素晴らしいピアノ伴奏です。
お子さんから、大人の方までクラシックが好きなら、一度聴いたらまた聴きたくなるだけアルバムだと思います。
ピアノ伴奏のみのアルバムですが、まったく飽きさせません。

・ドラマやCMに起用された曲も
・どの曲も素直に心を癒してくれる伴奏
・ピアノのみのアルバムだが全く飽きさせない

KALINNIKOV Symphony No.1 and 2 National Symphony Orchestra of Ukraine

カリンニコフの交響曲のCDがなかなか見つからず、必死に探していたところで出会ったのがこのアルバムでした。
一番と二番がそろっています。
演奏はウクライナ交響楽団。
ホールの仕様なのか弦セクションの人数なのか、木管の音がとてもよく響いてきます。
カリンニコフのシンフォニーは木管楽器の旋律が素敵なので、とてもお気に入りの音源です。

・この曲を収録したアルバムがとても少ない
・一番と二番がまとめて収録されている
・木管楽器がよく聴こえてくる

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲 第一番 第三番 第五番 /奏者 ミッシャ・マイスキー

J.S.バッハがチェロの為に書き下ろした名曲集です。
誰でも一度は耳にしたことのある旋律が、名演奏者であるミッシャ・マイスキーによって奏でられます。
特に第一番ト長調のpreludeは朝の目覚めに聴くと、とても心地良くその日の始まりを迎えることが出来ます。
バッハは難解な、また短調の荘厳ながらも切なさの響くオルガン曲も有名ですが、こちらのチェロの長調の曲はバイオリンとも違って柔らかな含みのある調べがとても穏やかに響き渡り、その音色には思わず惚れ々れしてしまいます。

・奏者が音楽に造詣の深いミッシャ・マイスキー(歌詞カードにある彼の簡単な人生暦にも感慨深いものを感じられる)
・バッハの無伴奏チェロ組曲の中でも特に有名な三曲が収録されている
・販売レーベルが有名で信頼できるドイツのグラモフォン社

月の光~ドビュッシー:ピアノ名曲集

ピアノを習っていた時にずっと弾いてみたかった素敵な曲ばかりです。
柔らかくて静かで心が落ち着く曲、色々なことにとにかく疲れてしまった時にリラックスができるように購入したCDです。
リラックスできるので就寝時に流しながら寝るのも良いですしのんびりと過ごしたい時に流すのもいいと思います。

聴いたことのある有名な曲が多いので飽きずに聴くことができる
ソフトで優しい印象の曲が多いのでバックミュージックとしてかけていても心地いい
2枚組なのでドビュッシーの曲を十分に堪能できる

ラヴェル管弦楽曲集

「ボレロ」が好きで、この曲が入っている中では、一番聞きやすいと思います。
私のように、あまりクラシックを聞かないタイプでも、心が揺さぶられ心地よい余韻に浸る事ができます。
なかなかクラシックに馴染みが無くても、「ボレロ」は耳にした事があると思いますが、リズムの良さ、繰り返しの部分などとっかかりにするには最高のアルバムだと思います。

初心者でも聞きやすい
収められている「スペイン狂騒曲」も聞き応えがある
モントリオール交響楽団が素晴らしい

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ「春」「クロイツェル」 ダヴィッド・オイストラフ

とにかく名演です。
艶があってひたすらに滑らかなヴァイオリン、輝く水の玉のようなピアノの音色。
50年以上も前の演奏のようですが、全く古臭さを感じません。
ジャケットの写真だと、二人の難しい顔をしたしかつめらしいオジサマが演奏していますが、音色を聞いた途端、その美しさに、どこからこの音を出しているんだろうと思わず首をひねってしまいます。
不世出のバイオリニストもピアニストもあまた存在しますが、これほどの音色とテクニックを持った二人が、「春」と「クロイツエル」を完璧なデュオで奏でるなど、ほとんど天上の楽音のようです。
これならベートーベンも感服するに違いありません。

・演奏の艶やかさと清浄な美しさがまるで神業
・廉価盤なので、手ごろに名演奏を楽しめる
・滑らかな旋律が、癒しの楽曲

セクスチュオール レ・ヴァン・フランセ

名演奏家達の室内楽で、毎回聴くたびにそれぞれの楽器の音色や技術に魅了されます。
他の楽器と音が重なった時のハーモニーの美しさや楽器同士のやりとりが聴こえてくる瞬間を自宅でも味わえるのが嬉しいです。
また、室内楽だけでなくソロ演奏も収録されているので、各楽器の音も充分に楽しめてソロ演奏と室内楽を聴き比べることができとてもお得なCDだと思います。

・名演奏家達の音色や技術に圧倒される
・自宅でも美しい室内楽を味わえる
・室内楽だけでなくソロ演奏も楽しめる